ペット火葬したお骨の状況

ペット 死亡原因|日射病の目次


夏の始まりや急に暑くなった時期に起きる日射病で亡くなったペットちゃんが沢山います。
お客様は「前日まで元気だったんですが。」とおっしゃる方が多くいらっしゃります。

このページはその日射病で亡くなったペットちゃんを火葬したお客様のぺーじです。


グレートピレニーズの火葬をしました。。

「グレートピレニーズのお客様から無理やりにお願いさせてしまいました。」と横浜の知合いの火葬業者から電話が掛かってきました。

この会社は、大型犬などの火葬している会社ですが、大型犬の数は月に1頭か2頭位の割合だそうです。お客様は横浜市に電話して火葬が出来るか聞いた所,出来ないとの返事だったそうです。

大きすぎて出来ないのか、込み合っていて出来ないのかは、不明ですが兎に角出来ないということなので色んな業者に電話したのでしょう。

50キロ超のグレートピレニーズですから、無理もありません。
「電話が掛かってきて泣く泣くお願いをされてしまいました。」と言っていました。

そこで、「当社に火葬のご指導をお願いします。」と頭を下げてお願いさせてしまいました。
知らない仲ではありませんし、時々八王子近辺の火葬の注文が来たときにお客様に「近くで火葬の上手くて金額の安い業者がいますのでその業者をご紹介します。」と紹介され、直接お客様にこちらから電話をして火葬を受けさせて頂いてもいますのでお手伝いをする事にいたしました。

今日は丁度非番でお寺のお施餓鬼に寺世話人として来ています。
そこで、青梅に来ていただけるならお手伝いをさせて頂きますと言って御指導させていただくことにいたしました。

50キロのグレートピレニーズで、日射病らしいです。
このクラスで日射病は、病気で体重が減ってきたグレートピレニーズと比べて脂ののりも良く。火葬業者としては大変な超大物です。

このクラスになると、殆どの火葬業者は出来ません。
火葬した事がある業者でも、時間に余裕がない限りなるべき受けないようにしています。

訳は、火葬が大変で黒煙や臭いの発生が避けられないことです。又本体の火葬が終了してもそのグレートピレニーズから出た脂が火葬炉に残ってしまい、何時間も燃え続き火葬が終了しないことです。

当社でも55キロのボーダーコリーを火葬して4時間30分も掛かった経験があります。

この時から火葬炉を受け皿の上に溜まった脂を燃えやすい状況にする為に、受け皿とその上に載せて過燃焼を防止する装置との間を開けてなるべく溜まった脂を短期間に燃焼を終了するように改良しています。

ですから、時間も4時間半も掛かるようなことは無くなりましたが、通常の火葬業者ではこういう火葬炉内の改良をしていません。

今回、この様な経ってのお願でしたので、お施餓鬼のお食事もそこそこ、その業者の待つコンビニへ行って、青梅の本社に連れてきました。

グレートピレニーズですから、事前の準備が相当必要です。
本社に行って、積んであるグレートピレニーズちゃんを下して、火葬炉準備を行いました。
今回は、sm-36の最高難度の火葬の準備を行いました。

燃え上がらない為の火葬の準備、燃え上がった時の為の準備、長時間の火葬になった場合の発電機の燃料持参、お骨が確りと綺麗に残るための準備等最強の準備と火葬炉の態勢を整えて火葬場所へ向かいました。

13時40分火葬開始
ゆっくりと燃焼させながら大胆に進めました。600度から650度の辺りの温度を保ちながら脂を絞っていきます。

一次を切ったり入れたりしながら、温度をこの範囲に留めて行っての火葬です。
超大型犬は、一旦脂に火がついてしまって火力が増してくると手の付けようがなくなったしまうことがありますので、この作業は慎重に慎重にです。

でも、sm-36の効果でしょうか、この温度内の温度抑制が凄く簡単に出来れいます。
「凄いですね。このsm-36の効果は。」とビックリしていました。

火葬時間も2時間でほぼ終了です。グレートプレニーズちゃんは真っ白なお骨になってしましました。
これからが、火葬炉の受け皿に溜まった脂がいつ燃え尽きるかの戦いです。

今回の火葬車は、私達の火葬車の様に過燃焼防止装置と受け皿の隙間がありません。
その為、この脂の燃え尽きさせる手間が相当だろうと思っていましたが、全く終わる気配が致しません。火葬して4時間半ぐらいして脇から出てくる炎も小さくなって殆ど無くなりましたので、もう大丈夫だろうと火葬を終了して本社まで戻る途中で車の中に煙が出てきました。

これは、未だ火葬炉が燃えている証拠です。
受け皿と過燃焼防止装置の間の過ぎ間がないので分かりませんが、まだまだ火葬が必ような証拠です。

本社から4分位の所なので後1分で本社に着くので、本社で再び脂の燃焼をさせることに致しました。

本社に着いて、火葬炉の中の構造が悪いと判断して、過燃焼防止装置と受け皿の間を覆っている部材を取り除きますと、一気にカスかした脂の蒸気が上がって来て直ぐに燃焼を始めました。

