八王子のペット霊園に来園したお客様の一言です。

八王子のペット霊園で一言

八王子のペット霊園に来園したお客様からの一言を掲載してあります。

ぺット火葬 >ぺット火葬をペット霊園で >八王子下柚木ペット霊園

ペット霊園の紹介

メインページ

必ず見て欲しいページ

八王子下柚木ペット霊園にいらしゃったお客様から頂いた一言です。

ペット霊園に来園するお客様からいろいろな一言を頂いています。
その一言の中に八王子下柚木ペット霊園に対する期待と不満、いろいろなご示唆も頂いています。
お客様に直に応対しているペット霊園の現場からその一言のをブログに書きつづった内容を一堂に載せてみました。

ペット霊園のお花だよりです。

お花のお山いっぱい咲きそろい綺麗になりました。12年9月20日

当園の中央通路の所に昨年の秋に作ったお花の山も昨年の冬はノースポールを植えて見ましたが余りパッとしないで唯、木の枠に囲まれた四角すいの塊でした。

今年の5月から9月に満杯にするように計画を立ててペチニアとサフィニアそして日陰になる北側にはインバチェンスを植えました。


サフィニアやペチニアは、雨に弱いので梅雨時や大雨の時が心配でしたが段々生長して根のはりかたも上手くいきました。

一番上には、細長い鉢に植えたサフィニアを置いてより高さを出すことに致しました。

切り戻しも少ない所で1回、多いところではなるべく枝分かれをするように回数は数え切れないほどチョクチョク行いました。

切り戻しをした小枝は、新に挿し木をして増やしています。この挿し木については、上手く行く場合と駄目な場合もあり今後の研究の課題だと思います。

お陰さまで、計画通りお花のお山が満開になり来園するお客様から「綺麗ね。」と賞賛されるようになりましたのでご案内した次第です。

八王子のペット霊園のついて【お客様からの一言】の記事です。

近くにペット霊園があって助かります。-創価学会の方から

夜のお客様から友達が到着するまでの間に言われました。
今回のパピヨンちゃん3キロの火葬をお友達に紹介をしたお客様でした。

お友達が「パピヨンが死んでしまったので何処か良い火葬場を知らないですか。」と尋ねられたので、「家のコーギーちゃんを火葬したペット霊園が良くしてくれたのでそこで遣りますか。」と紹介させていただきました。

その話をしている時にお客様から「近くにペット霊園が出来て助かります。」と言っていました。

「私達、犬を飼っている者にとっては必ず犬の死と言う事が起こります。ですからココみたいに近くに出来てくれて大歓迎です。」と。

お友達は、丁度予約時間の19時30分に見えられました。
この方も創価学会の信者さんだと言っていました。

今日は、創価学会のお客様が2件連続です。
この前の17時から猫ちゃんの火葬したお客様も創価学会の方でした。創価学会の方が一日に2件ある事も珍しいですが、連続して2件は初めてです。

今期は、創価学会の会員さんのウェートが例年に無く増えています。
今期  5.1%
前期  2.9%
前々期 1.5% この様に大変な増加です。

これは、皆様のクチコミに依るご紹介で増えているのだと思います。

今回のパピヨンちゃんも礼拝所で勤行を皆さんでしてから、火葬炉に寝かせて点火を見守りましたが、火葬炉には霊園で育てているオシキミも入れてお花でいっぱいに飾りました。

お客様は、「初めてなので知ってる人に紹介してもらってよかったです、まだ2匹いますのでよろしくお願いします。」と言っていました。

火葬したお骨は腎臓周りが黒くなっていました。また喉仏に感心し頭が薄かったが何とか崩さずに入れることが出来喜んでいました。

ご紹介してくれたお客様も火葬中に霊園内を散策して、「家で火葬したときには共同墓地があるのは分らなかったですが、近くにあるので埋葬することも考えたい。」といっていました。

