極小動物の火葬はお別れの時を大切にする八王子のペット霊園

サイトマップ

極小ペットの火葬
24時間予約受付、必ず出ます!

ずっと大切だったパートナーとの別れは辛いものです。
当園では、そんな気持ちが少しでも和らぐように、大切なパートナーが
気持ちよく旅立てるよう当園を花でいっぱいにし、お花畑にしました。
私達はお別れの時間を大切にしております。ですから、お客様の気持ちが
落ち着くまでゆっくりと時間の許す限りお別れの時間をお過ごしください。

当園は、無宗教・無宗派の施設となっており、どんな宗教・宗派でもお受けすることができます。お客様自身でお経を上げることも可能です。宗教・宗派があっても、
お見送りしたいという気持ちは皆さん同じです。
その思いを大切にしていますので、お気軽にご相談下さい。

インコやハムスターなどの極小に熟練した火葬場で、いつでも安定した火葬ができます

インコやハムスターなどの極小動物の骨を残すことは難しく、通常の火葬方法では全部のお骨を綺麗に残す事ができません。
当園では、いつでも綺麗に全部のお骨が残せる技術の開発をしてきました。今では火葬炉に入れたままの形で残せるようになり、
クチバシや頭の骨、翼から本当に小さい足の指先まで残すことができます。また、健康な部分のお骨なら白く綺麗に残せるようになり、
当園の強みとなっています。白く綺麗にお骨が残るのでお客様もいつも喜んでお帰りになられます。
この火葬技術は当園で開発したのですから、この火葬方法をやっている所は他にはありません。

技術開発して、こんなに綺麗に残せるようになりました!
様々なご要望に応えるための4つの火葬

当園では、お客様の様々要望にお応えできるよう4つの火葬がございます。初めてのことでどの火葬方法でしてあげたらいいのか
迷われた場合は、私達がご要望に沿った方法をご案内させていただきますので、お気軽にご相談ください。

10,000

※重量によって異なります。

火葬と埋葬のセットで、お客様からお預かりしたペットをお葬式から合同火葬までこちらにお任せいただき、
共同墓地へ埋葬となります。返骨や立会ができませんが、一番低価格なお値段です。
※当日の受付された方は基本当日に火葬します。受付が遅い場合は翌日になりますのでご了承下さい。

個別に火葬してご遺骨のお骨上げをスタッフに一任していただく方法です。一任火葬には「お預火葬」と「持帰火葬」
の2種類があります。

  • 12,000

    翌日以降に受取来園していただきます。空いた時間に
    火葬するためお連れいただいた時間にすぐ火葬する
    とは限りません。

  • 14,000

    当日お持ち帰りができます。
    火葬時間が指定でき、予約時間に火葬を開始いたします。

17,000

予約した時間ですぐ火葬が始まり、火葬からご自分達でお骨上げしていただくまでご家族様にお立会いただく方法です。
ご遺骨をお納めした骨壷は火葬後そのまま、ご自宅にお持ち帰りになれます。

個別火葬では、サイズに合わせた骨壷と白い覆い袋がサービスでついてます。
色物の覆い袋がご希望の場合は、1,000円でご購入いただけます。

人間の火葬と同じくお骨が残る火葬をしております。
予約手続きについてはこちら

ご要望にお応えする様々な火葬プランで最後のお別れを

予約手続きについて
小型〜大型の火葬も行っております
花でいっぱいにした手作りの霊園でお見送りをしていただきます

八王子下柚木ペット霊園では、私達自身で霊園を作っています。悲しい気持ちを少しでも和らげていただけるよう、花畑で見送ってあげられるように、春夏秋冬いつでもいろいろな花を植えております。

画像 画像 画像 画像

当園では、大切なペットが亡くなられて
すぐに火葬することはお奨めしておりません。
ゆっくりとお別れする時間をまずご家庭で
取っていただいてからペット霊園で火葬する
ことをお奨めしております。

今までの火葬に不満の方、遠方の方にも支持されている理由はこちら
多くの方の気持ちの整理と前を向けるありがとうを頂いています。
  • ゴールデンハムスターのお客様
    画像

