極小動物の火葬はお別れの時を大切にする八王子のペット霊園

サイトマップ

極小ペットの火葬
24時間予約受付、必ず出ます!

ずっと大切だったパートナーとの別れは辛いものです。
当園では、そんな気持ちが少しでも和らぐように、大切なパートナーが
気持ちよく旅立てるよう当園を花でいっぱいにし、お花畑にしました。
私達はお別れの時間を大切にしております。ですから、お客様の気持ちが
落ち着くまでゆっくりと時間の許す限りお別れの時間をお過ごしください。

当園は、無宗教・無宗派の施設となっており、どんな宗教・宗派でもお受けすることができます。お客様自身でお経を上げることも可能です。宗教・宗派があっても、
お見送りしたいという気持ちは皆さん同じです。
その思いを大切にしていますので、お気軽にご相談下さい。

インコやハムスターなどの極小に熟練した火葬場で、いつでも安定した火葬ができます

インコやハムスターなどの極小動物の骨を残すことは難しく、通常の火葬方法では全部のお骨を綺麗に残す事ができません。
当園では、いつでも綺麗に全部のお骨が残せる技術の開発をしてきました。今では火葬炉に入れたままの形で残せるようになり、
クチバシや頭の骨、翼から本当に小さい足の指先まで残すことができます。また、健康な部分のお骨なら白く綺麗に残せるようになり、
当園の強みとなっています。白く綺麗にお骨が残るのでお客様もいつも喜んでお帰りになられます。
この火葬技術は当園で開発したのですから、この火葬方法をやっている所は他にはありません。

技術開発して、こんなに綺麗に残せるようになりました!
様々なご要望に応えるための4つの火葬

当園では、お客様の様々要望にお応えできるよう4つの火葬がございます。初めてのことでどの火葬方法でしてあげたらいいのか
迷われた場合は、私達がご要望に沿った方法をご案内させていただきますので、お気軽にご相談ください。

10,000

※重量によって異なります。

火葬と埋葬のセットで、お客様からお預かりしたペットをお葬式から合同火葬までこちらにお任せいただき、
共同墓地へ埋葬となります。返骨や立会ができませんが、一番低価格なお値段です。
※当日の受付された方は基本当日に火葬します。受付が遅い場合は翌日になりますのでご了承下さい。

個別に火葬してご遺骨のお骨上げをスタッフに一任していただく方法です。一任火葬には「お預火葬」と「持帰火葬」
の2種類があります。

  • 12,000

    翌日以降に受取来園していただきます。空いた時間に
    火葬するためお連れいただいた時間にすぐ火葬する
    とは限りません。

  • 14,000

    当日お持ち帰りができます。
    火葬時間が指定でき、予約時間に火葬を開始いたします。

17,000

予約した時間ですぐ火葬が始まり、火葬からご自分達でお骨上げしていただくまでご家族様にお立会いただく方法です。
ご遺骨をお納めした骨壷は火葬後そのまま、ご自宅にお持ち帰りになれます。

個別火葬では、サイズに合わせた骨壷と白い覆い袋がサービスでついてます。
色物の覆い袋がご希望の場合は、1,000円でご購入いただけます。

人間の火葬と同じくお骨が残る火葬をしております。
予約手続きについてはこちら

ご要望にお応えする様々な火葬プランで最後のお別れを

予約手続きについて
小型〜大型の火葬も行っております
花でいっぱいにした手作りの霊園でお見送りをしていただきます

八王子下柚木ペット霊園では、私達自身で霊園を作っています。悲しい気持ちを少しでも和らげていただけるよう、花畑で見送ってあげられるように、春夏秋冬いつでもいろいろな花を植えております。

画像 画像 画像 画像

当園では、大切なペットが亡くなられて
すぐに火葬することはお奨めしておりません。
ゆっくりとお別れする時間をまずご家庭で
取っていただいてからペット霊園で火葬する
ことをお奨めしております。

今までの火葬に不満の方、遠方の方にも支持されている理由はこちら
多くの方の気持ちの整理と前を向けるありがとうを頂いています。
  • ゴールデンハムスターのお客様
    画像