お帰りは、購入した赤い多い袋に入れて骨壷を抱えてお帰りになる娘さんの姿がとても素敵でした。
お気をつけてお帰りください。

「下柚木にペット霊園がある。」とお友達に聞いて調べました。

「下柚木にペット霊園があると聞いて、スマホで調べてお願いすることにしました。」と申し込みをしている時にお客様から言われました。

今日のお客様は猫ちゃんの火葬でいらっしゃいました。
申込時に「埋葬は後でも出来ますか?」と言われたので、後で埋葬することはできます。と答えました。

色々気持ちの整理がついた時に埋葬に来る方は多いです。特に皆様のご希望は共同墓地への埋葬が多いですね。

後日に埋葬する場合は、電話で予約してからペット霊園に来てください。
お客様も下柚木の方でしたので、「近くてチョクチョクお参りに来ることができますので。」と。

共同墓地へのお参りは、電話での予約は要りません。いつでもご自分の気の向いたときに来て貰えればいつでもできます。
このような話をしながら申込書に記載してもらいました。

今回の猫ちゃんは、大変小さな猫ちゃんでした。でも17歳です。
火葬したお骨も全く小さくて、とてもお骨自体が可愛く感じるようなねこちゃんです。

下柚木の方でしたが、お友達に「下柚木にペット霊園がある。」と聞くまで分らなかったんですね。でもお友達から聞いた後にネットで「下柚木 ペット霊園」で検索して決めたそうです。

「近くですから助かります。」と言っていましたが、やっぱり近くのペット霊園を選びますよね。
今回の猫ちゃんは3寸の骨壷に綺麗に入りました。17歳と言っていましたが完全に老衰でその為、お骨も全く綺麗で申し分なかったです。

後で埋葬する予定だそうですが、お花いっぱいの八王子下柚木ペット霊園に埋葬してお花見物を大事なペットちゃんのお参りに来てもらえる事とでしょう。

「近くに出来てくれて助かります。」と皆さん言ってくれます。

ヨークシャテリアのお客様が車から降りてきて直ぐに言いました。「以前は、高尾の方の霊園だったけど遠くてお参りに行けませんでした。」「近くに出来て本当に良かったです。」と。

「この近くに出来て本当に良かったです。」は参拝にくる殆どの人が言ってくれます。特に宗教法人が経営していない無宗教の霊園は、望んでいる人達が相当数いるようです。

当園は、あまり埋葬については積極的にPRはしていないのですが、他にない自然埋葬やお花がいっぱいの共同墓地が人気があります。

今回のお客様は、立会火葬でお骨はお持ち帰りのお客様でしたが、近くにペット霊園が出来た事を非常に喜んでいらっしゃいました。

このヨークシャテリアちゃんは、重病な犬ちゃんでした。
火葬したお骨の頭がグズグズで殆ど頭の形をして残っていませんでしたし、肺の辺りにも腫瘍がありました。

頭は、歯周病でしょう。また痩せていましたので肺には悪性の癌でしたでしょう。
でも、飼い主の皆様にとっては大切な家族の一員の犬ちゃんです。

丁寧にお骨上げをして、お骨上げした骨壺の他に持参したカプセルに尻尾や足の指を入れて持帰りました。

お骨の説明やご葬儀のセレモニーが気に入ってくれたのか、お帰りの際は丁寧に頭を下げて「こういう施設がないと困るんですよね。ご近所が大変でしょうが頑張ってください。」「丁寧にしていただき、有難うございました。」と言ってお帰りになりました。

こういう皆様のご期待に答えることが出来るように、地域に必要とされるペット霊園を目指して、こつこつと火葬や埋葬に心を込めて、手を抜かずにやって参りたいと思っています。

八王子下柚木ペット霊園のトイレが綺麗で良いですね。

お骨上げが終了して、帰るときに言われました。

「小平まで帰るのだから、トイレに行ってから帰った方が良いわよ。」とご主人に奥様が言われた時の会話の中でした。

「白いタイルがとても良かったわよ。」「とても綺麗で。」と。

創価学会の方でしたが、お経はお題目を上げた程度で終了して、火葬炉に犬ちゃんを運びました。
霊園のお花が少なかったのですが、「少し摘み取って飾っていいですか。」と言われてパンジーと菜の花を摘み取って犬ちゃんに添えて飾ってお別れを致しました。

