ペット霊園をお花でいっぱいにするための努力。

ペット火葬キャッチコピー ペット火葬

お花のペット霊園をいつもお花でいっぱいにするためのペット霊園のお花の状況が載っています。

ペット火葬 >ペット火葬でのお役立ち>お花の霊園の環境

選ばれている訳

お役立ちの専門ページ

必ず見て欲しいページ

ペット霊園のお花だよりです。

夕方のペット火葬は虫の鳴き声の中でした。

夕方18時からの猫ちゃんの火葬は、虫の鳴き声がいっぱいでした。

ペット霊園のお花畑は台風の影響をやっぱりかなり受けました。お花も40%位が駄目になってしまったような気がします。

その中で、夕方の火葬でビックリするような光景に遭いました。それは霊園の中に住んでいる虫たちがそれぞれの羽を鳴らして合唱をしているではないですか。

特に、こうろぎがいっぱいです。
他の虫たちもいるのでしょうが、こうろぎの鳴き声が他の虫を圧倒しています。

他の虫たちの鳴き声をかき消しているようです。
ペット霊園の火葬炉の音も霊園の駐車場の真ん中に立ってみると全く聞こえません。

僅か3メートルしか離れていないのですが、こうろぎの鳴き声に掻き消されてしまっています。
お客様たちは、部屋の中にいるのでこのこうろぎの鳴き声を聞いてはいないでしょうが、外に出てみるとすぐに分かります。

その中での猫ちゃんの立会火葬でした。
雑種猫だと言っていましたが、キジトラ猫の色合いの綺麗な猫ちゃんでした。

残念ながら、「1歳で白血病でなくなってしまいました。」と言っていましたが、とても可愛い4キロの猫ちゃんでした。

火葬炉にお花でいっぱいに飾ってお別れして点火を見届けてもらいました。
それから、40分で火葬は終了しましたが、火葬した後のお骨は4キロの猫ちゃんの割には小さなお骨でした。

お客様の前にトレーに載せて、火葬炉に入れたままの姿でお持ちすると、「小さいですね。」と皆さんおっしゃっていました。

白血病でしたので、おいしいものをいっぱい食べていたのでしょう。
普通より大きめの猫ちゃんでしたから、もっとお骨も大きいのだと思っていたのでしょう。

火葬炉に入れる前の猫ちゃんを比べればやっぱり小さく感じます。
お骨自体も細めのお骨でした。でも尻尾のお骨が綺麗に並んでいるのがすぐに分かりました。

白血病ですから、お骨自体は真っ白でとても綺麗でしたが、お薬を飲んでいたのでしょうか、注射でしょうか、しっかりとお薬の青い色が背骨のところに付いていました。

お骨上げも終わり、お帰りになるときに猫ちゃんの火葬をこうろぎちゃんがいっぱい合唱して見送ってくれていました。チョッと耳を済ませてください。と言うと。「ほんと。大合唱ですね。」と笑顔で答えてくれました。

お客様たちの笑顔には、思い通りの火葬が出来て、満足していたようすが伺われます。
「有難うございました。」と皆様でご挨拶をいただき、お帰りになりました。

それにしても、こうろきの鳴き声のすばらしいこと、最高です。
本当に秋ですね。

ボタンの花が咲き始めました。

ペット霊園に4本のボタンが植わっていますが、今日もう一本植えました。

今は、ボタンのお花がいっぱい咲き始めました。
凄いきれいですね。圧巻です。

やっぱりボタンの右に出るお花はないですね。

先日、ブログに書きましたが、蕾が31ヶありますがそのうち7つぐらいが咲き始めました。
如何なんでしょう。

お花は順繰りに咲いてくれれば良いのですが。
一編に咲いてしまったら勿体ないですね。

第8区画に植えてある中央通路の方のぼたんです。と簿身が10ヶありました。そのうちの3つが裂いています。


第3区画に植えてあります。やはり蕾が10ヶありました。そのうちの5つが咲いています。


共同墓地の所にに植えてあります。蕾が4ヶありました。そのうちの2つが咲いています。
このぼたんは、今まで咲かなくて困っていました。今回咲いてくれて大変うれしいです。


ぼたんの咲いている季節はほんのわずかですが、凄いですね。
本日2期咲きのぼたんを第3区画に植えました。長い目で育てたいと思います。

ペット霊園のぼたんが31ヶの花芽を持っています。

八王子下柚木ぺっと霊園には、ぼたんの木が4本あります。
毎年、どの位のお花が咲いてくれるか楽しみにしていますが、今年はぼたんの花芽が合計で31ヶもついています。

やっぱり大きいお花は凄いですよね。
ペット霊園のお花で大きいお花が咲くのがぼたんと皇帝ダリアです。

中でも、色合いや大きさ、質から言ってもボタンでしょう。少し前から気になっていたのですが、何個ぐらいのお花が咲くのかをチョッと数えてみました。

火葬炉の一番近くの第8区画の南側に植わっているぼたんが7ヶ、同じ第8区画のチョッと北側のぼたんが10ヶ、第3区画の北側のぼたんが10ヶ、そして共同墓地の手前の塔婆立ての前にあるぼたんが4ヶの計31ヶです。