    夜中でしたが電話で予約をしました。
    スタッフの方々の対応はとても良く、お別れがなかなかできなかった私達に嫌な顔ひとつせず待っていてくれました。火葬が終わった後、お骨を見て本当にびっくりしました。小さな指先や喉仏までもが戻ってきたからです。
    丁寧に骨壺に入れてくれて本当に感謝します。

  •                                                        
  • 金魚のお客様の会話
    画像

    千葉県市川市からお二人です。黒蝶尾と言う金魚の火葬にいらっしゃいました。その時のお二人の会話です。
    こんなかのヒレ わかる。 背びれと胸ビレがちゃんとわかる。
    あ、お骨が細かい、蝶尾だからいっぱいお骨がある。
    エラがわかる。ホントだ、エラ。
    厚みもある。これ背骨だよ。

  •                           
  • オカメインコのお客様
    画像

    「火葬が上手い!」と書いたブログを偶然見つけて、お願いすることにしました。初めは不安でしたが、スタッフさんはとても優しくて、お骨は頭からクチバシまで、まるで標本のように綺麗に残っていて嬉しかったです。こんなに綺麗に残るからブログに書いたのでしょうね。最高のお別れができました。ありがとうございました。

  • 文鳥のお客様
    画像

    大事にしていた文鳥が亡くなったので依頼しました。今までどの業者もお骨が灰のように無くなり、思い出も一緒に消えていくような悲しい思いをしてきました。けれど、ペット霊園さんは違い、お骨が綺麗にそのまま残って、本当に嬉しかったです。お別れの時間も急かさずにずっと待っていてくれました。時間をかけてでも来ようと決めました。

心の整理をするのも1つ、感謝を形にするのも1つ
よくある質問 詳しく見る
  • Q

    思い出の品を入れたいのですが火葬できない品はありますか?

    A

    ダンボールの箱、花束の銀紙、リードについている金具、プラスチック製品、中に綿が
    入っている人形、爆発する恐れのあるもの、ゴム製品、化繊の衣類、毛布、お布団、
    木製棺、キルディングの衣類が火葬できないものになります。  

  • Q

    料金のみ見積もっていただくことは可能ですか?

    A

    電話でお答えします。分からないことをお話ししていただければお答えいたしますので
    遠慮無くお問い合わせください。

  • Q

    急な用事でキャンセルは可能ですか?

    A

    可能です。しかし、以下の事にお気をつけ下さい。
    1.夕方17時以降の予約は16時以降にキャンセルする事はできません。
    2.移動火葬でお客様宅訪問後のキャンセルは出来ません。
    3.予約時間後やペット霊園到着後は、キャンセルはできません。
    4.キャンセルした場合のキャンセル料は予約金額全額と成ります。

私たち八王子下柚木ペット霊園は、小さなペット霊園です。その小さなペット霊園が他所では
できない「しっかりとお骨を残せる火葬方法」の開発改善に8年の歳月を費やしてやっと完成
いたしました。最近では心の底から最愛の
ペットちゃんを慈しみ、共に過ごした思い出を胸に、
オンリーワンの火葬技術の噂を耳にしたと、遠く
関東一円からのお客様もいらっしゃいます。
私達はそれをしっかりと受け止めてお客様の
ご期待に応え、皆様が幸せな気持ちに
なれるように努力して参ります。

新着ブログ記事

カテゴリ

最新ブログ

  • ジャンガリアンハムスターの2匹目|ジャンガリアンの寿命

    今日のお客様は、ジャンガリアンハムスターの火葬を以前もした方で、二匹目の火葬にいらっしゃいました。

    一匹目は、31年4月19日 20gのモモちゃん 2歳8ヶ月のメスのジャンガリアンハムスターでした。そして今回は、オスの1歳11ヶ月オスのジャンガリアンハムスターです。

    前回の子を調べたらモモちゃんは2歳8ヶ月のとても長寿なジャンガリアンハムスターです。
    そこで、ジャンガリアンハムスターの長寿記録を分析してみる事に致しました。