火葬したお骨の、肝臓辺りが悪かったようで、その部分がチョッと色が付いていたので分かりました。この子は18歳の長寿犬で調べてみたら1位タイ記録です。

他に3匹18歳のミニチアダックスがいましたがこの子も同じ18歳です。これで4匹が18歳でトップに並びました。
凄いですね。でも19歳は出ないですね。ここらの年齢が厳しい年齢なのかもしれません。

今回、トイレを褒められたのは初めてです。
作りは簡易トイレだからです。

お褒め頂いたトイレは、床に真っ白な大理石を敷いてあります。
この大理石は、スタッフが張ったものです。ホームセンターで大理石を購入して張りました。
こうしてお褒め頂いて大変うれしく思っています。

小平からお越しでしたが、今まで猫ちゃん3匹を府中の火葬場で火葬をしていたそうです。「あちらは施設は立派ですが高くてね。」「でもこちらのトイレみたいに綺麗なトイレじゃなかったわよ。」

私達は、お客様を迎える心として質素ですが心のこもった気持ちや態度でお迎えする事を第一としています。
その為、トイレにしても作りは簡素なものですが中に入って気持ちが良い様に。また清潔感いっぱいで綺麗なトイレをつくりました。

お客様からお褒めを頂いて本当にありがたく思っています。

小平市からのペット火葬
他の看板が目立って霊園の駐車場の字が読めませんでした。

今日の11時からのお客様からの一言です。

11時丁度に霊園の前で止まってから上の方に発進してしまいました。
見ていると坂の途中で止まってから少し上に行って自動販売機の所でUターンして帰ってきました。

ナビで来たのでしょうが、「八王子市下柚木1876−2」を入れると丁度その辺にあるように案内いたします。ですから霊園の前で止まって「八王子下柚木ペット霊園駐車場」の文字が小さかったのでナビの案内している所に行ってしまったのでしょう。

戻って来て、「八王子下柚木ペット霊園駐車場」より左側の看板の方が大きかったし強烈なのでそちらに目が行ってしまいました。」「霊園の字が小さくて読めませんでした。」と言われました。

パネルゲートの所に張ってある文字ももう少し大きいものに替える必要があるようです。
どんなのが良いかチョッと検討を始めて見ようかと思っています。

そのお客様ですが、
合同火葬でしたので、猫ちゃんのご供養が終って共同墓地へお参りして塔婆を共同墓地へ立てて帰りましたが、「今は少ないけれど、お花のいっぱい咲いている霊園って良いですね。」「春になるのが楽しみです。」と言っていました。

共同墓地に昨日ジュリアンを一杯植えました。
昨日と今日は2月にしては珍しく温度が高い日ですので、ジュリアンも元気でお花を一杯に浸けています。

きっと暖かい気温で太陽の光を一杯に浴びで気持ちよくお花を咲かせているのだと思います。
ジュリアンは赤や黄色などの色が一杯あって結構派手なお花なので良く目立ちます。

もう少しすると霊園のお花達もお花を付けてくれると思いますが、今は辛抱の時期です。
霊園に訪れる人達の心を和ませるお花が咲く季節になると本来の八王子下柚木ペット霊園らしくなってまいります。

どうぞご期待ください。

お花の摘み取りをさせてください。

「お花の摘み取りをさせてください。」と13時45分に来園されたお客様から言われました。

ドキ。
申し訳ありませんが、今の季節で今年は特に寒くてお花が殆ど咲いていません。
今の時期一番良く咲いているのが山茶花なんですが、その山茶花も咲いているお花が寒さの為に凍ってしまっています。

少し咲いているのもありますので、咲いているのは摘み取りしても大丈夫ですが。
と言って謝りました。

ここで、当園のお花の現状を説明しますと、
お花畑は見るも無残な状況になっています。
先ほどの山茶花は述べた通りですし、少し咲いているパンジーもかじかんでいるようで威勢がありません。寒さに耐えていると言う感じです。

毎年12月の中旬には咲く菜の花ですが、ちょっど早く蒔いたのは咲いていますが、後は葉っぱは食べごろに生長しているのですが、お花が咲く茎が伸びずにいます。

菜の花が咲きそうだと言う気配も全くしていません。
特に、チョッと小さ目な茎は土が凍ってい待っているのでしょう、葉っぱが黄色くなっています。
これは、水分不足の状態たと思います。

