ペット火葬の良い事、悪い事

ペット火葬キャッチコピー ペット火葬

ペット火葬中の良い事、悪い事がエピソードとして載っています

ペット火葬 >ペット火葬でのお役立ち>ペット火葬の良い事、悪い事。

選ばれている訳

お役立ちの専門ページ

必ず見て欲しいページ

ペット火葬の良い事悪い事が載っています。

日本猫の火葬に武蔵野市からいらっしゃいました。

「また死んでしまったので火葬をお願いします。」と言って電話が掛かってきました。

今回で3回目になる武蔵野市のお客様からの予約のお電話でした。お客様のご希望で11時30分の立会火葬でした。

しかし、お客様が予約時間を過ぎてもいらっしゃいません。
初回のお客様でしたら、ペット霊園の場所が分からなくて迷子になっている可能性が高いのですが、リピータの3回目のお客様ですからそんなことはありません。

お客様がお見えになったのは、丁度12時でした。
お客様のご自宅から三鷹駅までのバスと、八王子駅から南陽台までのバスが殆ど各駅停車みたいで凄く時間を食ってしまったそうです。

ここで、反省しました。
これから、お客様のお見えになる市の市役所から霊園までの車での必要時間とバスと電車での必要時間を各地区のページに書いておくことが必要だと思いました。

お客様も気がせいていたでしょう。
リピータのお客様でしたので、霊園に到着すると直ぐにご供養をして火葬炉に載せてお別れをして火葬炉に点火を見届けて貰ってから申込書を書いてもらいました。

この日本猫ちゃんは、お医者さんに連れて行って点滴を打って貰ったその夜に死んでしまったそうです。具合が悪かったので獣医さんに行って直して貰おうとしたのですが、逆に死亡してしまった事は誠に残念な事だったでしょう。

お客様も「5月に来たばかりなのに、又来るとは思っていませんでした。」と言っていましたが言葉の端端に残念さがにじみ出ていました。

火葬中は、霊園内を散策して前回貰ったペチニアが今は一杯咲き乱れているそうです。
今回も、ペチニアとキバナコスモスの種を持ち帰りました。

火葬したお骨には、殆ど悪い所はありませんでした。
唯、内臓に青いお薬の色がいっぱい付いていました。お客様も「お薬ばっかりだ。」と言っていました。昨日打って貰った点滴の色だと思ったのかもしれません。

今回もお骨の説明に良く耳を傾けて聞いていました。
特に、足の爪の下の指のお骨が尖がっていて爪みたいなので興味を持ったようです。

3.3寸の骨壷に綺麗にお骨が納まって一安心です。
今回の猫ちゃんは、大きかったので4寸になるかもと思っていた様子でしたが、家の中において置くにはこの3寸か3.3寸の大きさが手ごろで丁度良い感じだそうです。

お骨上げも上手くできて、晴れやかなお顔でお帰りになりました。
武蔵野市からわざわざ来て頂いて大変頭が下がります。こういうチョッと遠いお客様がリピータになっていただけるのは本当に有難いことです。

皆様のご期待に答えることが出来るように、なお一層お客様の気持ちを大切にするペット霊園にしてまいりますのでよろしくお願いします。
武蔵野市からのペット火葬

相模原市中央区からパスバレーフェレットの火葬で見えられました。

深夜に掛かってきた電話は
「フェレットの火葬お願いします。」「5年ぐらい前も火葬お願いしました。」という相模原市中央区からのリピータのお客様からの電話でした。

「以前もお骨を自分で拾う火葬をお願いしましたので、今回もその火葬でお願いします。」とお客様は立会火葬がご希望でした。

10時から江東区からの粉骨パウダーのお客様が入っているので、それが終って11時の時間に予約となりました。

本日、朝10時40分にお客様が到着しました。
どの位掛かりましたか?と聞くと「30分です。」「比較的早いですよ。」と言っていらっしゃいました。

お箱に入れて、上から毛布地のタオル見たいのを掛けて寝かせてありましたが、まるで眠っているみたいな安らかな寝顔でした。

受付をしながら、「5年ぐらい前だったと思うのですが、凄くよくして貰ってその時の印象が強烈だったので又お願いしました。」と嬉しいお話を聞くことが出来ました。

今回のフェレットちゃんの種類は、パスバレーと言う種類だそうです。

日本では主にアメリカのマーシャルファームやパスバレーファーム出身のスーパーフェレット(去勢手術・避妊手術・臭腺除去手術が済んでいるフェレット)が多く販売されています。
パスバレーフェレットは、中型。噛み癖多少あり。顔が比較的丸め。日本ではマーシャルに次いでポピュラーな種類だそうです。


