ペット火葬や当園に関するお知らせ事項がいっぱい載っています。

ペット火葬 ペット火葬でのお役立ち

ペット火葬や当園に関するお知らせ事項が22年11月からがいっぱい載っています。

ペット火葬 >ペット火葬でのお役立ち>ペット火葬や当園のお知らせ

お役立ちの専門ページ

メインカテゴリー

必ず見て欲しいページ

22年11月からのお知らせ事項が載っています。

お役立のページにアコーディオンを使って見やすくしました。

先週からホームページの内容を見やすくするためのページ作りを始めました。
色々な内容をホームページ内のブログに書き始めて12月でまる2年になります。

この間、今日のブログで717ページ目になります。
毎日1ページづつ作っていこうと思って実行していた結果です。

2011年12月前のブログのページもかなりありますが、これは以前niftyのブログを使って書いていたものの一部をこちらのブログに移したものです。

以前の記事で移したものは、大まかに云うと、長寿記録の記事や塔婆の納め式等が主なものです。

今回ブログの内容をhtml形式の通常のホームページに直して再掲載させて頂きました。
訳は、当園の「選ばれるわけ」やお値段が「格安な訳」「お褒めを頂いた内容」等をまとめた「選ばれるわけ 11」という内容の9ページになる内容です。

特にこのフォルダのトップになる「選ばれるわけ 11」は、色んなページにリンクされているので重要なページです。

このページを見てもらえれば、当園がどの様なペット霊園かすぐわかります。当園のお勧めポイントが箇条書きで乗っています。

そのページをまとめて見やすくするためにアコーディオンという手法を取り入れました。ひとつのページでも多いページはかなりの数の見出しがあり、アコーディオンですと一目瞭然に見出しがわかりますので、そこをクリックするとその内容が出てきますのでとても見やすいです。

今まで、色々な事をお知らせしたりするのが、ブログを使うことで簡単で便利でありましたが、これからブログで発表したことをある程度したらhtml形式のページに直して行こうと思っています。

直すときにある程度の監修をしますので間違えや同じような内容は一つにしてモット分かりやすく内容を整えるように出来ると思います。

こうすることによってより当園を知って貰う事が出来ると思いますし、皆様が知りたい情報を確りした形で載せることが出来ると思います。

今回は、「選ばれる訳 11の特徴」と題して9ページに渡り合計70のエピソードが載っています。
良い事も悪い事も書いてありますので、一度目を通してもらえればありがたいと思っています。
選ばれる訳 11の特徴

猫のページを新たに作りました。

猫ちゃんの種類別の専門のページを作りました。

今回作ったのは、
1.ロシアンブルー
2.アメリカンショートヘヤー猫
3.シャムネコ
4.スコティッシュフォールド
5.ペルシャ(チンチラ)猫
6.日本猫
7.三毛猫
8.大型猫

このページは、長寿猫ちゃんの紹介やブログに書かれた猫ちゃんの種類別の紹介ページです。
ブログの内容も多彩になりましたので、例えばロシアンブルー猫ちゃんで説明しますと。

ブログの内容をロシアンブルー猫ちゃんを調べたい時にこのページを見てもらえれば色々とロシアンブルー猫に関するブログの内容が載っています。

現在19種類の猫ちゃんの細かい内容が書かれたブログがありますが、逐次ホームページに専門のページを作っていきたいと思っています。

見てください。

ホームページに出発地点から当園までの所要時間とナビに依る案内を作りました。

ホームページに出発地点から始まるって八王子下柚木ペット霊園までの所要時間とナビに依る案内をを作りました。

パソコンで見ている方だけでなくスマホで見ている方もご利用できます。特にスマホの方はそのままナビになりますので、ある程度近くまで来たらナビを作動させて案内をしてもらえば完璧です。

これを利用してもらえれば、自動車のナビの場合の住所「八王子市下柚木1876-2」を打たないでも本当の住所「八王子市下柚木1874-1」で来園することが出来ます。

TOPページでもアクセスのページでも、「八王子下柚木ペット霊園までのと所要時間とナビ。」の所が青い太文字でアコーディオンになっていますのでそこをクリックするとgoogleマップによる道順が出てきますのでご利用ください。