また、金盞花ですが寒さの為に植えることが出来ない苗が600鉢位ビニールハウスのなかにあります。ビニールハウスも灯油で暖房をしていませんので、朝方の寒さで金盞花のお花の茎も出て来ていません。

この分では、お花畑に植えることが出来ないので、持久戦にすることにいたしました。
伸びている茎を切り戻しをして、春まで待つことに致しました。
12月に切戻した茎は、切った所から小さな茎が何本も出ているのもあります。

3月になったら植えるつもりで、切戻した苗をゆっくりと育てることに致しました。
そのため、今の現状はお花が咲いていないお花いっぱいの霊園になってしまっています。

ですから、お客様からお花の摘み取りをご希望されると「ドキ。申し訳ありません。」となってしまいます。

例年にない寒さですので、ジタバタしないでこの冬は耐える事にいたしました。

春になってお花が一杯になれば良いと思っています。

もっとお花がいっぱい咲いている所を想像していました。

11時30分の予約のお客様から言われました。

「私達は、もっといっぱいお花が咲いている所を想像していました。」と言われました。
昨年も、この時期だったと思いますが、「ネットで見たのと違いますね。」とお客様に言われた事を思い出します。

霊園を飾っているお花たちがこの寒さでみんな凍ってしまって、お花自体がちじこまってしまっています。

今日の11時30分予約のお客様は、イメージが違うと言うことでキャンセルでしたが、今の時期にお花一杯を過度に期待して貰うと期待外れになってしまいます。

私の予定では、菜の花とキンセンカの花がもっと咲いている計画でしたが、菜の花がほんの一部は咲いていますが、殆どの菜の花は生長はしているのですが、この寒さで塔が立つことも出来ない状況なのでしょう。

12月から咲き始める事ができるビニールハウスにある、キンセンカもハウスの中が朝の寒さでお花の芽も出てこない状況なのです。

やっぱり、お花が少ないです。
頼みの綱の山茶花までも駄目な状況なので、お客様から言われてもその通りでなのです。

寒さにお花は弱いですね。
室内でしたら、対策の立てようはあるのですが、屋外では如何しようもありません。

これで昨年みたいに、1月に咲く紅梅が3月まで咲かなかったら最悪です。
温かな気候が来るのを待つしかないのでしょうか。

室内は、ジャコバサボテンが頑張ってくれています。
シクラメンは、この寒さでは1日も持たないでしょう。シクラメンを毎日家に持ち帰っていた時を思い出します。

あの時も凄く寒かったです。
寒さはこれから本番です。今年も如何なってしまうのでしょうね。お花が咲かなくても寒さに向って頑張っていこうと思います。

ネットで見たのですが.とてもお花がいっぱいの霊園ですね。

兎の火葬に行きましたときに、お客様から言われました。

事務処理も終り、その場でお経を上げてお別れ式を致しました。その後の会話中に「息子からここが良いと言われてネットを見ました。」チョッと見ただけだったのですが「お花がいっぱいの霊園ですね。」「お花の管理は大変でしょう。」

と言ってくれました。
お別れ式でお経を読んで宜しいですか?と聞くと「お経も上げて貰えるのですか。」とビックリしていました。

お客様は、お経を上げて貰うと当然費用が必要だと思っていたみたいです。
無料サービスだったので驚いていた見たいです。

霊園のお花の話しになり、お花たちを種を蒔いて作っていると聞いて感心していました。
「お花大好きです。とも言っていました。

久しぶりに来たらお花が凄いですね。

立体墓地に埋葬しているお客様から言われました。
最近来なかったんですが、この子の命日なのでお参りに来たら凄いですね。こんなにお花がいっぱい咲いているとは思いませんでした。

「ブログでも良いから写真を載せて皆に見せたほうが良いですよ。」
「今年は、特にお花のお山が良いですね。」「それとテーブルと椅子をおいてこの感じが凄くいいです。」
「何とかガーデンという感じですね。」

