日高市からの猫ちゃんは、糖尿病でした。

自分でするのも一つです。最後の見送りを手厚くするのも一つです。今までありがとうを最大の喜びに変えるお葬儀。 ペット霊園

犬・猫・うさぎからハムスター・インコまでペット火葬をしているペット霊園のブログ記事

ぺット火葬 >ブログ記事

ペット霊園の紹介

メインカテゴリー

必ず見て欲しいページ

カテゴリー

日高市からの猫ちゃんは、糖尿病でした。

今日の一番のお客様は、日高市からの猫ちゃんの持帰り火葬のお客様でした。

その猫ちゃんは、糖尿病を言っていましたが、とても強そうなアメリカンショートヘアの6歳の猫ちゃんです。

このお客様は、会社の社長がここで火葬したっと言っていて、「ミニチュアダックスちゃんを自然埋葬している。」とも言っていました。

もう、4回目のリピータのお客様ですが、その会社の従業員の方もきっと火葬をしている模様です。

有難いですね、
いつもは、移動火葬がご希望なのですが、今回は八王子のペット霊園までつれてきてくれました。

「時間は、どの位かかりましたか?」と聞くと「1時間30分は掛からなかったです。」とのご返事です。

八王子下柚木ペット霊園の日高市からの来園のページでは、78分と表示していますが、全くそのままの時間ですね。

お一人でいらっしゃいましたが、社長のミニチュアダックスのお参りもしたいと言ってワザワザ自然埋葬墓地へお花とお線香を上げてお参りをしています。

私も、その時間は空いていましたので、お客様と一緒に自然埋葬墓地へ行ってお経を上げてやりました。

火葬した猫ちゃんは、糖尿病だと言っていたのでお骨がとても脆いかと心配をしていましたが、とても綺麗なお骨です。

唯、肺の所が黒くなっていて、そこが悪かった模様です。
でも、糖尿病ですから、お骨の量は少なくて、3.3寸の骨壺に6分目程でした。

お客様は、後日4匹火葬している猫ちゃんを共同墓地へ埋葬したいと言っていました。
「その時は、電話して連れてきます。」とも言っていました。

ワザワザ日高市から火葬に来てくれて、とても感謝していますが、お客様もお花いっぱいの霊園を見て、埋葬もしようと思ったようです。

今年は、長雨の状況で百日紅のお花の付き方がとても悪い状態です。
でも、今はキバナコスモスとマリーゴールドが霊園いっぱいに咲き乱れています。

このお花たちも10月末には、終了してしまいますが、また冬のお花の季節で霊園のお花たちが迎えてくれることでしょう。

日時:2020年9月13日 AM 11:18

ペット火葬までの知識

ペット火葬価格

予約手続 申込・支払・キャンセル 電話0120-12-95-12 24時間予約受付
霊園までの地図   南大沢駅(16分)、北野駅(7分)、八王子駅(21分)

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前、丁度二股の所の右側です。

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ

 

2020年9月の記事

SMTWTFS
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13
14 15 16 17 18
19
20
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

新着ブログ記事

ブログのリスト