「天使の翼」って火葬しても大丈夫なのですね。

自分でするのも一つです。最後の見送りを手厚くするのも一つです。今までありがとうを最大の喜びに変えるお葬儀。 ペット霊園

犬・猫・うさぎからハムスター・インコまでペット火葬をしているペット霊園のブログ記事

ぺット火葬 >ブログ記事

ペット霊園の紹介

メインページ

必ず見て欲しいページ

カテゴリー

「天使の翼」って火葬しても大丈夫なのですね。

今日のお客様の火葬は、「天使のつばさ」という商品に寝かせて連れて来たおきゃくさまでした。

敷き布団の上に、ビニール袋の中に寝かせて、掛け布団を掛けてつれていらっしゃいました。

通常、火葬するときは、お布団もビニールの袋も取ってペットちゃんを寝かせてその脇に一緒に火葬したいものを置いて貰って火葬しています。

所が、この「天使のつばさ」はそれに寝かせたままで火葬できると言うものでした。

受付を対応した私は、まだ経験がありませんでしたので、「これは取ってもらうようになると思います。」とお客様に説明しました。

お客様は、『「一緒に火葬できる。」と書いてありました。』と言っていらっしゃいました。

火葬スタッフに相談すると、以前もこの「天使のつばさ」に入れたペットを火葬した事があるそうです。

そこで、「大丈夫です。」と言って一緒に火葬することに致しました。

私は、「本当に大丈夫なのかなぁ。」と不安でしたが、お別れをして火葬に移りました。

火葬スタッフは、心得ていて、平然と火葬をしています。
それを見て、「大丈夫そう。」と思いました。

結論から言えば、この天使のつばさはこの寝かせているままで火葬する事ができました。
全く問題なかったです。

然しながら、火葬スタッフに聞くと「不慣れだと危ないですよ。」と言う事でした。
火葬を開始して、「天使のつばさ」に火が通ってくると少し煤煙が出てくるそうです。

この時に、1次火葬炉のバーナーを切って暫くして点けてやると大丈夫だそうです。そのまま火葬を続行すると危ないと言っていました。

なるほどね。
「天使のつばさ」のメーカでも但し書きにも

●そのまま火葬できます。
(使用不可の火葬場もありますのでご確認下さい)
と書いてありました。

でも、素晴らしい商品ですよね。
保冷も、全く大丈夫のようです。

チョット難点は、お値段がamazonでも14,980円(Mサイズ)と書いてありました。

日時:2019年1月12日 PM 01:21

ペット火葬までの知識

ペット火葬価格

予約手続 申込・支払・キャンセル 電話0120-12-95-12  24時間予約受付
霊園までの地図   南大沢駅(16分)、北野駅(7分)、八王子駅(21分)

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前、丁度二股の所の右側です。

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ

 

2019年2月の記事

SMTWTFS
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12
13
14
15
16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

新着ブログ記事

ブログのリスト