●ご自宅から概ねの時間と来園ルート
googleマップによる道順。
1.「ルート乗換案内」の下
車で来園する人⇒「車のマーク」をクリック
バスと電車の人⇒「電車のマーク」をクリック
2.Aの所に出発する住所を入力して検索をクリック
3.ルート一覧が3つ出てきます。
ご希望のルートの所をクリックすると距離と現在の交通状況での所要時間が載っています。
右側の地図にそれぞれのルートが実線で表示されます。
4.電車とバスで来園する人は。
1.「目的地を追加 - オプションを表示」の下の箱の所を「到着時刻」に変える。
2.「予約の年月日」「予約時間」を入れる。
3.何時に出発してどの電車に乗ってくるか時刻表も出て参ります。
この様に出てきます。

嵐の中のペット霊園ー凄い風だったですね。23年9月16日

昨日からの台風18号の影響で大雨や凄い風が吹いています。

その中で、朝一番の移動火葬に出掛けました。
立川の栄町までの道中、台風の横風を受けて真っ直ぐに走るのが大変でした。横に乗っているスタッフが「どうしたの、車がフラフラしている気がするんだけど?」と怪訝な表情で言われました。

「横風を受けて真っ直ぐに走れないんだよ。」
「気を付けて、運転してね。」

こんな会話をしながら慎重に運転してお客様のもとに向かいました。
「今日の天気では、移動火葬で火葬は出来てもお骨上げが出来ないのでお客様に話してペット霊園で火葬してお届けする事にしよう。」と方針を決めてお客様のご自宅に到着しました。

お客様も理解してくれて、夕方のお届けとなりました。柴犬ちゃんを引き取ってペット霊園に向かいました。横風の状況は前と同じです。

ペット霊園の手前の竹藪の孟宗竹が南風で凄くしなっています。霊園に着くと「あれ、比較的静かです。」車を駐車場に入れてドアを開けると、ムッとする暖かい風が顔をなぜまわしました。

車を降りて良く見渡すと、このペット霊園は廻りの笹竹の中にスッポリはまっているようです。だから静かなのです。

でも、東側の林の木々は南風に煽られて、右へ左へと風にもて遊ばれています。下から見ているとこのペット霊園内と上に突き出ている東側の林とは別世界の有り様です。

霊園の東側の木々が風が強くなったのでしょう、先ほどよりドンドンしなって揺れ動いています。
もしかするとあのしなった枝が折れて落ちてきそうな気配です。

引き取って来た、柴犬ちゃんを霊園に置いてある小型の火葬車に移している最中に嫌な気配を感じました。あの枝が落ちてきたらここに置いてるこの大型の火葬車がその下敷きになる可能性もあります。

落ちても良いように、火葬車を霊園の下の時々止める場所へ一時移動することにいたしました。移動してからもう一度林の木々を見てみると、さっきより一層酷くなっていました。

夕方のニュースで分かってのですが、丁度11時チョッと前でしたので八王子で瞬間最大風速が31メートルになった時だったのです。

見ていて怖くなりました。
暫くして風も酷くなくなりましたので、先ほど引き取って来た柴犬8キロの火葬を始めましたが「霊園の上空を舞っている風の強さと怖さをしみじみ味わった気がした。」と思った次第です。

凄い瞬間最大風速の時は、霊園の百日紅が折れるかと思うほど右に左に振れましたが、お陰様で何もなく終わりました。

この様な、強い風の吹くのは、1年に一度あるか、ないかという強い風でした。
ペット霊園の木々が倒れることはありませんでしたが、キバナコスモスやホウセンカ、皇帝ダリア等が被害がありました。

