キンカチョウの下腹部が青白い燃えカスがありました。

自分でするのも一つです。最後の見送りを手厚くするのも一つです。今までありがとうを最大の喜びに変えるお葬儀。 ペット霊園

犬・猫・うさぎからハムスター・インコまでペット火葬をしているペット霊園のブログ記事

ぺット火葬 >ブログ記事

ペット霊園の紹介

メインページ

必ず見て欲しいページ

カテゴリー

キンカチョウの下腹部が青白い燃えカスがありました。

キンカチョウの火葬を致しました。

12グラムの小さな小鳥でタッパに入れて連れていらっしゃいました。安らかに横向きで寝ているようでした。

相模原からバスと電車でいらっしゃいました。前のお客様2台の車が霊園を出て行きましたが、その車を避けるように歩いていらっしゃいます。

まだ、時間も早かったのでお客様とは気が付かずにいたら、霊園に入っていらっしゃいました。

16時の予約した〇〇です。
直ぐ前の片づけを終わらせて礼拝所へ案内です。

連れてきたキンカチョウは、12グラムのとても可愛い感じの小鳥ちゃんです。


事務処理の時にお客様にお聞きしたら、「鳥、死体、保存」というキーワードで検索したそうです。

そしたら、「9日も保存してから火葬をした。」という記事を見つけて当園を知ったそうです。キッとそれから極小ペットのページを見つけてそのページを見たと思われます。

その後、お線香だけ上げてお葬式。
火葬炉に載せて霊園のお花で飾ってお別れして点火を見届けました。

火葬時間は30分掛かりました。
火葬したお骨を、お客様のお待ちの礼拝所にもって行くと、お客様はじっと下を向いて覗き込んでいます。

「腰が痛くなりますから、座って見ますか?」
そうですね。

喉仏も写真を撮って拡大するとわかる程度です。これを箸で摘んでお客様にお見せする事は中々出来ないので、この様な方法を使って説明しています。

火葬したお骨を骨壷に入れるときに「当園の極小ペットの火葬した後の写真を見ましたか?」と聞いたら「見ました。」無口なお客様だったので余りおっしゃらなかったですが、多分、その写真で当園に火葬をお願い知ることを決めたようです。

火葬したお骨の、下腹部が青白い燃えカスがあり、お客様の言っていた副腎辺りに茶黒い腫瘍の痕がありました。

お客様の前に、火葬したままの形でお見せして、お客様も自分の大切なキンカチョウがどうして亡くなったのか知りたかったようです。

お客様は、『「医者でもレントゲンは小さいから取れないし、麻酔も打て無い。」といって何処が悪いか分かれなかったです。』『悪い場所が分ってよかったです。』と言っていました。

頭のお骨も下顎が付いてまま入れられて喜んでいました。
相模原市中央区からのお客様でしたが、近くに綺麗にお骨が残せるペット霊園があった良かったみたいです。

お帰りは雨が降っていましたが、満足そうなお顔でお帰りになりました。

日時:2018年6月12日 PM 05:06

ペット火葬までの知識

ペット火葬価格

予約手続 申込・支払・キャンセル 電話0120-12-95-12  24時間予約受付
霊園までの地図   南大沢駅(16分)、北野駅(7分)、八王子駅(21分)

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前、丁度二股の所の右側です。

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ

 

2018年6月の記事

SMTWTFS
          1
2
3
4
5
6 7
8 9
10 11 12
13 14 15 16
17 18
19 20
21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着ブログ記事

ブログのリスト