    今回の対象となるジャンガリアンハムスターは当園で火葬した121匹です。

    ジャンガリアンハムスターの色々なデーターの分析した結果
    no.内容結果no.内容結果
    1.対象頭数121匹8.体重1キロ当りの金額-
    2.長寿記録3.5歳9.体重1g当りの火葬時間1.04分
    3.平均寿命1.86歳10.平均火葬時間27分
    4.1番の体重66g11.一番の火葬方法立会火葬
    5.1番の体重帯-12.一番の死亡原因老衰
    6.平均体重29g13.一番の来園構成夫婦
    7.1番多い地域八王子市14.霊園を知った手段PC
    ジャンガリアンハムスターの長寿記録ベスト10
    順位年月日年齢体重名前性別地域
    1.h23.10.023.5歳30gハムタロー-稲城市
    2.h31.01.143.3歳25gあんちゃ相模原市中央区
    3.h26.05.203.1歳20gじょにい八王子市
    h27.02.113.1歳26gフェア町田市
    h27.07.103.1歳15gシロ青梅市
    6.h26.01.212.9歳25gぷーちゃ八王子市
    h29.09.202.9歳30gセイ昭島市
    h29.10.022.9歳30gアタル入間市
    9.h20.10.042.8歳38gハムコ-市川市
    h22.07.242.8歳25gハム-青梅市

    今日火葬したお客様の長寿ハムスターちゃんのモモちゃん2.7歳(2歳8ヶ月)は、11番目の長寿ハムスターちゃんでした。

    お骨上げの時に、喉仏を見つけて手の上に置いて写真を撮ることが出来ました。

    日時:2019年6月14日 PM 10:38

  • 剥製の肉体を火葬しました。-ハムスター 八王子下柚木ペット霊園

    「ハムスターの火葬をお願いします。」『分りました。』「チョット特別なのですが、昨年剥製にしてその残りの体を冷凍してあります。その火葬をお願いします。」とお電話で予約を受けました。

    「お骨は、本当に残りますか?」ととても心配な様子です。
    「通常では、ハムスターのお骨は、火葬すると無くなってしまって後に残らないそうですが。」

    とお骨が残るか如何かをとても心配していました。


    特に、「今回は剥製にした後の中身の肉体を火葬して欲しい。」と特別な注文なのですから。

    でも、『心配はありません。』
    『前にも剥製の火葬をした経験もありますし、お骨がまだ出来ていない感じの生後数日の火葬もしていますので、剥製にしてあっても、綺麗にお骨を残すことが出来ますので。』

    お客様も、あっさり『お骨は残ります。』と言われて戸惑っていました。
    「良かった。残るんだって。」と電話口で話している声が伝わってきます。

    色んな所のホームページを調べたのか分りませんが、兎に角、当園にたどり着いてくれたのですから、有難い話です。

    多分他のペット火葬業者は、剥製の火葬でハムスターのような極小のペットのお骨を無くさないで火葬する事はとても難しいことなのです。通常は出来ないことなのです。

    当日お客様は、バスでいらっしゃいました。
    駐車場の方で声が聞こえたので、そこまで行って対応致しました。

    遺体を紙袋の箱に入れて、剥製も一緒に持って来てくれました。
    そのハムスターの剥製は、とても可愛い顔をしていました。

    連れて来た方々は、とても笑顔が可愛いあか抜けたお嬢様と素敵なお母様の二人です。
    「昨年剥製にした。」と言っていましたので、この間ずっと剥製をした抜け殻の肉体は冷凍しておいたのでしょうね。

    随分、置いても大丈夫なのですね。
    箱を開けると、保冷剤で冷凍してありました。

    いつもの様にお経を上げて、お葬式をしてから火葬炉に載せてもらいました。頭の位置を確認していつもの様に寝かせてお別れして点火です。霊園のペチニアのお花で綺麗に飾ってお別れも致しました。