    夜中でしたが電話で予約をしました。
    スタッフの方々の対応はとても良く、お別れがなかなかできなかった私達に嫌な顔ひとつせず待っていてくれました。火葬が終わった後、お骨を見て本当にびっくりしました。小さな指先や喉仏までもが戻ってきたからです。
    丁寧に骨壺に入れてくれて本当に感謝します。

  • オカメインコのお客様
    画像

    「火葬が上手い!」と書いたブログを偶然見つけて、お願いすることにしました。初めは不安でしたが、スタッフさんはとても優しくて、お骨は頭からクチバシまで、まるで標本のように綺麗に残っていて嬉しかったです。こんなに綺麗に残るからブログに書いたのでしょうね。最高のお別れができました。ありがとうございました。

  • 文鳥のお客様
    画像

    大事にしていた文鳥が亡くなったので依頼しました。今までどの業者もお骨が灰のように無くなり、思い出も一緒に消えていくような悲しい思いをしてきました。けれど、ペット霊園さんは違い、お骨が綺麗にそのまま残って、本当に嬉しかったです。お別れの時間も急かさずにずっと待っていてくれました。時間をかけてでも来ようと決めました。

心の整理をするのも1つ、感謝を形にするのも1つ
よくある質問 詳しく見る
  • Q

    思い出の品を入れたいのですが火葬できない品はありますか?

    A

    ダンボールの箱、花束の銀紙、リードについている金具、プラスチック製品、中に綿が
    入っている人形、爆発する恐れのあるもの、ゴム製品、化繊の衣類、毛布、お布団、
    木製棺、キルディングの衣類が火葬できないものになります。  

  • Q

    料金のみ見積もっていただくことは可能ですか?

    A

    電話でお答えします。分からないことをお話ししていただければお答えいたしますので
    遠慮無くお問い合わせください。

  • Q

    急な用事でキャンセルは可能ですか?

    A

    可能です。しかし、以下の事にお気をつけ下さい。
    1.夕方17時以降の予約は16時以降にキャンセルする事はできません。
    2.移動火葬でお客様宅訪問後のキャンセルは出来ません。
    3.予約時間後やペット霊園到着後は、キャンセルはできません。
    4.キャンセルした場合のキャンセル料は予約金額全額と成ります。

私たち八王子下柚木ペット霊園は、小さなペット霊園です。その小さなペット霊園が他所では
できない「しっかりとお骨を残せる火葬方法」の開発改善に8年の歳月を費やしてやっと完成
いたしました。最近では心の底から最愛の
ペットちゃんを慈しみ、共に過ごした思い出を胸に、
オンリーワンの火葬技術の噂を耳にしたと、遠く
関東一円からのお客様もいらっしゃいます。
私達はそれをしっかりと受け止めてお客様の
ご期待に応え、皆様が幸せな気持ちに
なれるように努力して参ります。

新着ブログ記事

カテゴリ

最新ブログ

  • セキセイインコでお顔そのままで綺麗に入れる事ができました。

    今日のセキセイインコの火葬は、リピータのお客様が続いていらっしゃいました。

    その中で、最初のセキセイインコのお客様のお骨上げでとても素晴らしい事が起こりました。

    皆さん頭のお骨とクチバシ、下顎をそのままの形で骨壷に入れることを願っています。しかしながらそれが出来ないのが通常です。


    このお顔の形、そのままの姿で骨壷に入れられるように火葬中も頭のお骨が動かないでそのままの形で火葬するように心がけています。

    最近は、殆どお顔そのままの形で火葬が終了する事が出来るようになりました。でも場合に寄っては、お顔が転がってしまうことや、下顎、クチバシが頭のお骨から離れてしまう事もあります。

