八王子下柚木ペット霊園のホームページについて来園したお客様の一言を載せてあります。

八王子のペット霊園で一言

ホームページについて来園したお客様からの一言を掲載してあります。。

ぺット火葬 >ぺット火葬をペット霊園で >ペット霊園のホームページ

ペット霊園の紹介

メインページ

必ず見て欲しいページ

八王子下柚木ペット霊園でお客様から頂いた一言です。

ペット火葬で来園するお客様からいろいろな一言を頂いています。
その一言の中に八王子下柚木ペット霊園に対する期待と不満、いろいろなご示唆も頂いています。

このページはホームページについてお客様に直に応対しているペット火葬中にお客様と会話をしている中でお客様がおっしゃったその一言のをブログに書きつづった内容を一堂に載せてみました。

ホームページついて【お客様からの一言】の記事です。

ホームページに詳しく載っているので良くわかって信頼出来ます。

以前火葬したお客様からお電話を頂きました。

「ペットの火葬をお願いします。」⇒分りました。ペットの種類と体重を教えてください。「猫で3.1キロです。」⇒ご希望の火葬方法は如何いたしますか?「個別で返骨でお願いします。⇒分りました。

今日が宜しいですか。「はい。以前お宅にお願いしたのですが、その時は霊園に行って火葬したのですが、今足立区に住んでいます。こちらに来てもらって出来ませんか?」

足立区からのお電話でした。
リピータの方で八王子下柚木ペット霊園が始まって17年の11月に火葬したお客様で、始まってから16番目に火葬してくれた方でした。リピータとしても3番目になる方です。

18年の6月にリピータとなられてから、ずっと今日まで火葬が無かった方でした。
猫ちゃんを飼っていて7年間は無事に過ごしていたのでしょうが、ここに来て3回目の猫ちゃんの死亡にあってしまったのです。

こういうお客様は、何としてもご期待に答えなければなりません。
⇒今日ですと18時30分に立会火葬が入っていますので、足立区まで行くと21時から21時30分になりますが。「そんな遅くまで遣ってくれるんですか。」⇒はい。リピータの方ですから。唯出張料が3000円夜間割増が3000円の合計6000円掛かります。「分りました。大丈夫です。」

こんな形で予約を受けさせて頂きました。
リピータのお客様では、やっぱりこちらの対応も違ってきてしまいますよね。

高速を使って一路足立区へ向かいました。
夜ですから早いですね。18時30分の火葬が遅れてしまったのですが、高速を使い道路がすいていたので丁度1時間で着くことができました。

21時35分到着です。
お客様のお部屋に伺って事務処理中にお客様から言われました。

「お宅のホームページは良く見ています。」「ブログを含めて色々と知りたいことが良く載っているので助かります。」「いっぱい知りたいことが載っていると信頼できますよね。」あれからもう7年ですから。

こんな会話をして申込受付が終了しました。
今回の移動火葬は立会でペット可のマンションでしたが、すぐ20メートル程の所に車を止めて火葬する場所がありました。

夜間ですから、火葬する場所は発電機の音がしても大丈夫なような所が火葬することが出来る場所です。以前住宅街の真ん中でお客様に言われて火葬してことがありましたが、苦情は来なかったですが、皆さん窓越しにこちらを見ていた事がありました。

