ムシトリナゼシコがドンドン育っています。

自分でするのも一つです。最後の見送りを手厚くするのも一つです。今までありがとうを最大の喜びに変えるお葬儀。 ペット霊園

犬・猫・うさぎからハムスター・インコまでペット火葬をしているペット霊園のブログ記事

ぺット火葬 >ブログ記事

ペット霊園の紹介

メインカテゴリー

必ず見て欲しいページ

カテゴリー

ムシトリナゼシコがドンドン育っています。

例年5月末から6月にかけて八王子下柚木ペット霊園のお花畑をピンク色に染めてくれるムシトリナゼシコが、色んな場所で少しずつ育っています。

このムシトリナゼシコが一面に咲き誇るととても綺麗ですよ。
何せ、一面のピンクの色にペット霊園が染まるのですから。

これから今の現状です。

まずは、直に種蒔きをした訳ではないのですが、毎年この第二区画のお花畑に種が零れて自然発生的に育ってくれているのがあります。

第三区画にいつも植え付けをするのですが、種は前の区画の第二区画の方に飛んでいくのが多いようです。

育苗板の上で成長続けるムシトリナゼシコ。
ビニールポットの
中のムシトリナゼシコ
第2区画に自然に目をふいた
ムシトリナゼシコ。

この第二区画は、今は元気が無いですが春になると途端に元気の出るパンジーとその脇に種を蒔いてあるノーズポールが咲き誇る場所です。

でも、ムシトリナゼシコの生命力はとても強くてこのノースポールを押し分けて育ってくるのです。凄いですね。

この第二区画でもう少し大きくなって来てから第三区画に植え替えをするつもりです。


又、ビニールハウスの中には、ポットに入れて育てているのと育苗板の上で育っているムシトリナゼシコがあります。

育苗板で育っているのは、これからポットに入れ替えて育てていく前の段階のムシトリナゼシコちゃん達です。

でも、火葬で忙しいとポットに植え替えをする時間が無い場合は、この育苗板から直に第三区画に受付をします。

ビニールハウスの中で育ててから、第三区画に植え付けをして方が大きくなってから植え付けが出来るので直ぐに咲いてお客様の目を楽しませることがより出来ると思います。

皆様に咲いたときの雰囲気を味わってもらう為に、Youtubeに投稿したビデオを下記に載せますので見てください。< /p>

日時:2019年2月16日 PM 03:54

ペット火葬までの知識

ペット火葬価格

予約手続 申込・支払・キャンセル 電話0120-12-95-12  24時間予約受付
霊園までの地図   南大沢駅(16分)、北野駅(7分)、八王子駅(21分)

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前、丁度二股の所の右側です。

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ

 

2019年6月の記事

SMTWTFS
            1
2 3
4 5 6 7 8
9
10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

新着ブログ記事

ブログのリスト