ペット霊園のお花たちも段々準備が整ってきました。

自分でするのも一つです。最後の見送りを手厚くするのも一つです。今までありがとうを最大の喜びに変えるお葬儀。 ペット霊園

犬・猫・うさぎからハムスター・インコまでペット火葬をしているペット霊園のブログ記事

ぺット火葬 >ブログ記事

ペット霊園の紹介

メインページ

必ず見て欲しいページ

カテゴリー

ペット霊園のお花たちも段々準備が整ってきました。

八王子下柚木ペット霊園は、お花に囲まれたお花畑のペット霊園です。

この思いを実現するために、私たちは種蒔きから育苗、そして植え込み等を行ってこのお花畑をより良いものにしようと思っています。

でも、火葬量の増加とビニールハウス内の暖房設備を使わない方針で、中々上手く出来ない場合もあります。

ペチニアを鉢植えしました。
手前は咲き始めています。
プランターに入れて
少し高みに置いてみました。
育苗板の上で
ドンドン生長しています。
生長してきたものと
めがでてきたものです。

今年は、2月に種蒔きをしたペチニアが上手く発芽しなくて時期がとてもずれてしまいました。

4月後半から種まきをしたのが、少しずつ大きくなってきてやっと鉢やプランターなどに植え替えをすつことが出来る状態になりました。

今年は、特に昨年のペチニアを冬越しをすることが出来ませんでしたので、冬越しをしていたら4月初旬よりペチニアのお花が開花して冬のお花と一緒になってペット霊園を飾ってくれるのですが、今年は残念でした。

2月から種まきをしたペチニアが全部発芽しなかったのではありません。少しは発芽して育ってくれたのもありますので、それはその都度鉢に植え替えてもう共同墓地などでお花をいっぱいつけて皆さまを和ましています。

現在、鉢やプランターに植え替えを大々的に始めた4月後半に種蒔きをしたペチニアは、かなりの数に上ります。

鉢やプランターだけでなくビニールポットにも植え替えをしていますので、このペチニア達がお花を付けはじめてくれるととても嬉しい事になります。

この多くのペチニアを作っているのは、昨年も7月と8月の長雨で全滅してしまった教訓で、ドンドン育ってくれているのをまずペット霊園のお花畑に植え付けますが、それも雨に弱いお花ですから、また昨年の二の舞になる事だと思っています。

そこで、お花畑に出さないでビニールハウスの中で育っている苗を持っていれば、例えお花畑のペチニアが全滅してもまた、植え付けをすることが出来ます。

その為に、いっぱい作っているのです。
これから苗がトンドン生長してきますので、この鉢入れ作業が本格化して確りとビニールハウスの中で育成して行こうと思っています。

今月後半には、ノーセンカズラも咲き始めると思います。
正に、お花の八王子下柚木ペット霊園になってきました。

日時:2017年6月 4日 AM 08:44

ペット火葬までの知識

ペット火葬価格

予約手続 申込・支払・キャンセル 電話0120-12-95-12  24時間予約受付
霊園までの地図   南大沢駅(16分)、北野駅(7分)、八王子駅(21分)

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前、丁度二股の所の右側です。

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ

 

2017年6月の記事

SMTWTFS
        1 2 3
4
5
6 7
8 9
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

新着ブログ記事

ブログのリスト