きっと、発電機と排気音が響いたのでしょ。
それから、夜間の火葬はお客様に言われても住宅街の真ん中で火葬することはしておりません。

今回は、マンションから少し離れている場所が会社だけでしたので、音がしても大丈夫でお骨上げをする場所もありましたのでそこですることにいたしました。

火葬時間は、35分間。
火葬したお骨は、真っ白でした。唯、肺の所に腫瘍がありました。お客様は肝臓が悪かったと言っていたので、肺ではなく肝臓なのかもしれません。

糖尿と言っていたので頭のお骨が心配だったが真っ白できれいに残っていまして、糖尿の特徴のボロボロのお骨の感じは全くありませんでした。

お客様も、火葬中はマンションのお部屋に戻っていましたが、火葬が終わる旨の電話をするとすぐに降りてきていただきました。

心配していた、糖尿もお骨に異常はなく全く綺麗なお骨だったので、安心して「やっぱり、遠くだったですが、お宅に頼んで良かった。」と言ってくれました。

帰りに「夜分遅くまで遣っていただき有難うございました。」と頭を深々と下げられたのが印象的でした。

ゴールデンハムスターのページ作って下さい。

「ゴールデンハムスターの思い出の小部屋のページを作って下さい。」とお客様からお願いされました。

今日の二件目のお客様です。
電車とバスでいらっしゃいました。

丁度予約時間の2分前に家族5人で到着です。南大沢からのバスで丁度良いバスの時間があったのでしょう。

お客様は、ゴールデンハムスターちゃんの入った発泡スチロールの箱をボストンバックに入れて持ってきました。

八王子下柚木ペット霊園に着いて、その発泡スチロールの箱を開けるとガーゼに包まれて寝かせてあるゴールデンハムスターちゃんが出てきました。

「事故で死んでしいました。」と言っていましたが、何の事故だかお気の毒で聞くことはできませんでしたが、申し込みを済んだ時にお客様から「思い出の小部屋にうちのケッキンちゃんのページを作ってください。」と申し出を受けました。

一番下の娘さんが可愛がっていたようで、ご供養するときもお別れするときも皆さんその娘さんに気を使っているので分かりました。

礼拝所でお葬式を上げて、火葬炉に寝かせ霊園のお花で周りにいっぱいに飾ってお別れです。点火するときにしっかりと手を合わせて点火を見守りました。

その後、礼拝所で待ち時間にお写真を撮らせてもらい、思い出の小部屋に載せる準備をいたしました。コメントなどは後からメールで貰っても大丈夫ですが、取りあえず一番下の娘さんがささやいた「ありがとう。」と言うコメントを載せさせていただきます。

火葬時間は25分間でした。
綺麗に、頭も喉仏もしっかりと残りお客様たちは喜んでいました。

でも、肺あたりに腫瘍がありました。
そこだけ茶黒い塊があったのを皆さんで確認しました。

綺麗にお骨上げが出来て、2寸の骨壺に入れて持ち帰りましたが、しっかりと胸に抱いて持ち帰ったのを微笑ましく拝見させていただきました。

優しい、感じのご家族様のこのショックから早い立ち直りを祈念いたします。

ハムスターの火葬 のぺーじへ。

思い出の小部屋 のぺーじへ。

火葬が上手いとブログに書いてあったので決めました。

お客様から「お宅が火葬が上手い!とブログに書いてありました。」「何処を選んだら良いか分からないし、火葬した人が推薦していたので決めました。」

お客様のご自宅を訪問して最初にお客様がおっしゃいました。

「インコのお骨ってどのくらい残りますか?」
頭からクチバシまで残りますよ。

時によっては、翼のお骨がそのままの形で残っていて、そのままの骨壷に入れることも出来る場合もありますが。

「そんなに残るんですか?」
だから遠くからも八王子下柚木ペット霊園にワザワザ来る人もかなりあります。

「どこら辺から来ますか?」
横浜、茅ヶ崎、平塚や東は千葉の佐倉市からも火葬に来ています。

「そんなに遠くから。」
そうなんです。他所で残らなかったのを、うちで火葬したらクチバシまでも残って感激して帰った方もいます。期待して良いですよ。
「そうですか、期待しちゃいます。」

「だからブログに書いたんでしょうね。」
こんな会話をしながら事務処理が終わりました。

今回のオカメインコちゃんは、火葬時間が40分も掛かりました。通常は25分ですから倍近く掛かりました。原因は胸の辺りの黒い燃えかすみたいなものです。

火葬後、お骨上げの時に黒い塊を手にとって良く見てみたのですが、燃え残りのものではなく、硬いものでした。

お客様と一緒に「何でしょうね。」と首を傾げてしまいました。

頭もクチバシも綺麗に残り、骨壷に頭、クチバシとつなげておくことができ、お骨の標本みたいにそのままの形で残すことが出来ました。

お客様本人が自分で入れてご満悦でした。

「こんなに綺麗に残るから、その人もブログに書いたんでしょうね。」
一緒に立ち会っていた知人も「今度はうちの猫ちゃんかも知れないので、その時はお願いします。」と言われてしまいました。

「そういえば、ブログに書いた人も何回もお宅で火葬しているリピーターだそうですよ。」
そうですか。真面目に丁寧に遣っているのでリピーターの人が書いて下さるのですね。

こんな会話をしながら、お骨上げを終了致しました。

今日もお客様の悲しみの顔から笑顔に変わっていただき、次のお客様のもとへ向かう事が出来ました。

八王子下柚木ペット霊園のホームページは業者に頼んでいないの?