特にキバナコスモスは、ねこそぎ倒れてしまているので明日からのそれを直す作業が心配です。もしかするとかなり切り取ってしまわなければならないかもしれません。

お昼過ぎからは、台風が通り過ぎて平常な状態になりました。
明日からお花たちをどの様に回復させるか頭の痛い所であります。

今回、凄い風が吹いても、上手い位置に立地しているために大きな被害がなかった事がとても有難いことだとしみじみ思った次第です。本当に良かったです。風って怖いですね。

本当に物騒ですね。今回は賽銭箱がこじ開けられました。

ペット霊園に来てすぐに分かりました。
共同墓地の所にあるお賽銭箱の掛け金がペンチか何かで捻じ曲げられて切られていました。

7月2日にもお賽銭が盗まれた。」と言う記事を書きましたが、今回も賽銭箱の掛け金をこじ開けてお賽銭を盗もうとした泥棒がいます。

丁度一ヶ月半でまたこのような犯行です。
たぶん同じ人ではないかと思いますが、酷いですね。

でも今回は、2箇所ある掛け金を壊して切ってしまってお賽銭を盗もうとしたのでしょうが、もう一つ秘密の仕掛けがしてあったのでお賽銭を取ることは出来なかったようです。

この秘密の仕掛けは教えるわけには、行きませんがもうお賽銭ドロボーなんでこないだろうと思いながらも、掛け金が壊されたら如何しようと思ってもう一つ秘密の仕掛けをしていたことが効を奏したのだと思います。

今回も、南大沢警察署の南陽台駐在所の警官の方がすぐ来てくれて被害届けを作ってくれました。今回のお巡りさんは以前の駐在さんと4月に交代したばかりだと言っていました。

着任してまだ日が浅いですが、気さくな親しみやすいお巡りさんでした。
最近起こった私たちの霊園の業務妨害行為や受けた被害についてもよく効いていってくれました。

この様な犯罪は、何回も繰り返すと言っていましたので、またあるかも知れません。
南陽台駐在さんも巡回をなるべく細かくしてくれると言っていました。

この様な犯罪が多発すると本当に物騒ですね。
早く犯人が捕まることを願っています。
23年8月16日

リピーターとその紹介客の増加に支えられた半年でした。

本日で、株式会社マイランドの第24期の第二四半期が終了です。

昨年の急成長の面影は消えて、売り上げ的には若干下回ってしまいました。前年対比で売上が下回ったのは、ペット霊園の事業を始めてから初めての事です。

昨年の4月にペンギンアップデートが始まり、昨年の12月にはホームページの統合を余儀なくされました。

その為、11月に2万回のアクセス数を達成したのですが、第24期が始まった2月にはホームページのアクセス数で1万2千回までダウンを致しました。

この影響で、2月には大幅な売上ダウンに陥りましたが、その後は前年を下回ってはいますが若干のダウンでした。

いつも売上が下がる6月は、昨年を上回る成績でした。

昨年までの順調な売上の延びは、インターネットに寄る集客が効を奏していると思いますが、ここに来てそれに変わる変化が起きています。

それは、リピーター客とその紹介客に寄る売上高の増加です。
因みに、インターネットでの来客数が下がっている代わりにリピーター客や紹介客の増加が目立っています。

この現象は、私達がペット霊園事業を計画した時に将来展望として「こうなったらいいね。」と望んでいたものです。

基本的に、ペット霊園の経営を安定させるためには、既存のお客様のリピーター率の向上とその紹介客に寄る集客で固定費が賄ってくれれば経営は凄く安定します。

その「こうなればいいね。」がドンドンその方向に向かって達成されて来ています。このペット霊園事業は、基本的に「待ち」の事業です。

積極的な営業活動は、控えながらペットにもしもの場合があったときに、八王子下柚木ペット霊園の存在を頭の中に思い浮かべていただかなければ、ならないのです。

17年10月に開業以来、お客様の為になるペット火葬に取り組んで参りました。お陰様で火葬した数も7月末現在5791件になります。

その皆様に誠意を尽くして火葬させて頂きましたので、リピーターになってくれる方々が増えていると思われます。アップ率も昨年の1.7%、一昨年の3.3%と比べ今年は7.0%と格段のリピーターのアップ率になっています。

