ビルマホシガメの火葬は大きな甲羅とお顔も確りと残っていました。

自分でするのも一つです。最後の見送りを手厚くするのも一つです。今までありがとうを最大の喜びに変えるお葬儀。 ペット霊園

犬・猫・うさぎからハムスター・インコまでペット火葬をしているペット霊園のブログ記事

ぺット火葬 >ブログ記事

ペット霊園の紹介

メインページ

必ず見て欲しいページ

カテゴリー

ビルマホシガメの火葬は大きな甲羅とお顔も確りと残っていました。

今朝一番のお客様は、星ガメのお客様です。

最近チョッと亀ちゃんの火葬が少なくなっています。
今月もとても火葬が多いのですが、亀ちゃんは初めてになります。

8月ぐらいまでは、月2回は亀ちゃんの火葬があったのですが、12月も押し迫った30日になって今月初めてなのですから少ないですよね。

予約時間より30分早く到着。
「チョッと早いんですが、道が混んでるかと思ったのですが、空いていました。」と言って車から降りてきました。

段ボールに入ったビルマ星ガメちゃんは、甲羅の綺麗な亀ちゃんです。
でも、ホシガメちゃんの甲羅は、真ん中が尖っているように盛り上がっているのですが、このホシガメちゃんは、一つずつの甲羅が比較的平です。

4キロの8歳のメスのホシガメちゃんです。
お客様は、ビルマ星ガメと申込書に書きました。

今回は合同火葬だったので、礼拝所でお経を上げてお葬式をしてから共同墓地へお参り意を致しました。「向って右側のカロートに火葬したお骨は埋葬になります。」と説明してから、購入した塔婆は現在塔婆立が修理中なのでお預りして修理後立てることに致しました。

火葬ですが、本日は暮れも押し迫っていますので合同火葬ですが、すぐに個別で火葬することに致しました。

亀ちゃんの火葬は4種類の燃え方がありますが、今回のホシガメちゃんは火葬中に甲羅が「パカ。パカ。」と割れながら燃えて行くタイプの亀ちゃんです。

亀ちゃんの火葬は、時間が掛かります。
今回のホシガメちゃんも50分間掛かりました。

手前が頭
茶色くなっている部分が肺辺りです。

横から撮っりました。
手前が大きく残った甲羅です。

火葬したお骨は、真っ白でとても綺麗でしたが、肺の辺りが茶色の燃え残りがいっぱい残っていました。これはこの部分の内臓が硬くなっていることを示しています。

キッと肺の辺りが悪かったんじゃあないかと推測できます。

正面から見た亀ちゃんのお顔。
上から見た亀ちゃんのお顔
右が正面です。
又、頭のお骨も上向きにひっくり返っていましたが、綺麗にお顔そのままの形で残っています。 あまりに綺麗なので写真に撮っておきました。

火葬した上の甲羅が廻りに「パカッ。」と開いたように落ちています。

大きいでしょう。こんなに大きく甲羅が残ることはありませんでした。

とても大きな甲羅もそのままの形で残っています。<
すごいですね。

こんなに大きな塊で残るのは殆どありません。
今回ホシガメちゃんの甲羅の70%位の塊で残っています。

今回のビルマホシガメちゃんの火葬した特長は、大きな甲羅がそのままの形で残って入くれたのが一番の特徴でした。

日時:2016年12月29日 PM 12:12

ペット火葬までの知識

ペット火葬価格

予約手続 申込・支払・キャンセル 電話0120-12-95-12  24時間予約受付
霊園までの地図   南大沢駅(16分)、北野駅(7分)、八王子駅(21分)

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前、丁度二股の所の右側です。

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ

 

2017年9月の記事

SMTWTFS
          1 2
3
4 5 6 7 8 9
10
11 12 13 14
15
16
17 18 19
20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着ブログ記事

ブログのリスト