礼拝所で、お葬式、火葬炉に載せて霊園で摘み取ったお花で一杯に飾ってお別れして点火を見届けた貰いました。

火葬したお骨は、チョッと赤みが掛かっていました。
特に心臓辺りのお骨が色が付いていて、そこが悪かったみたいでした。お客様も「突発性筋炎と言っていましたが、心臓に来てしったのですね。」とお骨を見て納得していらっしゃいました。

お骨上げも、足の指や尻尾のお骨を手の上に載せて良く見ていらっしゃいました。
大切なパスバレーフェレットちゃんの最後の姿を確りと胸に刻み込むように、お骨の説明にも一々身を乗り出して確りと確認しながら聞いていました。

未だ、8ヶ月と言う短い期間でしたが、一緒に暮らして、いっしょに楽しい時間を過ごした思い出を胸に仕舞い込む最後の時間なんでしょう。

2.5寸の骨壷に綺麗に入りましたが、このパスバレーフェレットちゃんの顎のお骨が頭から離れずに骨壷に一緒に入れることができました。

骨壺の中を覗き込むと、全くそのままのパスバレーフェレットちゃんのお顔がその中にはありました。珍しいですね。大体、顎のお骨は頭蓋骨から離れてしまうのですが、お客様の願いが通じたのかと思う程そのままの姿です。

お客さまは、しっかりと胸に抱いてお帰りになりましたが、その愛情の強さも感じることが出来ました。バスバレーフェレットちゃんのご冥福とお客様方のご健勝をお祈りいたします。

相模原市中央区から のぺーじへ。
フェレットの火葬 のぺーじへ。

文京区からカメの火葬にいらっしゃいました

文京区からミドリ亀の火葬に夫婦と男の子の3名で見えられました。

12時30頃に電話がありこれからも神宮から首都高に乗りますが、時間に遅れるかも知れないと電話がありました。

今日はゴールデンウイークの初日で高速道路の渋滞が報道されていましたから、キッと道路が込み合っているのだろうと想像していました。

今回は、ミドリ亀で小指位の大きさだと言っていましたから、火葬時間は少なくてすむのでなるべく早く来てくださいと言って電話を切りました。

通常なら1時間もあれば着くので、渋滞を心配して電話を掛けて来てくれtのだと思いました。
到着は15時丁度に霊園の前で止まりチョッと上に言ってからバックして戻って来ました。車高が低くしている車で、駐車場へ真っ直ぐ入れられず、斜め横に入れることにいたしました。

礼拝所に置いた亀ちゃんは全く小さな亀で「亀の火葬をしてくれる所がないので、こちらに来ました。」と言っていましたが、亀ちゃんは良く亀ちゃんを火葬している所でないと、滅茶苦茶に火葬されてしまいますからね。と言うと頷いていました。

お葬式を終了して火葬炉に載せて、お布団の周りにお花で綺麗に飾ってお別れして点火を見守りまいた。

火葬時間は10分間で、トレーに入れてお客様の前に。
「チッチャイ。」が第一声でした。

「頭のお骨が、凄く良く残っている。」と言う声も漏れてきました。
トレーで運ばれた亀ちゃんのお骨は、2センチぐらいの塊で、その前に頭のお骨が小さいですが、しっかりとあり、頭の天辺からお目目の所、お鼻と良く分かります。

甲羅は、綺麗に燃えてしまったのでしょうありませんでした。
本来、甲羅の下に隠れている背骨や前足、後ろ足がそのまま見える状態になっていました。

お客様も身を乗り出して感心をしていました。
「これだから、お客様が多いのね。」「分かったわ。」と言っていました。

2寸の骨壷に入れてお持ち帰りになりましたが、帰り際、「文京区は移動火葬で来て貰えますか。」と聞かれたのですが、時間があれば行けるのですが、多分出張する時間がないと思います。

こちらに、来てもらっての火葬になるかと思います。
と言うと、「やっぱりね。お客様がいっぱいだと遠くの出張はむりよね。」

お客様のために一生懸命遣りますので、来園してください。とお願いしてお帰りになるのをお見送りさせて頂きました。

本当に小さい5センチぐらいの亀ちゃんでしたが、綺麗に火葬が出来、お客様も喜んでお帰りになっていただきホッとしています。

お帰りになるお客様の帰りの安全と火葬した亀ちゃんのこれからのご冥福をお祈りいたします。

ここで火葬するの。チョット考えさせてください。

今日の、火葬で来園したお客様の一言です。
徒歩で歩いて霊園に遣ってまいりました。
車の場合は、霊園に到着するとすぐに分かるのですが、徒歩でいらっしゃった方は時々到着したのが分からない場合があります。

霊園に到着しました。
でも、誰も出てきません。何処で火葬するのかと見回すと、軽自動車に火葬炉らしきものを積んだのがあります。若しかするとここのこれで火葬・・・・・・?