未だ、半年ですから分かりませんが、今の勢いで行くとリピータの火葬数も昨年対比30%増にもなる予想が出来ます。

お陰様で今年の10月で満8年を迎え9年目に突入します。
これからも、お客様に愛されるペット霊園として研鑚努力を積んで参りますので、よろしくごひいきの程お願いいたします。
23年7月31日

最近、火葬炉や車の故障が続いていますが慎重に乗り越えています。

最近の火葬炉や車の故障が続いています。
それも、土日に多く起こります。これはどうしてなのでしょうね。

最近の例では、大型火葬車の強制空気注入用の扇風機の止めてあるクランプの連結の部分の部材が抜けてしまって、火葬中扇風機が落ちてしまいました。

又、灯油の一次燃焼室へ送り込みパイプが緩んでしまいました。
このパイプがゆるんでしまうと空気が入ってしまって火葬炉に燃料がいかなくなります。

そして、この大型火葬車のパワーハンドルのファンベルトが切れてしまいました。その時運転していたスタッフはファンベルトが切れた時の音をこう表現しています。

「バチ。」「シュルシュル。」「ガガガ。」と凄い音がしてハンドルが急に重たくなったそうです。

又小型の火葬車のクーラーが行きなり使えなくなりました。朝ペット霊園へ行く途中にクーラーの風が行きなり涼しくなくなりました。

クーラーを止めて暫くしてしてから入れても変わりません。仕方なくそのままにしておきましたら、急にクーラーから涼しい風が出てきました。

でも長続きしません。
今の時期に、クーラーが使えないとたまりません。火葬した火照った体を冷すことも出来ないからです。

これはオーバーヒートらしいです。そう言えばラジエターのファンベルトも切れてしまいバッテリーのマークが赤く点いてしまいました。

大型火葬車に備え付けてあった消火器から行きなり噴射して火葬炉の運転室を粉だらけにmなってしまったこともありました。

この7月は、このような故障が多発した1ヶ月でしたが、お客様に迷惑が掛からなかったこととその故障を慎重に対処して大事に至らなかった事です。

こういふうに悪いことが続くもんなのですね。
ビックリドキドキの連続でした。

こういう時程、スタッフ一同が気持ちを会わせていたから乗り越える事が出来たと思います。これからも、色々と緊急事態が発生するかも知れませんが、力を合わせて乗り気って参りたいと思ています。

物騒ですね、皆さん注意しましょう。お賽銭が盗まれました。

皆さん注意してください。
お賽銭が盗まれました。以前もお賽銭を盗む人がいました。その時は、お線香を使ったらその代金を入れる壷を置いてありました。

その壷の中にある現金が盗まれました。今回は前回の事があったので、お賽銭箱を注文して作って貰って共同墓地の御影石に頑丈に張り付けて置きました。

その賽銭箱の鍵の掛け金を壊して、賽銭箱を開けて中にある現金を盗んで行ったものです。

このペット霊園でこういう被害に6回合っています。
賽銭泥棒が2回、防犯カメラの線の切断が1回、コンテナハウスを鉄の棒みたいなもので10ヵ所位傷つけられたのが1回、そしてコンクリート廃材や残土を捨てて逃げたのが2回です。

こういう窃盗や不法行為には立ち向かわなければなりません。被害の度に南大沢警察署に被害届を提出しています。

今回も、下柚木交番のお巡りさんがすぐに来てくれて現地確認と被害届を作成してくれました。

物騒ですよね。
この回りでは、窃盗や不法行為が頻発に発生しています。
下柚木交番のお巡りさんも捜査課に報告して自分自身もチョクチョク巡回してくれると言っていました。

心強いですね。
下柚木交番のお巡りさんと南陽台駐在所のお巡りさんが代わる代わるに巡回して不審者の捜査に当たってくれるというのですから。

南陽台駐在所のお巡りさんは、不法投棄があってから良く巡回してくれていますし、その巡回報告もいただています。犯人は事件毎に違うかもしれません。

でも、一度やった犯人は必ず同じことを近くで繰り返すとも言っていました。
犯人は徐々に追い詰められて行くことでしょう。

そして、犯人が逮捕される日がくることを願っています。
今回の賽銭泥棒は、金額的には少ないものですが、こういう法を犯して善良な市民や企業に被害を与える行為は許されるものではありません。

