肝硬変のコザクラインコちゃんは、とても頑張りました。

自分でするのも一つです。最後の見送りを手厚くするのも一つです。今までありがとうを最大の喜びに変えるお葬儀。 ペット霊園

犬・猫・うさぎからハムスター・インコまでペット火葬をしているペット霊園のブログ記事

ぺット火葬 >ブログ記事

ペット霊園の紹介

メインページ

必ず見て欲しいページ

カテゴリー

肝硬変のコザクラインコちゃんは、とても頑張りました。

今日の火葬で、とても大きな肝硬変の塊りのあるコザクラインコちゃんがいました。

コザクラインコちゃんの火葬炉を開けて、すぐに目に飛び込んできたのが、大きな二つの塊りです。

大きさは、7ミリ位の塊が二つです。
小さな体のコザクラインコの中にこんな大きな塊りって凄いですよね。

お客様も目を釘付けにして覗き込んでいました

今迄、インコちゃんを含めた極小動物でこんなに大きな塊りを見たことはありません。胸の下辺りにある大きなL字型の塊りは、肝硬変の塊りです。




胸辺りに丸い塊が見えます。上にあるのは肝硬変の塊りです。
下は固い丸い石化した塊りですが、なんだかわかりません。
(飼い主様のご了解を戴いて掲載いたしました。)


又、その下の大きな塊りは何でしょうね。
触ったら硬い塊りで、小腸か大腸にある石化しているような塊がありました。

又、尾骨を除けてみると尾骨の裏と下のお骨が黒くなっていました。お客様は卵巣が悪かったと言っていましたので、多分卵巣の病気だったんでしょう。

このコザクラインコちゃんは、16歳になったばかりのメスのコザクラインコちゃんです。こんなに大病に掛かっていて、16年も生きてくれるのですから。

又、このコザクラインコちゃんの飼い主の奥様は、病気で昨日まで入院していたそうです。
「昨日退院して、その晩にこの子が亡くなりました。」「キッと私が退院するのを待っていてくれたのでしょう。」と涙ながらにおっしゃいました。

インコちゃんも、飼い主が戻ってくるのを待っていてくれたのですね。
凄い、事ですね。

大変、重篤なコザクラインコちゃんが、大変な病気にも係わらず飼い主をずっと待ち続けて飼い主の前で亡くなったのですよ。

こんな事ってあるのですね。
とても、大病の上で頑張って生き続けたコザクラインコちゃんでした。

このコザクラインコちゃんは、立会火葬の上共同墓地へ埋葬になりました。
とても素晴らしい仲の良いご夫婦でした。

日時:2018年9月 1日 PM 05:34

ペット火葬までの知識

ペット火葬価格

予約手続 申込・支払・キャンセル 電話0120-12-95-12  24時間予約受付
霊園までの地図   南大沢駅(16分)、北野駅(7分)、八王子駅(21分)

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前、丁度二股の所の右側です。

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ

 

2018年9月の記事

SMTWTFS
            1
2
3 4 5 6 7 8
9 10 11 12
13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

新着ブログ記事

ブログのリスト