    こうして火葬が始まりました。
    火葬時間は30分間。




    剥製した後のジャンガリアンハムスターを火葬したお骨。

    火葬したお骨は、チョット色がついていました。
    又、お腹の部分も瘤の痕がありました。

    写真は、火葬したままの剥製した後の体を火葬したものです。
    時間が立ってしまっているので、お骨は茶色い色がついています。

    青白い塊りは、お腹の瘤なのか腫瘍なのでしょう。お客様も「お腹にあった。」と言って言っていた通りなのでビックリしていました。

    剥製の肉体を火葬するのは、今までもやっていますのでそう心配なかったのですが、昨年から冷凍保存しているお骨が、どんな風になるのかがとても気になっていました。

    色は、やっぱり掛け茶けていましたが、お骨自体は、全く亡くなって直ぐのお骨と変わらないお骨でした。

    日時:2019年6月 9日 PM 02:21

  • 金魚の火葬 生きているままの姿でした。

    今日の金魚の火葬は、余りに形がそのままに残って、まるでまだ生きているような姿で火葬が終了しました。

    和金の12センチ位で70グラム位の金魚ちゃんの火葬です。
    板橋区からいらっしゃいました。

    最近は、金魚の火葬はかなり頻繁に行なうようになりました。
    金魚ってとても火葬が難しいペットなのです。


    今日も、いつもの様に火葬炉に載せてお花で飾ってお別れして点火を見届けてもらいました。

    金魚の火葬は、一旦火をつけてしまうと動かすことは出来ません。
    お骨もとても脆いものですから、そのままの形で火葬終了まで中で動いても弄くることは出来ないのです。

    一見、真っ赤な鯛みたいなスラットしていて、お肉がいっぱい付いている普通の金魚が成長して大きくなった子です。

    その金魚の火葬で、初めは燃え始めた所は、白くなって行きます。
    今回は、頭の部分が白いまま中々なくなりません。

    通常ですと、姿かたちが無くなりドンドンお肉の部分がなくなってきます。でも今日の金魚ちゃんは違いました。

    白くなったまま、そのままの形で残っているのです。通常は25分から30分で火葬は終了します。

    終了間際の金魚ちゃんは、お骨が並んでお肉が無くなっていますが、今日の金魚ちゃんは違います。

    いつまで経っても、形がそのまま残っています。
    時間も30分になるので、吹き棒で金魚ちゃんの体を吹いてみました。

    そうすると、吹き棒を遠くで吹いても形は動きません。
    近くに寄せてかなり強く吹いてみましたら、体の一部が飛び上がりました。

    火葬は、終了しています。
    でも、金魚を火葬炉に入れた形のままですから、万が一火葬が終了していないと困るので後5分余計に火葬時間を掛けることに致しました。

    以前でしたら、時間を掛けるとペットちゃんが飛んでしまって無くなってしまいますので、とても余計な時間を掛けることは出来ません。

    早く、火葬を終了してペットちゃんが吹き飛ばないうちに火葬を終了しなければペットちゃんが居なくなってしまいます。

    でも、技術開発のお陰で時間を十分掛けて火葬する事が出来るので、とても火葬する方としてはとて安心ですし、綺麗に火葬をする事が出来ます。

    35分かけて火葬は、終了いたしました。
    覗き窓から覗いていましたが、蓋を開けて時下にみても、全くそのままの姿です。

    火葬したそのままの姿です。

    ウロコもそのまま付いているのです。
    又、驚いたことに今まで頭のお骨は、グズグズになってしまって立体感は無くなってしまうのがふつうでした。

    でも、今日の和金ちゃんは、頭のお骨もこれが頭だと主張しているかの様に確りと体についています。

    もう金魚の火葬も。19匹になります。
    最初に火葬したのが、22年3月9日の西荻窪のお客様の5グラムの金魚ちゃんでした。
    当時の記録が

    火葬したお骨は僅かにお骨が残っていたが、ハムスター見たいにお骨が残るような事はなく、お布団の上に僅かにお骨が散らかっている程度だった。
    お骨上げの最後にお布団をチリトリの上にこぼしたら本当時小さなお骨がバラバラと落ちてきてこんなにあるんですね。
    見えないですね。もっとないと思ったが想像以上にあったと喜んでいた。

    こんな記録がありますが、当時は肋骨のお骨がパラパラと残っている程度でした。

    それを思うと隔世の感があります。
    お客様も、火葬したお骨を見てビックリでした。

    予約の時にもお骨は、「残りますか?」と質問していました。
    これが、金魚の形のままの姿で火葬が終了したのですから、とても信じられません。

    今回の金魚の火葬は、特別な火葬です。
    いつもは、このウロコもありませんし、火葬炉に入れた姿でもありません。

    お骨が、そのままの形で残ってはいますが、今回は、特別でしょう。
    お客様も、とても満足そうでした。

    板橋から「高速で1時間でいらっしゃった。」と言っていましたが、とても近いですよね。お帰りになる時には、「ここに来て良かった。」「最高の出来だって。」とご夫婦で呟いているのが聞こえました。