犯人が二度と法を犯すような行為を改めてくれることを望むと同時に警察の力で治安の回復を諮ってくれることを望むものであります。
23年7月2日

菊畑を作るために耕運機を購入致しました。

耕運機を購入いたしました。
ペット霊園の敷地から長沼公園のに向っての300メートル位所に50坪の土地を依然購入しました。

この土地は、ペットの火葬場の予定地です。
現在は、大型火葬車の駐車場として使っています。

この土地の廻りが新しい地主さんによって色々と畑等が作られてきました。
2年位前にペット霊園の駐車場の拡張とトイレの水洗化、門扉の設置をした時に良質な土が出ましたので、その土をこの土地に持ってきました。

そして、ユンボで少し下まで掘起して畑にすることが出来るように致しましたが、中々忙しかったりして畑にすることが出来ないでいました。

そこで、丁度良い耕運機を見つけましたので、それを購入して本格的にこの土地の1/3を畑にすることに致しました。

予定では、菊畑にするつもりです。
耕運機は購入したのですが、それをおいて置く所を作ってから畑の作業を行いたいと思います。

南東の角に小さなアングルと波板で作った物置がありますので、その物置を改修して耕運機の置き場にしたいと思います。

この場所は、以前残土やコンクリートの塊を不法投棄されて大変な思いを致しました。
それ以来、ワイアーロープで柵をして必ず鍵を掛けておくことに致しました。

耕運機をこの土地に普通において置いたら、不法投棄をした族に耕運機を悪戯されたりするかもしれませんので、頑丈な物置を作ることに致しました。

扉も、壁も鉄板で作るつもりです。
でも、鉄板を購入することはチョッと大変です。何故なら小さい寸法の鉄板って売っていないのです。

最低でも2x8サイズ(60cm×240cm)ですので、ペットの火葬車にははいりません。
それに重たいので実は困っています。

ホームセンターで寸法を指定して購入できればペットの火葬車に入って霊園に持ってくることが出来ます。

この土地には、電気が通っていますので鉄板さえ持ってこられれば現在アングルで出来ている骨組みに溶接してすぐに出来ます。

小屋が出来てから耕運機を搬入して、畑を作りたいと思っています。
下のペット霊園でも、昨年から菊の挿し木を始めました。5月になると菊を切り戻しをするのでその切った茎を挿して挿し木を致します。

7月の後半にもう一度切戻しをする予定ですので、その時点で耕運機で耕した畑に菊を挿し木できればと思っています。

菊のお花がいっぱい咲いてくれると、切花に最適です。
ペット霊園のサービスがより向上するでしょう。菊のお花がいっぱい咲いている光景を頭に浮かべていますが、現在は雑草が生えています。

この雑草を退治してから、菊畑ができるのでこの間何回も耕運機を掛けて雑草を根こそぎ退治したいと思っています。
きっと綺麗な菊畑が出来るように努力したいと思っています。
23年5月2日

お陰様で23期の決算を税務署に提出いたしました。

今年も23期の決算を税務署に提出することが出来ました。
23期は絶好調の決算になりました。

私達の会社は「自分たちでできる事は自分たちでする。」と言う事を基本にしていますので、当然会社の決算処理も税務処理や申告も自分たちでやります。

今回も、限られた日数の中でこなさなければならない状況でした。
会社の毎日の経費処理や入金は毎日行うことを基本にしています。その為毎日の試算表も数字がキチッとあっています。

そのお陰で決算処理もスムーズに行きました。
何せ通常業務をして、休みの水曜日だけで決算処理などをするのですからその前の作業が確りできていないと限られた日数では終わりません。