第8区画のぼたんは前から大輪のお花を咲かせてくれていたのですが、もう大きく2.5センチ位に大きくなっています。この8区画の17ヶのぼたんのお花は火葬する人たちの火葬炉に入れてやることだと思っています。

又、共同墓地の前のぼたんが4ヶの蕾を持っていますが、今までこのぼたんは咲いたためしがありません。いつもいつかは咲くだろうと思って、思ってやっと今年咲きそうだと言う事でこのぼたんは共同墓地に来た人たちに優しく語りかけてくれることだと思います。

最後に第3区画の10ヶのぼたんは霊園西側道路からも見えますので、前を通る人、霊園に参拝に来る人に一番目立ちますのできっと皆様の心を癒してくれることでしょう。

こうして、今年は31ヶのぼたんが咲きそうな気配がしています。
この調子なら5月の連休位には咲いていることだと思います。5月のペット霊園のお花は凄く綺麗だと思います。

ビオラ、パンジーが最盛期で、芝桜もまだまだ健在でしょう。
そして、今年冬越しが上手くいってもうお花が咲いているペチニアのお花のお山やキンセンカが真っ盛りです。そしてツツジが咲くのですがら何と表現していいか分からない程綺麗な八王子下柚木ペット霊園の表情です。

ぼたんはお花の王様です。
是非、この時期に参拝やお花見学に来てください。お待ちしています。

お花がいっぱいっていいですねえ。

本日の火葬中、待っている時に言われました。
柴犬の立会火葬と共同墓地への立会埋葬のお客様です。

本日は、朝のうち寒くて暖房を入れるようでしたが午後になり日差しが出てくると外にいても清々しい気候です。

少し風がありましたが、その風も気持ち良く感じました。

霊園のお花の説明をしながら日向ぼっこです。第2区画の所に菜の花の種を蒔きその苗が少し生長して大きくなって黄緑色がとてもきれいです。

お花のお山のペチニアやサフィニアが台風の影響で蔓が風にあおられておかしくなってしまった。
そこで切り戻しをしましたのでお花がなくなってしまいましたが、新たな新芽が少しずつ大きくなりお花が少しずつ咲き始めました。

またサルビアやインバチェンス、コスモスがまだまだ頑張っています。

そんな霊園のお花の状況ですが霊園いっぱいにお花たちが咲いています。
その状況を見て「お花がいっぱいでいいですね。」と言ったのでしょう。

四季折々にいろんなお花が咲き始め、競いあいます。11月に入ると菊や山茶花、皇帝ダリアが皆様の目を楽しませてくれる事でしょう。

共同墓地への埋葬の時も少し前に植えたパンジーの黄色に目が行ったみたいで目を細めていました。

「八王子の中でもこんな良いところがあるんですね。自然もあるし霊園はお花がいっぱいだし。」「それに近いのが何よりですね。」とも言っていました。

私共も、お客様のこの様なありがたい言葉に支えられながらより良いペット霊園の環境整備に励みたいと思っています。

お花のお山いっぱい咲きそろい綺麗になりました。

当園の中央通路の所に昨年の秋に作ったお花の山も昨年の冬はノースポールを植えて見ましたが余りパッとしないで唯、木の枠に囲まれた四角すいの塊でした。

今年の5月から9月に満杯にするように計画を立ててペチニアとサフィニアそして日陰になる北側にはインバチェンスを植えました。


サフィニアやペチニアは、雨に弱いので梅雨時や大雨の時が心配でしたが段々生長して根のはりかたも上手くいきました。

一番上には、細長い鉢に植えたサフィニアを置いてより高さを出すことに致しました。

切り戻しも少ない所で1回、多いところではなるべく枝分かれをするように回数は数え切れないほどチョクチョク行いました。

切り戻しをした小枝は、新に挿し木をして増やしています。この挿し木については、上手く行く場合と駄目な場合もあり今後の研究の課題だと思います。

お陰さまで、計画通りお花のお山が満開になり来園するお客様から「綺麗ね。」と賞賛されるようになりましたのでご案内した次第です。

ペットの火葬でお花を持って来てくれたのですか。

お客様のお宅に伺ってのペットの火葬で「お花を持ってきてくれて有難うございます。」と言われる事がシバシバあります。
お客様は、自分の大事なペットの死亡で頭がいっぱいで余裕がありません。

この暑さですから、保冷をして腐らないようにするのが精一杯でしょう。
そんな中で、亡くなったペットちゃんをダンボールの中に入れて氷で冷やしてお線香を上げてと色々と準備でいっぱいです。

そのような時に、火葬するときに一緒に飾ってやるお花を用意する事は忘れてしまう飼い主の方々が多くいらっしゃいます。霊園から摘み取ってきました。と言ってお花を持参してそのお花で飾ってやるとお花の準備を忘れたお客様は実に喜びます。

ペット霊園は今花盛りです。
ムクゲやノウセンカズラ、ペチニア、マリーゴールドなどのお花を霊園で摘み取ってお客様の大事なペットちゃんを回りに飾って遣ることが出来ます。