    細心の注意を計りながら火葬をしていますが、インコちゃん自身の具合でクチバシなどが離れてしまう場合がありますが、それはどうも寝かせ方と関係があります。

    私たちの遣っている寝かせ方で遣ると比較的に頭のお骨がクチバシと下顎がくっ付いた形で火葬が終了する事ができます。

    でも、完全にまだその関係が出来上がっている訳ではありません。

    今日の黄色と緑のセキセイインコちゃんは、リピータのお客様でした。
    火葬が終了してみると、お骨はお顔の形そのままで火葬が終了しました。

    全体的にも、綺麗にまとまって、足の指先がひとまとめにきれいに残っていました。
    それから足のお骨、尾骨、背骨、竜骨突起、羽、首のお骨から頭のお骨と続いてとても綺麗です。

    下腹部と胸の辺い所りに黒っぽい灰色の塊があり、どう見てもこの部分が悪いように見えます。お客様も「ここですね。悪い所は。」と理解できたようでした。

    お客様は、足の指先からクチバシまで綺麗に残ってご満悦。
    「凄い」「凄い」を連発です。

    お骨上げも終盤になり、お嬢様がお顔を骨壺に入れるのを挑戦しました。お顔の目の位置を箸で摘まんでお骨を持ち上げました。そのままスッと骨壺に入れることが出来たのです。

    緊張すると箸が震えてクチバシや下顎が離れてしまいますが、頭のお骨が上下のクチバシと一緒に離れずにそのまま骨壷に納めることが出来ました。

    その瞬間に思わず「ガッツポーズ。」です。
    「ホットした気持ちと上手く出来た。」と言うことでとても素晴らしい笑顔です。

    通常でも笑顔が可愛いお嬢さんでしたが、その瞬間は輝いていました。
    それを見ていた皆さんも大喜びです。

    頭のお骨とクチバシ、下顎がついてままの状態で綺麗に骨壺に入れようと皆さん挑戦するのですが、出来るのは挑戦した20人中1人が出来るかどうかです。

    やっぱり嬉しそうでした。
    ガッツポーズもわかります。とても凄い集中力だからです。

    私達もとても興奮しました。
    綺麗にお骨上げが終了して骨壺を持ち帰りましたが、お帰りの車の中からも「有難うございました。」と言ってお帰りになりました。

    この様に綺麗にお骨が収骨出来て持ち帰ってもらえると、火葬している私たちもとても嬉しいです。

    綺麗にそのままの形で火葬が出来、お客様がそのままの形で骨壺に入れて持帰ることは私たちの究極の喜びです。

    いつでも、このように形が出来るようにこれからも研鑽を積んでいきたいと思っています。

    日時:2017年10月14日 PM 12:06

  • 「綺麗に火葬してもらったので」又お願いします。南越谷から

    今朝の一番の火葬は、セキセイインコちゃんでした。

    埼玉の南越谷からのリピータのお客様で、10時の予約でしたが9時53分に計ったようにいらっしゃいました。
    「又お世話になります。」といいながら車をおりていらっしゃいました。

    受付をしながらお客様がおっしゃいました。


    「前回の時は半信半疑で来ましたが、とても綺麗に火葬していただき全部のお骨が確りとそのままの形で残って感激しましたので、また今回もお世話になることに致しました。」とおっしゃってくれました。

    当園としてもとても感激です。
    南越谷からは、車で
    外環、首都高、中央道で73.5キロの1時間17分
    外環、関越、圏央道を通ってくると99.4キロの1時間37分にもなります。

    遠くからいらっしゃってくれるリピータのお客様になるわけですからとても有難い事です。お客様方に取って、当園の極小動物に対する火葬方法がとても多くの支持を戴いている証拠です。

