金魚の火葬に千葉 市川市からいらっしゃいました。

自分でするのも一つです。最後の見送りを手厚くするのも一つです。今までありがとうを最大の喜びに変えるお葬儀。 ペット霊園

犬・猫・うさぎからハムスター・インコまでペット火葬をしているペット霊園のブログ記事

ぺット火葬 >ブログ記事

ペット霊園の紹介

メインページ

必ず見て欲しいページ

カテゴリー

金魚の火葬に千葉 市川市からいらっしゃいました。

千葉県市川市から金魚の火葬にいらっしゃいました。

電車とバスでいらっしゃたご夫婦ですが、6cm位の小さなタッパウエアーに金魚ちゃんを入れて連れていらっしゃいました。

バスで30分、電車で2時間と言っていました。
丁度予約時間に霊園内をお客様が歩いていえるので、声を掛けると予約のお客様でした。

黒蝶尾と言う種類の5センチ位の小さな金魚です。
上から見たときの尾ビレの形がチョウの翅(はね)を思わせ、蝶が羽を広げたように見える金魚で、色が黒いので黒蝶尾(くろちょうび)と言うみたいです。

今回は、個別一任火葬の持帰り火葬でした。
お経もご希望と言う事で礼拝所でお経を上げてお葬式をしてから火葬炉に載せてお別れして点火を見て貰いました。

火葬時間は、25分で終了。
火葬したお骨は、真っ白で火葬炉に載せたままの姿で火葬が終了しました。

通常の金魚ちゃんですと、ここまで綺麗に残る事はありません。
この黒蝶尾だったからこんなに綺麗にそのままの形で残ったと思います。

黒蝶尾金魚のお骨。
上の写真の説明を書いてあります。
尾びれが蝶の形を
しているのが良く分かります。

こんなに綺麗に残りました。
写真は、クリックして拡大してみてください。

通常の金魚は、尾びれ等はマットに痕が残るだけで、肋骨は何本も並んでいるのがわかります。
又、頭のお骨は、こんなには残りません。

この黒蝶尾金魚だったからこんなに綺麗に色んな部所が残ったと思われます。
写真にある、病気の部分は右側の写真をクリックすると良く分かります。

この状態をお客様が見てビックリしていました。
今回は、一任火葬の持帰り火葬でしたので、スタッフがお骨を拾ってお渡しいたしました。

お帰りの際に、「もう一匹危なそうなのがいる。近々又来るかも?」と言ってお帰りになりました。長生きしてくれることをお祈りしています。

日時:2019年1月24日 PM 10:12

ペット火葬までの知識

ペット火葬価格

予約手続 申込・支払・キャンセル 電話0120-12-95-12  24時間予約受付
霊園までの地図   南大沢駅(16分)、北野駅(7分)、八王子駅(21分)

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前、丁度二股の所の右側です。

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ

 

2019年2月の記事

SMTWTFS
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12
13
14
15
16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

新着ブログ記事

ブログのリスト