1月31日に営業年度が終了しますが、その時点で日記帳の貸借は完全に一致していました。2月に入ってからは個人の確定申告の業務をしなければなりませんので、2月いっぱいはその個人の確定申告で時間を費やしました。

3月に入ってから決算の種訳や消費税の非課税、不課税の処理や振り替えを行って科目内訳や別表計算、消費税、都民税、市民税の計算をして3月29日に提出することができました。

決算書と申告書の提出後に今回の申告書の作成で同じ作業を何回かしたので、それを一回で済むように計算ソフトを修正をさせて頂きました。

これで次の24期の税務署への申告も今年以上に楽に行われることと思います。
23年3月29日

一日中凄い風が吹いていましたね。確定申告を提出いたしました。

毎年恒例の行事である、確定申告の提出の締切が3月15日ですが、今年こそは早めに提出しようと思っていました。予定では3月の6日に提出予定でしたが、一週間遅れの本日3月13日に提出をさせて頂きました。

朝から気が付いていたのですが、風の勢いの凄い事、凄い事。
午後になって提出をしに、青梅税務署に行ったのですが、そこに行くのに風の強さでビックリしました。

玄関を出ると、ビュービューと風が音を上げて吹きまくっています。
空も、茶色い土ぼこりが舞い上がって一面に茶色くなっています。

こんな事は、最近無かった事です。昔私が子供だった頃に立川の砂川や青梅市の新町を通ると冬は土煙で一面の空が真っ茶色になっているのを覚えています。

今日はそんな感じでした。
自宅から車に乗って河辺町の青梅税務署に行くまでの道で、畑があると土が乾いて横殴りの風に煽られて土が飛んでいます。

花粉症の方が多いですが、この土ボコリも何か花粉も混ざっているような不気味な状況に感じました。
そして、税務署に到着すると車の列がずっと続いていました。確定申告を提出する車の列です。

最後尾に並ぶのが、嫌だったので知り合いの所に止めてもらってそこから歩いて税務署までいきました。ほんの5分程度でしたが車の渋滞を横目にして歩いていると何か特をしたような気分です。

皆さん、私と一緒だと思いますが、早く提出しようと思っていてもイザ提出をする段になるとどうしてもギリギリ一杯になってしまうのでしょう。

でも、今日は13日ですから15日までには2日余裕がありますが、15日はもっと込み合うんでしょうね。
税務署自体でも、提出窓口に10メートル位の列が出来ていました。

職員の方も署内の交通整理と受付にオオワラワ見たいでした。
毎年ですが、確定申告の提出が終ってほっとしています。でもこれからが本番の会社の決算が待っています。

もう、日記帳や現金、預金の残があっていますので、これから纏めて明細書の作成と申告書や消費税の計算になります。

今年も、決算も自分の手で行いますので、3月29日に提出できるように頑張りたいと思います。
23年3月13日

毎日のブログ記事をペット毎にまとめました。

毎日書いているブログをペット毎にまとめた方が見やすいのではと思いまして、現在作成中のhttp://www.m1122.com/pet/ のペット毎の専門コーナーにまとめてみました。

現在、猫、兎、フェレット、カメ、インコ、ハムスターのページには今までブログに書いたものを、文頭の内容だけが見れるようにまとめて、その中をじっくり見たい人は「続きを読む」の所をクリックすれば読んでいけるようにいたしました。

毎日、お客様の質問や皆様からの一言などが書いてありますので、そのペットの火葬や長生きなどを知りたかったら見てください。

きっと、ためになると思います。

また、犬については現在アメリカンコッカスバニュエル、秋田犬、ビーグル、バーニーズ・マウンテンドックの4種類についてはページを立ち上げ、ブログ記事も犬種毎にまとめてみました。

今後、数をどんどん増やしてまいりますが、ペットの専門のコーナーを見ていただき参考にしてください。

また、ペットの種類だけではなく、地域のことも書いてありますので、それも各地域のページにブログのコーナーも作りたいと思っています。

今日が期末です。
今日で株式会社マイランドの23期の売り上げや利益が確定したしますが、売り上げ的には前年対比で5.7%アップでした。

お客様の一人一人に感謝の気持ちを伝えたいと思います。
社会情勢は厳しい環境ですが、少しでも前年と比べて伸びてくれれば良いと思っていましたので何故か「ホット。」しています。