    今回のセキセイインコちゃんは、癌が死亡原因とおっしゃっていらっしゃいましたが、火葬したお骨は全くがん細胞の燃え残りはなくて真っ白でとても綺麗なお骨でした。

    火葬したお骨は、クチバシの部分が頭のお骨と離れてしまっていましたが、お客様方はそのクチバシを確り見て、「お鼻の穴が空いている。」と写真をパチパチです。

    「とても綺麗に火葬が出来ている。」と言いながら、あっちからもこっちからも写真をとってくれましました。

    その写真を見ながら喉仏を「このお骨です。」と説明する事が出来ました。小さなお骨で箸で取ると落としてしまってどれが喉仏だか分らなくなります。

    時々、落としたお骨でも分る場合がありますが、殆ど分りません。
    その為に、首の所に着いているのをお客様に「このお骨です。」とお知らせいたします。

    今回は、お客様が上手く写真を撮ってもらったので、スマホの写真を拡大してもらって「ここです。」と教えることが出来ました。

    足の指先の写真も上手く取れました。足の指先のお骨まで丸く掴んでいるようになっているのが写真で良く分ります。

    写真が上手く撮れたのでお客様も大満足のようすです。足の脛の部分のお骨、足の平のお骨、指の1番、2番、そして最後の爪の下の指先のお骨とそのままの形で残っていました。

    足の指先のお骨って極小ペットのお骨で足の指先のお骨って綺麗に残ってくれます。これはインコや小鳥などでは同じように残ります。

    お骨上げ時にも、骨壷に離れてしまったクチバシをます最初に入れて、次にお顔がある頭のお骨をそのクチバシの後ろに上手く入れることができました。

    奥様が入れたのですが、真剣そのものでした。
    とても緊張していたのが入れ終わった後の笑顔でよく分ります。

    綺麗にお骨の全てを入れ終わってお持帰りになりましたが、とても満足そうでした。
    こうして南越谷からリピータのお客様として皆様いらっしゃってくれています。

    これは、当園でしか出来ない、極小ペットの火葬です。
    ホームページで上の方に直接のページが出てこないので、見過ごしてしまう方が大勢いらっしゃると思っています。

    皆様、最初にいらっしゃる時は、「やっと見つけました。」と言っていらっしゃるお客様も多々あります。

    もう少し、ホームページのSEO技術があればいいのでしょうが、色々と試して行って「お客様に早く分ってもらえる場所にランクアップすれば良いなあ。」と思っています。

    日時:2017年9月10日 AM 11:13

  • 長沼駅から長沼公園を横断して行こうとしたら迷ってしまいました。

    今日の午後のお客様で、長沼駅から長沼公園を登っていらっしゃたお客様がいました。

    さいたま市大宮区からのお客様です。
    ご夫婦でいらっしゃいましたが、二人ともリックサックを背負って火葬するインコちゃんをリックの中に入れてやってきました。

    長沼公園を横断していらっしゃったお客様は、今回のお客様が初めてです。
    凄いですね。


    未だ若いお二人でしたから大丈夫なんでしょうが、とても健康そうなお二人です。
    所が、このお二人は長沼公園の頂上についてから道に迷ってしまったのです。

    頂上に着くと大きく左に回って下に降りる道がありますが、お二人は道なりに鎌田鳥山の方に行ってしまいました。

    この鎌田鳥山の所でも、大きく左に曲がって坂を下りてくればペット霊園の所に到着するのですが、そこも真っ直ぐに行ってしまったみたいです。

    ペット霊園に「道に迷ってしまいました。」と電話が入ったのはその道を真っ直ぐ降りて行って「大楽寿司」の所から電話を掛けていらっしゃいました。

    『電柱に書いてある住所が「打越」と書いてある。』と聞いて又ビックリです。良く聞くと「大楽寿司が目の前にある。」と聞いている場所が分りました。

    「真っ直ぐ行って大きな太い道路に突き当たったら左上にその太い道路を登ってきてください。」と説明して「野猿峠のバス停がある。」とお客様が電話口で言ったので正確な場所がわかりました。

    そのまま、『峠の一番上から真っ直ぐ下に下りてきてもらって、次の信号「南陽台入り口」の所の30メートル手前に「廃車買取0円」と書いてある路地を入ってもらって150メートルの所、丁度二股になっている所の右側にペット霊園があります。』と説明をさせていただきました。

    お客様は、15分遅れでペット霊園に到着する事ができました。
    そこで、時間が無くなってしまったので、火葬を始めてから事務処理をしたりお経を読んだりしようという事になりました。

