生後5日で100gの犬の火葬を致しました。|八王子下柚木ペット霊園

自分でするのも一つです。最後の見送りを手厚くするのも一つです。今までありがとうを最大の喜びに変えるお葬儀。 ペット霊園

犬・猫・うさぎからハムスター・インコまでペット火葬をしているペット霊園のブログ記事

ぺット火葬 >ブログ記事

ペット霊園の紹介

メインカテゴリー

必ず見て欲しいページ

カテゴリー

生後5日で100gの犬の火葬を致しました。|八王子下柚木ペット霊園

今日は、お客様から問い合わせが時々ある、「生後数日のペットでもお骨は綺麗にのこりますか?」という質問に対する答えを書いてみたいと思います。

今日の極小犬の火葬は、生まれたばかりの生後5日のトイプードルの二匹の火葬を致しました。

お客様のトイプードルは、早産が原因らしいです。

お客様のご希望で、「火葬してもそれぞれの犬ちゃんが混じらずにそのままの形で分るなら二匹とも一度に火葬しても大丈夫。」と言う事で並べて火葬を致しました。

並べ方については、企業秘密とさせていただきます。

今日のトイプードルちゃんも、とても綺麗にお骨はそのままの形で火葬は終了いたしました。でもお骨上げの段階で頭のお骨は脆くて粉々に崩れてしまったのがとても残念でした。

生後5日のトイプードルです。火葬し炉から出した写真です。
綺麗に火葬が出来ています。
頭のお骨は脆かったです。

ここで、今まで火葬した極小の犬ちゃんの実績を書いてみたいとおもいます。

今までの犬ちゃんのとても小さい年齢での火葬は、生後5日以下か0歳と申告があった犬ちゃんの火葬は、12匹をしています。

どの犬ちゃんも確りと頭のお骨を始めとするお骨が綺麗に残っていました。
でも、お骨を骨壷に入れる時に7匹の犬ちゃんは、「頭のお骨が粉々になってしまった。」と記載があります。

400g以下に絞ってみると、8匹いますがお骨は確り残って火葬は終了したが、4匹「頭のお骨を骨壷に入れる時に粉々にわれてしまった。」と記載があります。

特に、死産で生まれた胎児の場合でも、「火葬した時、頭は崩れていましたが、手足は確りしていて良くわかりました。」と書類に残っています。

何れの場合でも、生後5日位までの犬ちゃんの火葬では、お骨は綺麗に残りますが、お骨上げをする段階では、綺麗な形で骨壺に入れたい頭のお骨は、壊れてしまう結果になっています。

日時:2019年3月21日 PM 10:46

ペット火葬までの知識

ペット火葬価格

予約手続 申込・支払・キャンセル 電話0120-12-95-12  24時間予約受付
霊園までの地図   南大沢駅(16分)、北野駅(7分)、八王子駅(21分)

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前、丁度二股の所の右側です。

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ

 

2019年6月の記事

SMTWTFS
            1
2 3
4 5 6 7 8
9
10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

新着ブログ記事

ブログのリスト