本来の目標的にチョッと及ばなかったのですが、欲を言ってはいけません。
でも、少しでもアップさせようと言う気持ちがなければ企業は成り立ちません。

来年度の目標をしっかりと持ってこれからも、お客様に必要とされるペット霊園を目指してやってまいりますので、よろしくお願いします。

お客様サービスで大型火葬車の収納部分を増やしました。

11月に大型火葬車の修理に行ってきましたが、忙しさの余り折角取り除いた灯油タンクの後がそのままになっていました。

早くそこを使って収納スペースを増やしたいと思っていましたが中々出来ませんでした。
ここでチョッと時間が出来ましたので、そこの改修に取り組みました。

棚を三段増やしてそこにコンテナや棺を置いて、ペットちゃんの引き取りの時にそこに収納しようと思っています。

以前から材料は購入してあったのでそれを取り出して組立に入りました。以前作った棚の所に取り付けるので、狭くてビスを取り付けるのが大変でした。

上の方は未だしも、下の方になると寝転がっての作業なので作業服も泥だらけです。狭くて手が届かずやっとの思いで組み立てる事が出来ました。

組立終わって、扇風機の置く場所がないことに気が付きました。
そこで以前から秘策を練っていた火葬炉に扇風機の取り付けをすることにしました。

でも、すぐには出来ません材料を揃えて良く考えてから行いたいと思いました。

これで、お客様サービスが向上するはずです。これからもお客様サービスの向上を目指してやって参ります。

大きめの猫ちゃん用3.3寸の骨壷を用意しました。

猫ちゃんの収骨で一番欲しかったのが、3寸と4寸の骨壷の間の骨壷でした。
今回待望のその中間の3.3寸の骨壷を用意する事が出来ました。

最近、大きめの猫ちゃんが増えています。
その際、今までの3寸の骨壷では小さすぎますので、どうしても4寸の骨壷になってしまいます。

でも、この4寸の骨壷は大きすぎて家において置くには余りに存在感がありすぎます。ですから3寸と4寸の中間の骨壷を探していました。

丁度そこに、DMがきましたので開いてみると葬儀関係の問屋さんからの資料が載っていました。
私たちは仕入先を固定しているので、他からのDMには余り興味を示さないのですが、今回は骨壺の資料がありましたので見てみると、何と3.3寸の骨壷がありました。

骨壺と覆い袋の関係が3.3寸の骨壷で霊園に在庫している覆い袋に入るのか、駄目なのかはっきりしなかったので、ためしに20個程取って見ました。

本日初めての仕様でしたが、チョッと大きめのアメリカンショートヘヤ-の猫でしたが、丁度上手く入り少し余裕がありました。

これは良いと言う事になりました。
お客様の満足の様子です。4寸では大きすぎますが、3寸で入らなかったから今まで使っていましたが、この骨壷でお客様の家において置くにはちょうどいい大きさの骨壷が揃ったと思います。

この骨壷の良い所は、今までの在庫の3寸の覆い袋が全て使えると言う事です。今回ためしに20ヶ仕入れましたが、在庫の袋が使えるので安心して皆様にお勧めできることになしました。

これからは、この骨壷の需要が高まると思いますので、皆様にお知らせいたします。

国分寺の取次店が変りましたのでお知らせします。

国分寺の取次店が変りましたので、お知らせします。

今日、お客様から国分寺の取次店の電話が出ないと言うお叱りの電話がありました。
近くだからそこに行って相談したいと言う事でした。

変更した取次店を差し替えるのを忘れていました。申し訳ありません。

国分寺の新たな取次店は

株式会社 陽プランニング 

国分寺市東恋ヶ窪6-8-11
042-401-0556 
担当 杉田春夫さん

出会いを大切に 「丁寧な仕事で。」 みんなの町の不動産屋   をキャッチフレーズにしています。
よろしくお願いします。

このお客様は、直接私どもに相談して内容をまとめました。
「自宅に来て貰って火葬してお骨を返してほしい。」と言う内容が取りまとめた結果でした。
「皆さんお骨の処分は如何していますか?」との質問もありました。