ペット霊園ですから、施設も確りしていて火葬炉も固定炉だと思って来たのかもしれません。
でも、目の前にあるのは、車に積んだ火葬炉です。
思っていたのとは違ったみたいです。

そんな時に、霊園のスタッフがお客様の来園を気が付いて出てきました。
そこで、一番先に出た言葉が、「ここで火葬するの。チョット考えさせてください。」でした。

礼拝所で、流れなどの質問をされ来園したお客様の相談する時間を作って皆様で相談してどうするか決めて貰いました。

5〜6分経ってお客様がいらっしゃいました。「やっぱり、お願いします。」と言う結論でした。
如何して、どんな相談をしたかは分かりません。
他の霊園でもペットの火葬をしているお客様ですから「ここでしてみようか。」と言うことになったのかもしれません。

通常のお経を上げてお葬式、火葬炉に移して霊園のお花で一杯に飾ってお別れして点火を見届けました。

火葬中も火葬している所を見たりもしていました。火葬が終了してお骨を火葬炉から出すところもみていました。

火葬したお骨の説明で肩甲骨の下に腫瘍らしき1センチ一寸の大きさのこげ茶色の塊が見つかりました。急に痩せて来たと言うし茶黒い色の塊は腫瘍の特徴的なものです。

こんな説明をして、お骨の細かい説明をしてお骨上げが始まり綺麗にお骨が骨壺に入り、個別にカプセルに入れるお骨の選別も終って帰るときは始め来た時とうって変わってニコニコ顔でした。

きっとこの霊園が気に入ってくれたのだと思います。特に他の所で火葬した経験のある方でしたので他所と比較したのでしょう。それで気に入ってくれたのだと思います。

ニコニコ顔でお帰りになるときは霊園のお花を見て談笑していました。
種から作ったお花がいっぱい咲いているこの霊園を気に入ってくれた証拠だと思います。

いつまでもお花の咲いている霊園を作って参ります。
どうぞ、質素でも大衆料金で高サービスをしているこの霊園をご利用ください。

今日の極小動物はウズラと文鳥の火葬でした。横浜市鶴見区

今日のペットの火葬で極小動物はウズラと文鳥でした。
ウズラってペットなの。という疑問がありましたが、野生動物ではないのでたいじょうぶです。

大きさも手のひらを開いた位の大きさで、体重も300gという重さです。

リピータのお客様でしたが、以前はタクシーで来たので道を覚えていずに迷子になってしまったといっていました。大事なペットが死んでしまって気が動転しているのですからしょうがありませんね。

火葬してお骨を説明する段になってお腹のところに卵の白い塊まりがありました。最初は「これは何だ。」と皆さんで考えたのですが結局卵との結論になりました。

火葬した時の色は真っ白でなく少し茶色がかっていました。でもクチバシが頭蓋骨に確りとくっついて生前の姿のままでした。

次に火葬したのは、桜文鳥でした。
横浜の鶴見区からわざわざ来てくれました。遠かったでしょう。と声を掛けると「そうですね。」から始まりました。

創価学会の皆様で桜文鳥ちゃんは、紙袋に入れたお箱の中に数珠を体に巻いて寝かせてありました。ご供養は本尊を壇上において自分自身でお経を上げてご供養しました。

火葬炉では霊園のお花でいっぱいに飾ってお別れして点火を見届けました。

火葬したお骨は、全く体の形が変わってなくそのままお骨になった状態で、お客様も自然な形にビックリ。「ここまでそのままの形だとは思いませんでした。」
口ばしがそっくり付いた頭のお骨や背骨から翼がそのまま分かります。

お骨上げをしながら喉仏を発見。「本当に仏様の形をしていますね。」「21グラムの本当に小さい文鳥の火葬をこんなに綺麗にそのままの形で残してくれてここまで来た甲斐があります。」

こんな評価を頂きました。

インコや小鳥の火葬 のぺーじへ
横浜市から のぺーじへ

ペットの火葬をする時は、常に二人一組で行っています。

ペットの火葬をする時は常に二人一組で行うようにしています。こc
ペット霊園でのペット火葬やお宅に伺ってのペット火葬でも必ず二人一組を基本にペットの火葬をしています。
訳は、いざと言う場合に一人では対処出来ない場合に二人なら事故を未然に防ぐもあります。

