プランター葬の仕方

自分でするのも一つです。
最後の見送りを手厚くするのも一つです。

「今までのありがとう」の気持ちで自分で出来るペット埋葬。

小さなお骨のプランター葬 | 極小動物に最適です。

    

ペット埋葬でお庭のないマンションにお住まいの方に最適な方法です。
プランターにペットちゃんを埋めてご供養してください。


 

プランター埋葬に最適なのは、ハムスターインコ・文鳥・ハリネズミ・リスザル等の極小の動物が最適です。

ハムスターや小鳥などの小さなペットはそのままお骨を埋葬しても大丈夫です。


  • プランターの選び方
    プラスチック製でなく陶磁器の縦長の30cm以上ある、なるべく深いサイズのプランターを購入してください。
    安価なプラスチック製ですと2年位で壊れてしまう場合があります。長い年月に耐えられる植木鉢みたいなのが理想です。

  • プランターにお墓の作り方
    底にある穴がある場合は土の流出と虫の進入を防ぐために、ネットを敷いてから土を入れてください。
    出来れば腐葉土が良いですね。
    ペットの上と下には堆肥を敷いてやるとなお良いと思います。微生物が活動しやすくなります
    下の土を10センチ、ペットを寝かせその上に10センチ土を被せてペットのお墓の部分を作ります。

  • ペットちゃんの寝かせ方
    土に上にガーゼを敷いてその上に寝かせて下さい。
    ペットちゃんの上にもガーゼを載せてその上に土を被せてください。
    腐敗を促進するためにガーゼで包まないほうが良いです。
    ガーゼの代わりに木の葉っぱやワラなどを引いてやっても良いと思います。

  • ペットちゃんのお墓の部分と分けるために
    お墓の部分の上にプラスチックのネットを敷いてください。
    その上に土を敷いてからお花を植えてください。これに依ってお花の植え替えが楽になります。

  • プランターの下には受け皿を必ずおいてください。
    水を遣った場合は必ず受け皿の上に溜まった水は必ず捨ててください。
    臭いがする場合もあります。

  • 注意事項
    ペットの亡骸は5年位では決して無くなりません。
    掘起すとそのままの姿でミイラ化している場合が多くあります。
    その為、10年位は決して掘起してはなりません。
    体が腐敗して無くなってもお骨は確りと残っています。
    20年30年という年月が必要かと思います。

  • 参考:火葬しないで土葬した場合とその結果
  • 粉骨パウダーにしてプランターに埋葬した場合は、上記の事は全く関係ありません。
    バウダー状になったお骨を土に混ぜてからお花を植えてください。

大きなペットのプランターへの埋葬

猫、小型犬、うさぎ、フェレット、チンチラ、モルモット等のプランターへの埋葬は火葬して粉骨パウダーにして埋葬してください。


★プランターに埋葬できるペットは猫ぐらいまでが最大と思います。
粉骨した量が2寸の骨壺位です。
それ以上の大きなお骨はペット霊園に埋葬が良いと思います。


★粉骨パウダーにしたお骨でも量があると土に良く混ぜないと固まります。
そのため土に良く混ざるように何層かに分けてお骨を蒔いて土を被せてから 最後にスコップで一度掘り返して混ぜてやってください。


★一年草などのお花が枯れて新たなお花を植える時は、一度プランター内の土を良く混ぜて上げてやってください。


★粉骨パウダーをしてあれば1年ぐらいで土とお骨が混ざり合って確りと馴染みます。それまではご辛抱下さい。


プランターのお花やプランターの管理の方法

プランターのお花の管理の方法

  • 遺体を直に埋葬した場合
    どんなお花でも大丈夫です。出来れば根のはならない一年草が良いと思います。
  • 粉骨パウダーにして埋葬した場合
    アルカリ性を好むマリーゴールドやキンセンカ等の菊系のお花が良いと言われていますが、 アルカリ性の土壌を好む植物はごくごく限られています。例えば、サボテン、ハーブ類、シャクナゲです。
  • アルカリ性の土壌を弱酸性にするには
    ピートモスを購入して土に混ぜてやると通常の土壌になりますのでどんなお花でも大丈夫でしょう。
  • ピートモスの量は
    通常1平方メートルに10リットルですから、30センチの丸い鉢なら、目安はコップ一杯ぐらいでしょうか。

プランターの管理の方法

  • ベランダに置いておく場合は、
    水をあげて時々液肥を与えるなどでお花が良く咲くように気を配ってください。
    草などが生えてきたら大事なペットちゃんのお墓ですからすぐに抜いてあげて下さい
  • 家の中に置いておく場合は、
    上記の他に時々日光に当たるように外に出してやってください。
    いつも日に当たっている場合は、そのままで大丈夫です。
  • 直にペットをプランターに埋葬した場合は、
    特に受け皿のお水が溜まっていないか気を付けて溜まっている場合は直ぐに捨てて綺麗にしておいてください。
    細菌や臭いの発生の原因になります。

部屋に置いておく埋葬

  1. 部屋の棚かタンスの上にお飾りをして置いておく。
      
    • 踏ん切りが尽かない方
      大きなお骨はプランターに埋葬できないので本来は、ペット霊園に埋葬したほうが良いのですが、中々踏ん切りが尽かない方が一杯居ます。
      その人達は自宅においておく事も止むを得ません。
      心の整理がつくまで置いておいて整理がついたらペット霊園に埋葬して下さい。
    • 部屋にずっと置いておきたい方
      遺骨を手放すのが嫌でずっと置いておきたい方は、どうぞそのまま部屋に置いておいて下さい。そして自分のできるご供養をして下さい。

予約手続きについてはこちら

最近のブログの記事を紹介します。

ペット霊園のフリーダイヤル。

TEL 0120-12-95-12

まずは 予約を!
24時間いつでもお掛け下さい。

共同墓地埋葬価格

当霊園で火葬したお客様

当日埋葬料金
 大型犬(6〜7寸骨壷)…7,500円
 大型犬 以外…………5,500円

持帰り後日埋葬料金
 大型犬(6〜7寸骨壷)…10,500円
 大型犬 以外…………8,500円

当園以外での火葬したお客様

大型犬(6〜7寸骨壷)…16,000円
大型犬 以外…………14,000円

ペット火葬料金     単位:円

名称・分類

税込金額

体重

未満

合同葬

(埋葬込)
個別火葬
お預葬持帰葬立会葬
極小動物200g10,50013,00016,00019,000
 極小の出張は、引取の合同と立会火葬だけです。
小動物・亀1kg10,50012,00015,00018,000
兎 フェレtット 5kg10,50016,00018,00021,000
余白5kg10,50016,00018,00021,000
中型 猫10kg16,00021,00024,00027,000
大型 猫15kg21,00026,00029,00032,000
小型犬・亀5kg16,00016,00018,00021,000
中型犬・亀10kg16,00021,00024,00027,000
中型犬・亀15kg21,00026,00029,00032,000
大型犬・亀25kg26,00031,00034,00037,000
大型犬や大型犬が入った雑種犬が15キロ未満でも、体重に関係なく25キロ未満の大型犬の金額が最低料金です。
大型犬30kg32,00036,00039,00042,000
大型犬35kg38,00042,00045,00048,000
35kg超の火葬は、合同火葬とお預火葬のみです。
大型犬40kg43,00056,000--
大型犬45kg63,00077,000--
 


予約手続きについてはこちら

当園の火葬設備

火葬車右にある駐車場
3台分の駐車場
右に火葬炉の車です。
火葬炉
当園で技術を開発した
綺麗に火葬ができる火葬炉。