「霊園の共同墓地への埋葬をする方もいますし、ご自宅の庭に埋葬する方もいらっしゃいます。」
「自宅において置くのが一番多い見たいです。」と答えておきました。

お客様は移動火葬で粉骨パウダーをお選びになりました。粉骨したお骨を後日自宅に埋葬する予定だそうです。

大型火葬車の修理が終了しました。

社を出発して、LPGガスの給油の為に浜松で一旦東名高速を降りましたが11時22分に着くことができました。

約7時間掛かりましたが予定どうりの到着でした。
LPGガスのステーションが高速道路に一ヶ所しかないということに驚きました。

(有)オールペットさんでも翌日のお昼には修理を終了してくれるという約束でしたので、到着するや否や、早速修理に掛かってくれました。

大型のホークリフトで火葬炉の受台を持上げて取り外し火葬炉の修理に取りかかりました。
私達が所有する725型の火葬炉は、あるメーカーが作った一番初期の火葬炉だそうで色々不具合がありましたがそれをひとつずつ治してくれました。

今回の一番の問題は、火葬炉から煙が漏れて来ることでした。
その煙は外の扉と内部の仕切りで外には漏れませんでしたが、間仕切りの内部が煙に因って変色してしまい、その度々ペンキで補修をする必要がありました。

今回は、完全に煙の漏れをなくして、内部の仕切りを開閉出来るようにすることと、灯油漏れのする灯油タンクを取り替えて、タンクの位置の変更とタンクの上に棚を作る事もお願い致しました。

私は、夜には宿泊先のホテルに帰らせて頂きましたが、職人さんは夜になると倍の人数に増員して作業をしてくれました。

翌日、ホテルを9時に出発して9時25分に到着して作業を見守りました。
煙漏れの修理完了の燃焼実験もタイヤを高温で燃やして煙突から黒煙を出しその状況で空気を扇風機を最高速で回して強制的に空気を入れる事に依って、黒煙の解消をしてその風圧で漏れて来るかどうかを実験しました。

黒煙も消え、火葬炉からの煙の漏れも起こりませんでした。最後にペンキを塗り仕上げをして貰ってお弁当を一緒に食べて13時41分帰途につきました。

帰りも順調で7時間30分のドライブでした。
22年11月22日

防犯用のサーチライトを取り付けました。

防犯用のサーチライトを取り付けました。

最近、余り好ましくないことが時々起きています。その為警察のご指導を頂きながら出来るだけの防犯対策をしています。

一番困ったのは、長沼公園下の火葬場予定地に残土を4トン車2台分捨てられた事です。又、防犯カメラの線をペンチみたいなもので切れました。夜間照明のキャプタイアを切断もされました。

この様な事が続いていますので、警察の方も巡回をして貰っています。

最近も夜間照明のの線をを鋭利なもので切断されましたので霊園の敷地に入るとパッと照明がつき他の防犯用具が効果を発揮できるようにサーチライトを取り付けました。

取り付け作業後、前の道路を車で通ってみるとセンサーが働いてしまい霊園の中だけ反応するようにするのはチョッと大変でしたが何とか上手く調整ができました。

今のセンサーって感度が良いですね。驚きました。

このサーチライトは、防犯だけでなく私達が夜霊園から帰る時に全部の電気を切っても外に出ると照明が点くので非常に便利です。

又お客様がお参りに夜間来たときにもつきますので暗い思いをしないで済みます。

でも、基本的には防犯用具ですから余り使わない方が良いのでしょう。
霊園にお参りに夜間来たときに驚かないで下さい。

ペット火葬までの知識

ペット火葬価格

予約手続き   電話0120-12-95-12  24時間予約受付
霊園までの地図

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前、丁度二股の所の右側です。

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