    お客様も納得して丁寧に黄色い綺麗なセキセイインコちゃんを火葬炉に載せて食べ物や霊園のお花で飾ってお別れして点火を見届けました。

    それから、事務処理です。
    事務処理も終わって暫くするともう火葬が終了です。

    お客様のご希望どうりの真っ白になったお骨を見てお客様は大満足の様子です。
    火葬中お客様とお話をしていたのですが、「どうしてペット霊園の廻りに反対があるのか?」『如何して綺麗に火葬が出来のか?」等色々と質問されました。

    私たちも丁寧にお客様に説明をさせて頂きました。
    住民の一人に説明に行くと「警察を呼びます。」と言われた事や「住民の代表の方から何を作っても反対しない。」と言う言質をもらっていることなどもお話しすると納得してくれました。

    又、上手く火葬が出来る理由についても、説明を致しました。
    「この地域の反対があったお陰で最初は、煙を出さない火葬、ニオイを出さない火葬、迷惑を掛けない火葬の技術開発を進めました。

    そして、火葬炉に載せたままお客様に見せることができる綺麗な火葬や、今の日本中でどこも出来ない極小ペットの火葬が出来る技術開発をする事が出来たいきさつも紹介させていただきました。」

    反対があったお陰でこの技術が開発され、今では多くの皆様にご愛顧されています。
    2月13日で八王子下柚木ペット霊園のお客様がご利用いただいた回数が10,000回に成り益々、お客様のご利用回数が伸びています。

    この様に説明した後、火葬が終了して真っ白でとても綺麗なお骨がお客様の前にでてきました。それを見てとても喜んでいらっしゃいました。

    綺麗に火葬する事が出来る技術をとても評価してくれた様子です。
    丁寧にお骨上げをしてお帰りになりましたが、また長沼公園を横断して長沼駅へ歩いて行くそうです。

    若くてとても溌剌としたとてもチャーミングな奥様と誠実そうなご主人達でした。

    日時:2017年9月 9日 PM 01:46

  • お腹に大きな塊があるキンクマちゃんでした。

    凄く太っているキンクマちゃんの火葬をいたしました。

    今までのキンクマちゃんの体重って市場のおきい子で150ℊで平均99.2ℊです。今日のキンクマちゃんは180ℊと通常の2倍の大きさです。

    火葬炉に寝かせたキンクマちゃんは、ハムスターというのではなくて小さいモルモットという感じなんです。


    「太ってはいたんですが、亡くなってからもっと大きくなってしまって。」とお客様は言っていました。

    お腹の周りがとても大きなキンクマちゃんで、色が黒いので余計ハムスターに見えない大きなキンクマちゃんでした。

    火葬し始めて、暫くするとお背中辺りが割れ始め、お肉の所から「ブチュ、ぶちゅ。」と小さな泡を吹き始めました。

    何か所からもそのような現象があってから、小さな噴水を吹き始めました。お客様が言っていた「亡くなってから太ってしまって。」と言うのはこのお水、腹水だったのですね。

    良くあることなんです。
    ピュー、ピューと吹き出る都度お腹が小さくなってくるような感じがします。極小のペットですから1回や2回なら分かるんですが、こう何回も吹き出るとビックリします。

    一回に吹き出る量は、少ないのですが至る所から吹き出て来ています。暫く噴水は続きました。噴水も止んでくると、泡のブチュブチュです。

    泡の出るのが止まってからその部分の燃焼が始まりました。だんだんお肉がなくなり白い燃えカスになっています。

    そこで、気が付いたのですが大きいお腹の下の方に、大きな3cm位の円形の塊があるように見えてきました。

    キンクマちゃんのお顔は口元が下について、頭のお骨は真っ白になって来ています。お腹の黒い塊も段々小さくなっていますが、燃えカスはそのままの大きさです。

    火葬を開始してから20分経過した時点で、黒くなっていた塊は炉の中では、真っ赤になっています。でも塊の大きさはそのままです。

    通常ハムスターちゃんの火葬が終了する25分経過した時点で、もう火葬は確りとできていると思うんですが、その塊がそのまま残っています。

    通常は、黒くなっているときは燃え残っているのですが、真っ赤になってくるとそれが燃え切っている証拠なのです。そしてその真っ赤な部分がドンドン小さくなって亡くなるのですが、今回は違うみたいです。