「スマートホーンも買ったんですが、使いこなすのが大変でしょう。」
スマートホーン用のホームページも作リ始めたのですが、スマホを持っていないと感じがつかめなかったので買いました。

パソコンで見るのと、スマホで見るのは全く感じが違いますね。スマホをかってよかったです。操作は初め大変でした。電話が掛かってきても出方が分からなくてヒンシュクを買いました。

こんな、話をしながらスマホで写真を撮ってみました。
お客様に撮った写真をその場で見せると「この感じ、雑誌に出てくるみたいに良いですよ。」と言われました。

気お良くしてこの他愛もない話をブログに載せて申し訳ありませんが、写真を見て写真を書きに載せさせていただきます。

良かったら遊びに来てください。

火葬場脇の枝垂れ桃がとても綺麗ですね。

火葬場脇の枝垂れ桃がとても綺麗ですね。
夜間火葬をご希望の方々から頂いた一言です。

夜の7時30分からパピヨンの立会火葬したお客様から頂きました。火葬も終了して、お骨上げ後タクシーを呼んでいる間にペット霊園の中を案内いたしました。

礼拝所をでて直ぐ上を見ると、夜間照明に照らされた枝垂れ桃が満開にお花をつけていました。「あ、とても綺麗。」「枝垂れ桃がとても綺麗ですね。」とおっしゃいました。

昼間見ても綺麗ですが、夜間照明に照らし出された枝垂れ桃の色合いといい、ピンクの色といいとても綺麗でした。

よく見るとその後ろに山桜が咲いています。
その山桜も満開です。

お客様は、霊園内を案内中にタクシーが来て全員で「有難うございました。」を最敬礼で言って帰られましたが。とても素敵な方々でした。

お客様が帰った後、つくづく八王子下柚木ペット霊園内を見渡したのですが、
枝垂れ桃はお花の時期が長いのでこれから見ごたえがあると思います。
一寸残念なのは、あれだけ一杯お花を付けていた白木蓮が、昨日の風と雨でお花が半分落ちてしまいました。

枝垂れ桃の下に目をやるとそこには輪小梅が咲き始めて6分咲きの状態です。
ここで気温が高くなっているので、咲きそうになっていたお花達がいっぺんにお花を咲かせているのでしょう。

ピンクのユキヤナギもこれほどまでにお花を付けられないと言うくらいにお花が枝についています。正にお花だけで出来ている枝という感じです。

赤い柴桜も咲き始めました。

これから、柴桜が咲き始めると凄く綺麗なペット霊園が誕生します。
一年の内で今が一番綺麗な季節になるでしょう。

ペット霊園ではウグイスの鳴き声が聞こえますね。相模原市南区から

バク犬の火葬に来た相模原市のお客様の一言です。

南区の相模台ですので、9時30分に出掛けます。
お客様の到着は10時40分、11時の予約でした。火葬中に霊園内を散策しているときに「あれ、ウグイスの鳴き声じゃない。」「ホント。」「でもチョット下手ね。」

こんな会話が交わされました。
ウグイスは、竹のあるところに来て留まります。
八王子下柚木ペット霊園で鳴くようになったのは3月30日だったと思います。

鳴き方も「ホーホケキョ」と言えずに一寸変な泣き方でした。
ウグイスが来ると「もう春だなぁ。」と毎年思います。

ペット火葬中のお客様が待っている時に、ウグイスが歓迎しているかの様に「ホーホケキョ」「ホーホケキョ」と何回か鳴いてくれました。

それにしても、ペット霊園の裏山で鳴いているウグイスはお客様がいらっしゃると泣き始めますが、お客様のいないときはあまり鳴いたのを聞いたことがありません。
お客様のお迎えを歓迎して鳴いているのでしょうか。

ペット霊園の景色もお花で囲まれて、菜の花を始め、芝桜、ビオラ、パンジー、ノースポール、チューリップ、ハナカンザシ等のお花から樹木は、ハクモクレン、紫モクレン、クジャク椿、枝垂れモモ、ピンクの雪柳、白の雪柳が咲き始めて色々とお花自体が競っているようにも感じます。

