2017年2月ペット火葬のブログ

ペット霊園

ペット霊園のことを月ごとにご紹介

ぺット火葬 >ペット霊園の2017年2月のブログ

ペット霊園の紹介

メインページ

必ず見て欲しいページ

カテゴリー

八王子のペット火葬2017年2月のブログ

« 2017年1月 | メイン | 2017年3月»
歯周病の兎ちゃんのお骨を上手に入れることができました。

今回で4回目のリピータのお客様の兎ちゃんの火葬でした。

福生市の東福生の地域は、道路が入り組んでいてナビで出ても中々行き着くのが大変な所での移動火葬です。

今回のお客様は、「自宅の駐車場で火葬をお願いします。」という有難いお客様です。火葬する場所がないお客様の場合は、近くの火葬できる場所を探す必要があります。

日時:2017年2月26日 PM 12:09
当園の利用回数が10,000回を記録しました。

2月13日のお客様で丁度10,000回のご利用回数を記録しました。

一口に10,000回と言ってもあまり多すぎて分からない回数です。
この10,000回は、皆様の涙の記録でもあります。

一番最初の火葬は、八王子市打越町のシェルティーちゃんが最初でした。10キロのシェルティーちゃんの立会火葬を1時間20分かけて火葬を致しました。

日時:2017年2月17日 PM 06:14
種蒔きをしてみました。

種まきを致しました。

今年初めての種まきです。
毎年2月になってマリーゴールドの種まきをするのですが、ここに来て数日後に温かくなりそうなので種まきをすることに致しました。

マリーゴールドのお花が6月に咲いてくれるのには、2月に種まきをしておかないと間に合わないのです。

丁度冬から春のお花が終わりになる時期が6月なのです。
ただ今年は、ペット霊園のお花たちは上手くいっていません。

通常なら菜の花が大きくなっていてそれに塔が立ちお花が咲いていていい時期なのですが、今年は菜の花がうまくいっていません。

8月、9月、10月と直蒔きをしてのですが、始めはうまく育っていたのですが、3回ともある程度大きくなり始めた時に大雨が降ってしまってその雨で全滅してしまいました。

本来なら大きくなるまでビニールの覆い等を掛けて小さな苗を保護すれば良いのですが、当園のお花たちにはそのような事はしていません。

お花の手入れが中々出来ないのです。
以前は、火葬が少なかったのでお花の手入れをする時間があったのですが、最近は毎日毎日火葬量が増えてしまっているので中々手が回らないのです。

その為に、失敗したらまた種まきをして上手くいくのを待つ。という状況でお花の育成をしているのです。

今回の種まきは、マリーゴールドを

日時:2017年2月12日 PM 03:28
お腹に大きな塊があるキンクマちゃんでした。

凄く太っているキンクマちゃんの火葬をいたしました。

今までのキンクマちゃんの体重って市場のおきい子で150ℊで平均99.2ℊです。今日のキンクマちゃんは180ℊと通常の2倍の大きさです。

火葬炉に寝かせたキンクマちゃんは、ハムスターというのではなくて小さいモルモットという感じなんです。

日時:2017年2月11日 PM 04:31
今が満開です。ペット霊園の紅梅

お花のとても少ない季節の中でも特に1月、2月は寂しい状態が続いています。

ここで、ペット霊園の紅梅が満開を迎えました。
1月21日のブログに開花した旨の書き込みを致しましたが、ここにきて本当に綺麗に咲き誇っています。

日時:2017年2月 9日 AM 11:24
臭いが出てしまったお骨でしょか。ハムスターの火葬

今日の火葬で極小ペットの火葬が3件もありました。
その中で、とても悲しい火葬がありました。

朝一番でサクラ文鳥。続いてジャンガリアンハムスターを火葬して夕方ジャンガリアンハムスターの火葬になりました。

横浜からお越しのお客様でした。
タクシーで来園戴き、ハムスターは小さな箱に入れて連れていらっしゃいました。

日時:2017年2月 5日 PM 06:17
シナモン文鳥 お友達同士のお葬式

極小動物のシナモン文鳥の火葬が今期に入って初めての火葬でした。

今日は長野県松本市から車でいらっしゃるとの事でお待ちしていると、スッとBMVの素敵な車が駐車場に入ってきました。

手にハンカチに包んだシナモン文鳥を載せて礼拝所に連れてきました。
「霊園のベットを用意します。」と言ってそこにハンカチの中に包んだシナモン文鳥ちゃんを載せてから受け付けです。

「何という文鳥ですか?」
「お宅のブログにも載っていたシナモン文鳥です。」と。

クリーム色のとても女性好みのする文鳥ちゃんです。
このクリーム色の文鳥ってとても素敵ですね。


12時51分に到着。ハンカチに包んで連れて来た。霊園のベットに寝かせて安置。お葬式をして火葬炉にお花、と手べ物を入れて点火を見届けた。 火葬中ずっとお話。火葬したお骨は、お腹の中に食べ物があった。後は分らなかったが、全体的にチョッと赤い色が付いていた。綺麗にお骨上げして持帰り。有難うございました。

日時:2017年2月 1日 PM 02:14
このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ

 

2017年9月の記事

SMTWTFS
          1 2
3
4 5 6 7 8 9
10
11 12 13 14
15
16
17 18 19
20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着ブログ記事

ブログのリスト