ホシガメが連続で、その後ミシシッピーニオイカメが続きました。

自分でするのも一つです。最後の見送りを手厚くするのも一つです。今までありがとうを最大の喜びに変えるお葬儀。 ペット霊園

犬・猫・うさぎからハムスター・インコまでペット火葬をしているペット霊園のブログ記事

ぺット火葬 >ブログ記事

ペット霊園の紹介

メインページ

必ず見て欲しいページ

カテゴリー

ホシガメが連続で、その後ミシシッピーニオイカメが続きました。

ホシガメが2日も連続に続くってとても珍しい事ですね。

昨日の最終で、福生からのホシガメちゃん400gの火葬をして、今日一番で又ホシガメちゃん500gの火葬なんですから。

又、この後にミシシッピニオイガメも入っているので、今日は亀ちゃんディです。

ホシガメって、とても甲羅が綺麗ですよね。
大きくなるに連れて、この甲羅の厚みがドンドン増してきて、星の形も凹凸が大きくなってきます。

昨日と、今日のは4〜500gの小さいホシガメでしたから、そんなに凹凸が大きくなかったですけど、これが1キロクラスになるととても凹凸が大きくて立派に見えます。

昨日のホシガメちゃんは、福生からのお客様でしたが、本日のホシガメちゃんのお客様は、兵庫県神戸市からのお客様です。

山梨の方で現在仕事をしていると言っていましたが、本日は一任火葬で一任埋葬のお客様でした。礼拝所でお経を上げてお葬式をしてから共同墓地へお参りをしてお帰りになりました。

火葬したお骨は、大腸に2箇所腫瘍がありました。
とても、はっきりしていて5ミリ位の腫瘍でしたが、両脇に分かれて二つありました。

そして、本日の2匹目のミシシッピーニオイカメです。
礼拝所でお経を上げてお葬式をしてから、火葬炉に載せてお別れをして点火を見届けました。







火葬したお骨は、甲羅がそのまま残って中だけが燃え尽きてくれるとてもお客様に取っては全く嬉しい形で残る火葬の結果でした。

お客様に説明する為に少し甲羅を動かして腎臓の癌を見つけて説明しました。甲羅がそのままに残る亀ちゃんの火葬はとても珍しいのです。

その為に、お客様に許可をもらって少し剥いでしまいましたが、写真を撮らせてもらってこのブログに載せることに致しました。

甲羅が綺麗に残っている写真と腎臓の所の癌の写真です。
綺麗にお骨が残り、死亡原因が不明でしたが腎臓の癌で亡くなったのだと分かりお客様も納得した表情でした。







日時:2018年8月 5日 AM 10:43

ペット火葬までの知識

ペット火葬価格

予約手続 申込・支払・キャンセル 電話0120-12-95-12  24時間予約受付
霊園までの地図   南大沢駅(16分)、北野駅(7分)、八王子駅(21分)

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前、丁度二股の所の右側です。

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ

 

2018年12月の記事

SMTWTFS
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

新着ブログ記事

ブログのリスト