    今まで19匹の金魚の火葬のうち、一番姿形や頭のお骨もそのままの形で残っている火葬は、初めてでした。

    金魚の種類にも違いがあるのでしょうね。

    日時:2019年6月 3日 PM 03:47

  • セキセイインコの火葬|お骨が動かないお骨の持ち帰り方法。

    今日のお客様は、世田谷からセキセイインコの火葬にいらっしゃいました。

    バスと電車でいらっしゃいました。
    火葬してお骨の持ち帰り方でとても素晴らしいお骨の持ち帰り方をしていましたので、ここで皆様にお知らせしたいと思います。

    チョット可愛そうなセキセイインコで、羽を折ってしまって、その治療のために体をグルグル巻きにして、回復を計ったのですが、そこで問題が起きたそうです。


    ストレスでしょうか。
    このセキセイインコちゃんは、羽を食いちぎってしまって亡くなってしまったそうです。

    とても、残念そうです。
    獣医さんの検体として、内臓の解剖もしたと言っていました。

    そんな、思いをしたインコちゃんですが、いつもは実家で埋葬をしていたそうですが、今回実家へ行く時間もない為に、火葬をすることにしたそうです。

    世田谷にお住まいで、近くにペット火葬場もあるそうですが、綺麗にお骨が残る当園を選んでいただきました。

    お客様は、当園のホームページを見ていて綺麗にお骨が残っている写真を見て決めたそうです。

    火葬したお骨は、真っ白でしたが、羽の部分のお骨の所がやはり、血の影響でしょか、赤茶けた色がお骨についていました。

    お客様も、「やはり、検体にしたりしたからかも?」と言っていました。
    でも、今回のお骨上げは、とても素晴らしいものでした。

    頭のお骨を、骨壷の真ん中に入れて、その廻りに他のお骨を入れるようにご指導させていただきましたが、お客様は頭のお骨を無造作に箸で摘んで骨壷の中央に入れました。

    頭のお骨にクチバシ、下顎も確りと付いたままの形で入れることが出来ました。
    この様な、頭のお骨をそのままの形でクチバシも下顎も付いたままで入れられるお客様はともて珍しいことなのです。

    確りと計った訳ではないのですが、大体30組に1回位の割合しか、クチバシも下顎も付いたままで骨壷に入れることは出来ません。

    ですから、とても上手いお骨上げなのです。
    お客様も、上手く入れられてニッコリです。

    このお骨上げも素晴らしかったですが、これからがとても凄いのです。

    お客様は、お持帰りの段になって、とても素晴らしい準備をしていらっしゃいました。
    バスと電車でお帰りになるので、骨壷に入れたお骨が動いてしまわないような準備をしていました。

    お客様が遣ったのは、
    1.骨壷に入れたお骨が動かないように、四角いスポンジを切ってそれをティッシュで包んで骨壷の中に入れて骨壷の中のお骨が動かない様にしたのです。

