大型ペット車の改良点(覗き窓の構造)

自分でするのも一つです。最後の見送りを手厚くするのも一つです。今までありがとうを最大の喜びに変えるお葬儀。 ペット霊園

犬・猫・うさぎからハムスター・インコまでペット火葬をしているペット霊園のブログ記事

ぺット火葬 >ブログ記事

ペット霊園の紹介

メインページ

必ず見て欲しいページ

カテゴリー

大型ペット車の改良点(覗き窓の構造)

大型型火葬炉の問題点を一つずつ改善しています。

ともて使いやすい大型火葬車ですが、使いやすくなると「モット良くしたい。」と思うのが人情です。

この大型車は、覗き窓を大きく取ったのが特徴です。
これは、炉の中の隅々まで見渡せるようにするために大きく窓を取りました。

スライディングドアを左右に開けるようにして大きくしたり、小さくしたりする事が出来ます。
大きくすると隅々まで見渡せますが、熱が外に出てきてとても熱くなります。小さくすると熱は外には殆ど出てこなくなります。

通常の火葬をしている時は、正方形位にして見ていると丁度良いのです。炉の中の燃焼が凄くなるとこの扉を閉めていきます。

下に、写真を載せてありますが、 真っ赤になっている所が覗き窓のスライディング式の扉です。

燃焼が酷くなると、この覗き窓から煙が出てきてしまうので、上から蓋を被せて空気が出てこないようにしましたが、取り付け方をチョッと失敗して少し上に付けてしまったので下から煙が出てきてしまいます。

そこで、今回考えたのは、上からの蓋を取り付けなおすのと同時に蓋が確りと閉まるように横棒を取り付けて、スライディングの蓋からかんぬきのような形で閉めて確りと閉まるようにしたいと考えました。

火葬している時の覗き窓の蓋(真っ赤になっています)。
又、このスライディングの扉も4ミリの鉄板を使っていますが、全部閉めた状況でも少し隙間が出来てしまうので、この蓋も取り替えてみることにしました。

この正月休みに改修を行って、新年早々から使いたいと思っています。
何とか上手く改修が出来るとおもいます。

日時:2017年12月12日 AM 11:57

ペット火葬までの知識

ペット火葬価格

予約手続 申込・支払・キャンセル 電話0120-12-95-12  24時間予約受付
霊園までの地図   南大沢駅(16分)、北野駅(7分)、八王子駅(21分)

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前、丁度二股の所の右側です。

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ

 

2017年12月の記事

SMTWTFS
          1 2
3 4 5
6 7 8 9
10 11 12
13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24
25 26
27 28 29 30
31            

新着ブログ記事

ブログのリスト