移動火葬だけでなく、霊園での火葬も当然色々なお花を摘み取ってそのお花で飾ってやっています。
きれいなお花に囲まれて永遠の成仏を願っての旅立ちです。

霊園の火葬炉の周りにも、今年からインバチェンスを山茶花の下草として植えました。
日陰に強いお花ですので、日光に当らなくてもお花がいっぱいに咲き始めています。

お花いっぱいのペット霊園の真骨頂です。
お花は心の中にしみ込んでくれて傷心した気持ちを癒してくれています。
本当にお花っていいですね。

八王子のペット霊園は、お花でいっぱいになりました。
八王子のペット霊園はいくつかありますが、いつもお花でいっぱいのペット霊園はここだけです。5月6月とお花の入れ替えをしていましたが、ここに来て全てが完了してお花で本当にいっぱいの季節になりました。

八王子の霊園の駐車場に着くと、駐車場の所のブロックにマツバギクが上から垂れて咲いています。又手摺にサフィニアのプランターが三箱あり真っ赤なサフィニアが咲いています。このサフィニアは、お花の山の一番上に咲いているサフィニアの切り戻しをしたときに挿し木をして増やしたものです。

共同墓地に目を遣れば、真っ赤なサルビアがまず目に入ります、そして共同墓地の所には黄色やオレンジのマリーゴールドの群れがあり、紫陽花も満開です、その脇にはキバナコソモスが咲き始めています。

共同墓地にある百日紅は、まだ咲いていませんがカイガラムシの兆候がありました。6月の末に殺虫剤を散布してからは大丈夫なようです。

個別墓地のお花達は、第二区画がマリーゴールドとマツバボタン、サルビアそして手前にペチニアが咲いています。
第三区画がマリーゴールドとサルビア。
第四区画がサルビア
第五区画がキバナコソモス
第六区画が菊とホーセンカ
と左半分は植え付けが終わっています第七が、サルビアと菊がまだ咲き始めていませんが後のお花はもうギンギンです。

中央の区画は第七区画がインバチェンス、ホーセンカ、菊です。
第八区画はペチニア、シャボン草
第九区画はマリーゴールド、菊
第十区画はマツバボタン
第十一区画はダリアです。
この中央部では、第七区画が今一ですが左半分程は咲き揃っていませんが、これも時間の問題でしょう。

第七区画のムクゲとノーセンカヅラはお花一杯の体制になっていますので、この状態が1いなの10月まで続くでしょう。

今の霊園のお花の状態を書きましたが、今年の目玉はお花のお山に咲いているサフィニアとペチニアです。

今はまだ序の口ですが、お山がお花で多い尽くされる事を想像してみると身震いがしてしまいます。

どんどん良くなるお花一杯の霊園を楽しんで下さい。

夏のお花に衣替えをしています。

お花いっぱいの八王子下柚木ペット霊園の春のお花も終わり、夏のお花に衣替えの季節になってまいりました。
ビオラやパンジー、ノースポール、金盞花等もお終いになり、6月にピンクのお花で一杯にする虫取り撫子もこの雨でお花が無くなってきました。

ここで夏のお花に衣替えです。ビニールハウスの中にずっと生長を続けてきたお花達が出番を待っています。この衣替えはペットの火葬がない時に行いますので、一変に遣る訳には行きません。

少しずつ、少しずつ行います。4月の初旬から行ってきましたが、そろそろ先が見えてきました。

共同墓地は一番早くマリーゴールドとサルビア、キバナコスモスで大体完成しています。またすぐ上の第2個別区画でも、マリーゴールドとサルビアが植えてあります。まだパンジーが威勢が良いのでそこだけはそのままにしていますが、これも少し経ったらマツバボタンを植え替えます。

今年は第2区画の一番西側にペチニアを植えてみました。ぺチニアは垂れ下がるので第2区画のブロックをお花で一杯にしてくれると思います。

又、第5区画はキバナコスモス、第6区画は菊、第7区画はインバチェンス、第8区画はペチニア、第9区画はマリーゴールド、第10区画はマツバボタン、第11区画はダリアで埋めていきます。

お花のお山ももうすでにサフィニアとペチニアを植えてあります。一番上に鉢に入れたサフィニアを置いてあります。もうこのサフィニアは茎が枝分かれをしてきて垂れ下がり始めました。

北側のモッコウバラのフェンスの所にペチニアを植えた鉢を吊るしました。まだ小さい茎ですがもうすでにお花を付けています。

又、共同墓地の東側で以前自然埋葬をしていた墓地の所や駐車場の東ブロックの上の山茶花の植え込みの下、火葬場の渡り廊下の所等の木陰やいつも暗い場所にインバチェンスを植えてあります。

この6月の長雨が心配ですが、それが過ぎた7月からお花、お花、お花一杯のペット霊園が出現してきます。

枝もののムクゲや、ノーセンカズラ、百日紅、セイジ等がそれに輪を掛けてくれることでしょう。お花の季節の到来です。

皆さん期待してください。

ペット火葬までの知識

ペット火葬価格

予約手続き   電話0120-12-95-12  24時間予約受付
霊園までの地図

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前、丁度二股の所の右側です。

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