又火葬炉に点火して炉内が安定しない時は、煙や臭いが出る場合があります。
その様なときに外で見張っているスタッフがその状況を火葬炉を担当しているスタッフにいち早く知らせる事が出来ます。

移動火葬の場合でも、常に火葬車に付いている事が出来ますので駐車違反にもなりません。

火葬したばかりの火葬炉を開けておく場合も事故防止にもなります。

お客様サービスの面からしても火葬やお骨上げのセレモニーの内容もグッとグレードアップして内容が違って来ます。

お客様の中には、以前他所で火葬した方がその時と比較して「こんなに丁寧にして貰えるのですか。」とワザワザ言葉に出してお礼を言ってくれる方もいます。

他の業者では出来ないサービス形態なのでしょう。
でも、これが私達が当初から行っているサービス形態なのです。今後も続けて参ります。

お客様を大切にしているペット霊園です。

「お客様を大切にしているペット霊園です。」と胸を張って云う事ができます。その訳はリピータのお客様の数や率がどんどん増えているからであります。

一度ご利用されたお客様が、2度3度とご利用いただいていますし、その数も毎年伸びていてこの火葬が一番少ない季節であっても今期は前期より年間になおして予測で10件もリビータ客の増加がデーターで示されています。

又、リピータ客からの紹介客や知人からの紹介回数も最近頓に増えています。
これは、私たちがお客様を大切にしている証拠だと思います。

又、ペット霊園へのお客様の来園数もやっぱり増えている感じがしています。埋葬の数も増えて飼い主様たちが埋葬されている大事なペットちゃん達に会いにくる回数も増えています。

又、「お花が綺麗なのでお花畑の状況を見に来ました。」と云ってくるお客様達もいらっしゃいます。その方々は当然ペットのお参りをして帰るのですが、私達にはそのようにおっしゃっています。

例年、冬の花が5月でお終いになり6月は夏のお花の開花前で一寸寂しいのですが、今年は冬のお花が遅かった為に夏と冬のお花が両方とも咲き競っていてとっても綺麗です。

特に、マツバ菊が霊園の駐車場の所に上から垂れ下がっていてそれに、ビンクのお花がいっぱいついているので本当に綺麗です。また虫取りナデシコが群れを作ってビンクのお花を咲かせています。

私たちの営業のコンセプトは「親切」「丁寧」「心を込めて」です。そして「安心の低価格、低料金」の料金設定ととあわせて「お客様を大切にするペット霊園。」として今後も遣ってまいります。

どうぞ変わらぬご利用をお願いいたします。

ペットの火葬中の出来事

ペットの火葬中にお客様の息子さん達と一緒にビオラの種取りを致しました。

火葬を開始してからの事です。
小さな息子さんが、ダンゴ虫を見つけました。

上の息子さんも加わり兄弟で凄いものを見つけたと言う感じで騒いでいます。礼拝所で休んでいた両親達も出てきて近くのベンチに移動しました。

今度は、両親の傍で駆け回っていました。この子達は自然が好きそうだったので、ビオラの種取りをしようかと誘いますとすぐにのってきました。

ビオラの種の説明をして、種取りの説明もしました。その後の保存方法の説明をしてから種取りを開始です。

初めは、オッカナびっくりでしたが、段々調子が出てきて種取りも進みました。
この種を持帰りますかとお母様に聞きますと種を貰ったらお婆ちゃんが大喜びでしょうね。

そんなことで子供達が摘み取った種を持ち帰る事にしました。

まだ若い種や弾けそうな種、開いて零れ落ちている種など色々とありますが。零れ落ちて始めている種を見つけると大喜びです。

ビオラも終わりの季節になり夏のお花達と入れ替えをするためにビオラの茎を抜きながら種取りですから子供達に取っては普段出来ない面白いこおとを2つもしているのですからたまりません。その上取った種はお婆ちゃんへのおみあげです。

柴犬の火葬は70分で終わりましたが、その間ビオラの種取りをして大喜びでした。
お骨上げも、その元気の良い子供達が主役で行われました。

お骨も綺麗に残りお腹の部分に癌があると言っていましたが、肺にも転移していました。お骨上げも綺麗に5寸の骨壷に入ってひと安心していました。

大事に骨壷を抱えて帰る奥様の姿が印象的でしたです。
お大事に・・・・。とお帰りになる車をお見送り致しました。

柴犬の火葬 のぺーじへ。

ペット火葬までの知識

ペット火葬価格

予約手続き   電話0120-12-95-12  24時間予約受付
霊園までの地図

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前、丁度二股の所の右側です。

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