    覗き窓からだけでは、判断がつかないので思い切って炉の蓋を開けて上から覗いて見る事にしました。
    これは、「お腹の所に腫瘍か瘤があるのかも?」と判断して時間をあと5分追加して火葬を終了することに致しました。

    火葬したお骨は、全体的に赤茶けた色をしていて特にお腹の部分は、大きな2cm位の赤茶けた燃えカスが残っていました。

    この色では、腫瘍や瘤ではありません。
    この赤茶けた色の燃えカスは、内臓の部分が硬化してしまっているときにおこる燃えカスです。

    お客様にお話しすると「子宮の病気でした。」と言っていました。きっと病気で子宮の細胞が固くなってしまっていたのだと思いました。

    大きなお腹のキンクマちゃんは、大きな病気を持っていた子ですがとても頑張ったハムスターちゃんだったんですね。

    ご冥福をお祈りいたします。

    日時:2017年2月11日 PM 04:31

  • 臭いが出てしまったお骨でしょか。ハムスターの火葬

    今日の火葬で極小ペットの火葬が3件もありました。
    その中で、とても悲しい火葬がありました。

    朝一番でサクラ文鳥。続いてジャンガリアンハムスターを火葬して夕方ジャンガリアンハムスターの火葬になりました。

    横浜からお越しのお客様でした。
    タクシーで来園戴き、ハムスターは小さな箱に入れて連れていらっしゃいました。


    当園では、どんなペットでもチャンとペットを確認してから受付をさせていただいています。色んな事故を防ぐ為の一番大事な確認業務です。

    蓋を取って中を見ると、強烈な臭いが出てきました。「臭いが出て段々強くなってしまって。」とお客様はすまさそうおっしゃいました。

    通常すぐに保冷すれば臭いは殆どする事がなくすむのですが、キッと何かの事情があって、何にもしなかったんでしょうね。

    パブリーフを撒いて臭いを消させていただきました。
    お経がご希望でしたので、通常の様に礼拝所でお経を上げてお葬式をしてから火葬炉に載せてお別れをして貰いました。

    火葬時間は25分間です。
    いつもと同じ時間で終了いたしました。

    火葬したお骨は、赤茶けたお骨でした。肋骨の中がとても色が濃くてそこが悪かったみたいです。
    「以前火葬してもらった所は、本当に少ししか残りませんでした。」と綺麗にお骨が揃っている姿に感動している様子です。

    喉仏がはっきりと分ります。
    お客様は喉仏も確りとわかり、細かい足の指先のお骨もあるので大変喜んでいました。
    とても嬉しいです。

    礼拝所でお葬式、火葬炉に載せてお別れして点火を見届けた。 有難うございました。

    日時:2017年2月 5日 PM 06:17

予約手続きについてはこちら
■ 料金表\
合同火葬 個別一任火葬 個別立会火葬
お預火葬 持帰火葬
10,000 12,000 14,000 17,000
立会火葬及び持帰火葬で予約時間に遅れた場合は、
火葬時間が取れなくなり止むを得ずお預り火葬に変更になる場合があります。
八王子下柚木ペット霊園

八王子下柚木ペット霊園

[営業時間] 10:00〜19:00(18:30以降は夜間割増)
[受付時間] 24時間受付
[休業日] 1月1日〜3日(予約は受付けております)
駐車場:あり(2台分)
車でお越しの方:ナビ入力は八王子市下柚木1876-2

丁度二股の所の右側にあります。
本当の住所を入れると2キロ程度違う場所に
案内されてしまいます。

詳しくはこちら >>

メインメニュー
  • 火葬の流れ
  • お客様の声
  • よくある質問
  • 霊園についてとスタッフ紹介
  • アクセス
  • 予約の手続きについて
遠方の方へ
  • お骨が綺麗に残せる理由
  • 火葬するまでの対処
  • 保冷の仕方
極小ペットの実例