八王子下柚木ペット霊園のホームページのお話です。お客様から「ホームページが見やすいですね。」とよく言われます。
有難うございます。このホームページは私が作っているんですよ。と答えますと「ほんとですか。」

「ホームページっていうのは業者に頼むものだと思っていました。」「頼んでないのですか。」とびっくりしたように答えが返ってきます。

初めの時は、業者に何もわかれずに頼んで作ってもらいました。メンテナンスも契約には入っていたのですが、業者任せにすると何をしているのか分かりませんでしたので、自分でやりますので、教えてください。と言って自分で更新作業を始めました。

その後、お客様と接しているうちにホームページの内容がお客様の求めているのと一寸違うのではないかと思うようになり、ページの修正をするようになりました。

ホームページビルダーを使って作り始めました。業者につくってもらったのは5ぺーじぐらいでしたが、お客様と直に接しているとそのページ数もどんどん増えてきました。

SEOなるものも、自己流に覚えてくるとキーワードを文章の中に何回も詰め込み、文章が少しおかしくなってもその作業をつづけておりました。

丁度その頃ある業者のSEOに対する指導書を購入して検索順位のアップを狙いました。
そうする内に http://www.m112.com/ のホームページのミラーサイト http://www.pet-kasou.biz/ を作ってしまうことになりました。

一昨年の3月3日を境に http://www.m112.com/ のホームページがyahooサイトから見るも無惨にどのキーワードで検索しても圏外になっているではありませんか。

丁度その頃にメンテナンス契約していた業者とも契約が満了になり指導も受けられませんでした。
困っていた時にもう一度指導書をもとに新たなホームページを作成してみようと一代決心をして購入した本を走り読みをしてホームページを作成はじめました。

本の中の言葉もすぐには、理解できずその本の内容を使って新たなホームページを作ることは無理かなとも思いましたが、何回も何回も読み直しているうちに少しずつ作成することができるようになりました。

習慣と言うのは恐ろしいもので、何とか毎日チャレンジしていると何とか出来てきました。

業者に頼めばすぐに素晴らしいものができますが表面的には素晴らしく見えますが、お客様が本当に知りたいことをその都度のせることは不可能です。

今日のお客様ではないですが、内容的に非常に分かり易いと言ってくれました。
この言葉を後ろ盾にこれからも精進したいと思っています。

携帯で一寸見ずらかったです。

フェレットを火葬したお客様から言われました。

フェレット火葬と検索したら一番上にあったそうです。如何だったですかと尋ねたら「ちょっと見ずらかったです。」と言われました。

自分で「フェレット火葬」と入れて検索してみるとpcサイトの一番上にありましたが、クリックして中に入ってみると。
やたら文字だけが出てきて、ほんとだね。見ずらいね。

現在携帯からのお客様もスマートホーン、Ipadを含めて15%位ですがその方々にこの見ずらい画面で理解してもらっているのかと思うと申し訳なく思っています。

一寸、頑張ってスマートホーン向けのサイトを作らないといけないかも。
これからは、スマートホーンの時代でしょう。こんなに見ずらいとお客様は「このサイトは駄目だね。」と言ってすぐに他のサイトへ行ってしまうかもしれません。

如何したら良いんでしょう。

携帯電話のQRコードを。

今日のお客様からパソコンで調べたんですが、お宅に行き方が分らないのでアクセスのページにQRコードを付けてもらえれば一々アドレスを打ち込まなくても大丈夫なので付けてくださいとご指摘を頂きました。

成る程、私たちには気が付かない事でした。早速インターネットでQR コードの作り方を調べて、作成しました。

現在、トップページとアクセスのページに付けました。
今後は、各市町からのページにも付けたいと思います。

ご指摘、大変ありがとうございました。

ペット火葬までの知識

ペット火葬価格

予約手続き   電話0120-12-95-12  24時間予約受付
霊園までの地図

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前、丁度二股の所の右側です。

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