ベンチも新設されこれからが本格的なお花の季節です。
どうぞこのお花で囲まれた八王子下柚木ペット霊園で心に残るペットのご葬儀をしてください。
お待ちしています。

バグ犬の葬儀と火葬 のぺーじへ。

相模原市から

ペット霊園-ホームページの写真と違うなぁ・・・。

八王子下柚木ペット霊園の近況をお知らせします。
毎日、最低気温がマイナスを示しています。この気温の低さに八王子下柚木ペット霊園のお花畑は見るも無残な状況になっています。

第2区画のパンジーは、寒さに凍えて葉っぱはダラッと垂れてしまいました。お花自体も殆んどがしもげています。

又、菜の花も塔が立って咲いているのもありますが、全体的に葉っぱが黄色くなり水分不足でないかと云う状態です。土は濡れていても水分不足なのは、きっと根の廻りが凍っていて水分を根が吸収できない状態になっているのだと思います。

日陰になる部分に植えてあるのは、皆この状態です。

本来、日に当たっていて発育しそうなお花の山のノースポールでさえ葉の状態は元気そうですが、茎が伸びずに小さく固まっています。
きっと、全体的に凄く寒いからでしょう。

そういえば、共同墓地の紅梅もまだ咲いていません。毎年1月末には咲いているのですが、今年は2月13日になってもまだ咲いていません。
蕾が大きくなってきているのですが、今日明日に咲くようなものではありません。後一週間か10日が必要でしょう。

今日のお客様に「ホームページの写真と全く違うな。」と言われてしまいました。
今の八王子下柚木ペット霊園は、お花で一杯の筈のペット霊園がお花が全くないペット霊園になってしまっています。申し訳ありません。

今週は、まだ寒いですから来週か20日過ぎになったら温かいビニールハウスの中で咲いているお花達を植えようと思っています。
もう少しの辛抱です。今は忍耐の日々です。

霊園管理をしっかりと。

今日、お客様から厳しいご指摘を頂きました。

「管理がしっかりしていない。」という内容でした。
私たちは霊園の整備や管理はしっかり行っていたと思っていたのですが、ご指摘の通りと反省しています。

ここに来て木枯らしが吹いて、八王子下柚木ペット霊園内が落ち葉だらけでした。ちょっと火葬が忙しすぎたのかもしれませんが、共同墓地の上も個別墓地の上も駐車場も落ち葉で一杯でした。
昨日、共同墓地に葉牡丹を植えて自己満足をしていたみたいです。
落ち葉の事は、毎年この時期には起こることなので、さほど気に掛けていなかったのです。

早速、本日夕方時間を割いて落ち葉の片付けをいたしました。霊園内は綺麗になりましたが、土手の上の方や、東側の斜面にはまだまだ落ち葉が一杯です。

今日の所は、取合えず霊園内だけの落ち葉片付けでしたがこれから又大きな風が吹くと本日と同じ状況になってしまうので、時間を作って東側斜面と土手の上の落ち葉の除去をしたいと思います。

思い出に残る葬儀はまず霊園の掃除から

◇いつも綺麗でありがとう◇。

今日は、「参拝客の皆様から」と云う題でコメントしたいと思います。

最近、参拝の皆様が増えていまして、平均2組ぐらいが来ているようです。その為に共同墓地や立体墓地のお花が絶えません。

参拝なさる皆様方が、自主的にお花を持ってきてくださって飾ってくれるからです。
今日もいらっしゃった方々から「今はお花が少ない季節なのに八王子下柚木ペット霊園はいつも来るたびに違うお花が咲いていてとてもうれしくなってしまいます。」とお褒めのお言葉を頂きました。

そして、「いつも綺麗でありがとう」と今日も言われました。その言葉は私達霊園の管理、運営をしている者にとってはとても励みになる言葉です。

そういう皆様方からお礼や励ましの言葉を頂くたびに他にはないようなお花一杯のペット動物霊園を造って行かなければと気持ちを新たにする今日の出来事でした。

ペット火葬までの知識

ペット火葬価格

予約手続き   電話0120-12-95-12  24時間予約受付
霊園までの地図

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前、丁度二股の所の右側です。

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