春の息吹が聞こえてくるような季節になりました。

自分でするのも一つです。最後の見送りを手厚くするのも一つです。今までありがとうを最大の喜びに変えるお葬儀。 ペット霊園

犬・猫・うさぎからハムスター・インコまでペット火葬をしているペット霊園のブログ記事

ぺット火葬 >ブログ記事

ペット霊園の紹介

メインページ

必ず見て欲しいページ

カテゴリー

春の息吹が聞こえてくるような季節になりました。

春の息吹が聞くような季節になりました。

霊園のお花が、今は殆どありません。
今年の冬の寒さに、菜の花が枯れてしまいました。

通常は、3月になれば菜の花がいっぱい咲いているのですが、今年は違っています。植えてある菜の花の葉っぱが皆、害虫に食われてしまったように見えます。

これは、寒さで葉っぱがカジカンでその部分が駄目になってしまって、虫が食ったような状態になってしまったのです。



右が金盞花、後はペチニアの鉢。

育苗板の上ペチニア、奥に菜の花。

パンジーをプランターに
植えつけました。
手前がパンジーの鉢、
ノースポール。
棚の植えにペチニア、奥は金盞花。
左右の種にギッシリと
ポットが並んで入ます。

でも、ビニールハウスの中は、緑一色になっています。
4月から外に出そうと思っているペチニアが、もう花を付け始めたのもあります。

ここで、鉢の脇に出てきた茎や葉っぱを剪定して切り落として、その部分を挿し木にして増やしています。

ノースポールは、「もう地植えして下さい。」と言うばかりに茎をピンと伸ばしてビニールハウスの中で育っています。

先日1箱半を第3区画に植え付けをしました。
まだ、7箱ありますのでそれも植え付けして行きます。

また、菜の花が10箱と鉢に植わっているのがかなりの数があります。
菜の花は、鉢で幾つか出してあります。

全くお花がないのでは、寂しすぎるので寒さで駄目になっても良いという思いで出しているのです。

さらに、パンジーが2箱あります。
これも植え付けして参りますので、霊園内もお花でいっぱいになってくれることだと思います。

そして、4月になるとペチニアの鉢植えから挿し木をしたビニールポットが3箱あります。
ペチニアは、雨に弱いので一辺に全部のポットを出さないで、少しずつ鉢植えで出して意向と考えています。

ともあれ、こうしてビニールハウスの中は、お花がいっぱいです。
正に、このハウスの中ではもう春が来ています。

このビニールハウスの中から春の息吹を感じている今日この頃です。

日時:2018年3月 8日 AM 09:50

ペット火葬までの知識

ペット火葬価格

予約手続 申込・支払・キャンセル 電話0120-12-95-12  24時間予約受付
霊園までの地図   南大沢駅(16分)、北野駅(7分)、八王子駅(21分)

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前、丁度二股の所の右側です。

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ

 

2018年4月の記事

SMTWTFS
1
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

新着ブログ記事

ブログのリスト