アフリガメガエルの火葬

自分でするのも一つです。最後の見送りを手厚くするのも一つです。今までありがとうを最大の喜びに変えるお葬儀。 ペット霊園

犬・猫・うさぎからハムスター・インコまでペット火葬をしているペット霊園のブログ記事

ぺット火葬 >ブログ記事

ペット霊園の紹介

メインカテゴリー

必ず見て欲しいページ

カテゴリー

アフリガメガエルの火葬

アフリガメガエルの火葬をいたしました。

今まで、いろいろなペットちゃんの火葬をしてまいりましたが、カエルの火葬は、「まだしたことがありません」

ですから、今回が初めてになります。
似たようなペットちゃんは、カメレオンちゃんの火葬を昨年の10月に致しました。

体重も今回と同じ150gです。
ビックリしたのは、両生類のペットは頭のお骨が軟骨みたいで、グズグズになってしまうのですが、今回のカエルちゃんは、確りと頭のお骨が残っています。

丁度、ハムスターの頭と同じようでしたが、半分ぐらいの大きさでした。
身体には、お肉がいっぱいついていましたし、足も長いのですが頭のお骨はとても小さなお骨でした。

鼻筋が通っていて、「T」の字を太くしたような格好でした。
「両生類でも、頭のお骨が確りと残るんですね。」と感心いたしました。

今回のお客様は、お骨が確りと残るかどうかを心配していましたが、確りと体形が確りとわかるようなお骨でした。

頭から背骨が通っていて、そのよう脇に足のお骨が両側に伸びているのが分かります。その先っぽの指先のお骨までとても小さいですが、お客様に説明することも出来ました。

唯、火葬時間を40分も掛けたのですが、お骨が黒いのです。
通常は、真っ白になるのが普通ですが、全体的に黒い色がいっぱいありました。

黒いお骨の原因は、体の中の悪い部分が火葬を終了すると黒くなって残ります。また、火力がその部分に届いてなくて、燃えカスとして残る場合もあります。

今回は、40分も掛けています。(猫3キロ位の火葬時間と同じ位)
ですから、「火葬時間が足らなくて残る」と言うのと訳が違います。

今回の火葬で予定時間は、30分でした。
火葬している担当者が、「チョットお骨が燃え残っているのかも?」と思って火葬終了間際に35分に伸ばし、「まだ黒いのが消えない」ともう一度5分増やして40分の火葬で終了しています。

これと同じ現象が、ハムスターに現れる場合があります。
ハムスターも時々、全身が黒っぽくなって火葬が終了する場合がああります。

これも、火葬時間を十分とっていますが、黒っぽい色がお骨全体をしめている場合があるのです。

理由は、いまだ不明です。
色々と調べてみても、黒くなる理由がはっきりしません。

ですが、カエルの火葬でも、確りとお骨が残ることが実証されましたし、今回カエルは頭のお骨が確りと残った事が特記する内容です。

両生類で珍しい事ですよね。



追伸、今回初めてと言ってブログを書きましたが、実は、良く調べると27年12月3日に「クランウィルツノガエル」と言う100gの火葬をしていました。

その時は、「お骨が真っ白でとても綺麗なお骨でした。」とブログにも書いてあります。

今回の、カエルちゃんは2匹目にあたりますので、訂正させていただきます。

日時:2020年8月 8日 PM 02:02

ペット火葬までの知識

ペット火葬価格

予約手続 申込・支払・キャンセル 電話0120-12-95-12 24時間予約受付
霊園までの地図   南大沢駅(16分)、北野駅(7分)、八王子駅(21分)

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前、丁度二股の所の右側です。

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ

 

2020年8月の記事

SMTWTFS
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21
22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

新着ブログ記事

ブログのリスト