    2.手提げ袋の中にバスタオルで骨壷を包んで動かないようにして、その袋を大きめな手提げ袋に入れて持ち帰ることにしたのです。

    この様にすれば、電車でお帰りになったとしても、骨壷の中のお骨も動きませんし、骨壷自体も押えていますので大丈夫です。

    お客様も、一生懸命考えたそうです。
    「この方法を皆に役立つようにしてもらって良いですよ。」とも言っていました。

    ので、この方法をブログに書く事に致しました。

    とても、素晴らしい方法です。
    極小動物の火葬にいらっしゃるお客様でバスや電車でいらっしゃるお客様には是非参考にして下さい。

    日時:2019年5月12日 PM 05:06

  • 令和の最初の火葬は、セキセイインコの火葬から始まりました。

    本日から令和になりました。

    この令和の最初の火葬って「何になるのかなぁ?」って思っていましたが、何と真っ白でとても綺麗なセキセイインコちゃんが最初の火葬でした。

    年齢は、4歳6ヶ月です。
    「精巣癌で亡くなりました。」と言っていました。


    火葬炉に載せて霊園のお花で飾ってお別れです。
    お別れは、優しく擦ってやっていました。

    皆さん意を決して、頷いてから炉の脇から離れました。
    点火を見るのはとても辛そうです。

    でも確りと、手を合わせて点火を見届けました。
    これが、令和の初めの火葬の瞬間です。

    火葬したお骨は、とても真っ白くて精巣癌と言っていましたが、下腹部に小さな黒っぽい色が着いていたのですが、それが癌の燃えカスでしょう。

    お客様も、「これがそうでしょうね。」と言っていました。
    お客様から精巣癌だと聞いていなければ、見落としてしまいそうな小さなものでした。

    やはり、極小のペットちゃんってとても微妙ですね。
    ともすれば、唯の燃えカスとしか見えない場合もあるでしょうね。

    でも、この子のお骨は、真っ白で上向きになっていましたが、竜骨突起も確りと分りましたし、頭のお骨の所に付いていた、喉仏もこれだと分りました。

    頭のお骨にクチバシと下顎が確りとついていて、亡きインコちゃんのお顔がはっきりと分る感じのお骨でした。

    この一体となった頭のお骨をそのままの形で骨壷に入れることが出来るのは、30人に1人位の割合で、とても難しい事です。

    お客様に、「確りと持って骨壷に入れて下さい。」とお願いしました。
    ややもすると、怖がってしまったり、優しく持とうとして何回かやり直してしまう人がいます。

    このやり直しをすると大概、頭のお骨とクチバシ、下顎は外れてしまいます。

    今日のお客様は、とても大胆でした。
    確りと持って骨壷の中に入れることが出来ました。

    余りに大胆でしたので、見ていた皆様も驚愕の声を上げていました。
    上手く入れられて、ニッコリ笑顔です。

    こうして、令和元年の最初の火葬からお骨上げが終了してお骨を持ち帰りました。
    頭のお骨がバラバラにならなくて入れられるのって、とても難しいことなのです。

    幸先が良いですね。
    私達も、綺麗なお骨になるように火葬を丁寧に行っています。

    そして、亡くなったままの姿でお骨になったインコちゃんをお客様の前に出して、その病状や姿を見てもらいたいのです。

    本当に大事なインコちゃんですから。

    今日の様に上手く入れることが出来れば良いのですが、殆どのお客様は頭とクチバシ、下顎が離れてしまうのが常なのです。

    頭から離れてしまったお客様も、クチバシの穴を見て「クチバシだぁ〜。」と言って目を見張るお客様も沢山います。

    お客様が大事なペットちゃんを思う気持ちも、皆さんとても強いお気持ちを持っています。丁寧にお骨を骨壷に入れて持ち帰ります。

    上手く一体になったお骨を骨壷に入れられたお客様も、離れてしまったお客様も綺麗な火葬が出来て、全部のお骨のそのままの姿が見えるのってとてもお客様の気持ちとして嬉しそうです。

    亡くなってしまった事は、とても寂しく辛いことですが、最後に綺麗なお骨を確りと目に焼き付けてお見送り出来るのでとても気持ちが落ち着くみたいです。

    今日のお客様も、確りとお骨上げが出来て晴れ晴れとした気持ちでお帰りになりました。
    最後に「ここで火葬してよかった。有難うございました。」と丁寧に挨拶をしてお帰りになりました。

    お大事に。

    日時:2019年5月 1日 AM 11:43

予約手続きについてはこちら
■ 料金表\
合同火葬 個別一任火葬 個別立会火葬
お預火葬 持帰火葬
10,000 12,000 14,000 17,000
立会火葬及び持帰火葬で予約時間に遅れた場合は、
火葬時間が取れなくなり止むを得ずお預り火葬に変更になる場合があります。
八王子下柚木ペット霊園

八王子下柚木ペット霊園

[営業時間] 10:00〜19:00(18:30以降は夜間割増)
[受付時間] 24時間受付
[休業日] 1月1日〜3日(予約は受付けております)
駐車場:あり(2台分)
車でお越しの方:ナビ入力は八王子市下柚木1876-2

丁度二股の所の右側にあります。
本当の住所を入れると2キロ程度違う場所に
案内されてしまいます。

詳しくはこちら >>

メインメニュー
  • 火葬の流れ
  • お客様の声
  • よくある質問
  • 霊園についてとスタッフ紹介
  • アクセス
  • 予約の手続きについて
遠方の方へ
  • お骨が綺麗に残せる理由
  • 火葬するまでの対処
  • 保冷の仕方
極小ペットの実例