やっぱり、それから1時間30分で受け皿に溜まっていた脂が全て燃え尽きて完全に燃焼が終り火葬が終了いたしました。

合計6時間の火葬となりましたが、お骨も綺麗に火葬できていました。
チョッと頭のお骨が弱かったせいか、頭が崩れていたことが残念な事でしたが、火葬の指導をした結果、最後の脂の燃焼に時間は掛かりましたが、これは火葬炉の構造を直しさえすれば解決するもので、全体的にこの火葬法をこの会社は覚えてと思っています。

最後に、「この火葬方法がなければ今回の火葬は、きっと黒煙モクモクの大炎上をしていたことだと思いました。」「有難うございました。」と言ってお客様の元へ帰っていきました。

グレートピレニーズの火葬 のぺーじへ。

ペット霊園のフリーダイヤル。

TEL 0120-12-95-12

まずは 予約を!
24時間いつでもお掛け下さい。

保冷処理が必須-日射病で亡くなったボーダーコリーの火葬で。

13時のボーダーコリーちゃんの火葬でのことです。

このボーダーコリーちゃんは、昨日の35度の酷暑の被害者です。お昼頃から具合が悪くなったようです。

病名は日射病。
例年そうなんですが、梅雨があがり一気に気温が上がる時期は、こう言う所謂日射病で亡くなるペットちゃんが数多くいます。

5月、6月の過ごしやすい季節から一気に日陰にいても汗が出る酷暑を向かえ体がついていかないのかもしてません。

今日のボーダーコリーちゃんもそうですが、比較的若いペットちゃんが多く亡くなります。何ででしょうね。

そして、腐敗がすぐ始まってしまいます。
臭いが出てくる犬ちゃんが多くいます。

その為、亡くなったらすぐに保冷をすることが必要になります。
悲しい時期ですが、保冷してから悲しんでください。

早い時期の保冷が有効です。

続いてウジがわいてしまう犬ちゃんが多く見られます。
特に、外で飼われている犬ちゃんが多くいます。

このウジは、外で飼われているために、亡くなった後の対応が今一の場合が多いです。
外で飼っているために犬ちゃんの上にシートが掛けてある程度で保冷など何もしてない場合が多いです。

外で飼っているのですぐに保冷などが出来ないでいる場合が多くあります。そうすると早い場合は、半日でウジが湧いてしまいます。

外で飼っているいぬちゃんはなるべく早く火葬をすることをおすすめ致します。

今日のボーダーコリーちゃんは、少し臭いが出ていましたが、飼い主様の努力によりこの程度で収まっているのでしょう。

この時期は、特に保冷に気をつけて死後の処置を確りとして大切なペットちゃんを見送りたいものです。

ボーダーコリー犬の葬儀と火葬 のぺーじへ。

**********************************************************************

ペット霊園のフリーダイヤル。

TEL 0120-12-95-12

まずは 予約を!
24時間いつでもお掛け下さい。

八王子のペット霊園までの道順

○車のナビのセット
八王子市下柚木1876-2  にセットしてください。

当園から30メートル先をご案内します。霊園は、30m手前に二股があります。その右側にあります。

分からなかったり、「道に迷ったな」と思ったら 0120-129-512 に電話ください。
ご案内させて戴きます。

共同墓地埋葬価格

当霊園で火葬したお客様

当日埋葬料金
 大型犬(6~7寸骨壷)…7,500円
 大型犬 以外…………5,500円

持帰り後日埋葬料金
 大型犬(6~7寸骨壷)…10,500円
 大型犬 以外…………8,500円

当園以外での火葬したお客様

大型犬(6~7寸骨壷)…16,000円
大型犬 以外…………14,000円

ペット火葬料金     単位:円

名称・分類

税込金額

体重

未満

合同葬

(埋葬込)
個別火葬
お預葬持帰葬立会葬
極小動物200g10,50013,00016,00019,000
 極小の出張は、引取の合同と立会火葬だけです。
小動物・亀1kg10,50012,00015,00018,000
兎 フェレtット 5kg10,50016,00018,00021,000
余白5kg10,50016,00018,00021,000
中型 猫10kg16,00021,00024,00027,000
大型 猫15kg21,00026,00029,00032,000
小型犬・亀5kg16,00016,00018,00021,000
中型犬・亀10kg16,00021,00024,00027,000
中型犬・亀15kg21,00026,00029,00032,000
大型犬・亀25kg26,00031,00034,00037,000
大型犬や大型犬が入った雑種犬が15キロ未満でも、体重に関係なく25キロ未満の大型犬の金額が最低料金です。
大型犬30kg32,00036,00039,00042,000
大型犬35kg38,00042,00045,00048,000
35kg超の火葬は、合同火葬とお預火葬のみです。
大型犬40kg43,00056,000--
大型犬45kg63,00077,000--
 


当園の火葬設備

火葬車右にある駐車場
3台分の駐車場
右に火葬炉の車です。
火葬炉
当園で技術を開発した
綺麗に火葬ができる火葬炉。