ペット火葬した時の病状についてのお客様の一言です。

八王子のペット火葬での一言

ペット火葬後にその子の病状について漏らしたお客様からの一言を掲載してあります。

ペット火葬>八王子のペット火葬>火葬後のペットの病状

八王子のペット火葬での一言

メインカテゴリー

必ず見て欲しいページ

八王子下柚木ペット霊園でペット火葬したお客様から頂いた一言です。

八王子の当園に来園するお客様からいろいろな一言を頂いています。
その一言の中にペット火葬に対する期待と不満、いろいろなご示唆も頂いています。
お客様に直に応対しているペット火葬の現場からその一言のをブログに書きつづった内容を一堂に載せてみました。

ペットの病状ついて【お客様からの一言】の記事です。

「大きな癌がありました。」お客様の指摘した所にやっぱりありました。

抱っこしていらっしゃいました、猫ちゃんを霊園のベットに寝かせてみますと毛並みがアメリカンショートヘアーに似ているのでアメショですかと言うと「スコティッシュフォールドです。」と答えが返ってきました。

毛が長くてとても綺麗な猫でした。
その「猫ちゃんの首から肩に掛けて大きな癌が出来てしまいました。」とお客様から「首筋を触ってみたら。」と言うようなご返事をいただいたので触らせてもらいました。

5センチぐらいの大きさの癌でしょうか、塊があります。
「これが、原因で死んでしまったと思うんですが。」とお客様も言っていました。

礼拝所でお葬式を上げて、火葬炉にスコティッシュフォールドちゃんを寝かせました。霊園の摘み取っておいてお花で綺麗に飾ってから点火です。

お客様は、用事があるのでそのままお帰りになりました。
火葬したお骨はお届けすることになっています。

スコティッシュフォールドちゃんの火葬時間は35分間掛かりました。猫ちゃんの火葬では通常の火葬時間です。火葬したお骨は、真っ白でとても綺麗でした。

首や肩の所に大きな5センチぐらいのグリグリがありましたので、そこが癌であることは間違えありません。でも火葬したお骨にいつも見るこげ茶色の黒っぽい塊はありません。

あるのは、お薬の色が出ている塊と、薄茶色の燃え残りがありました。
場所も同じ肩の辺りですので、「これが癌?」と思はざるを得ません。そういう目で見ると火葬する前に触らせてもらった所に薄茶色の塊がかなりあります。

よくよく見て納得がいきました。
以前も、白い塊の石化した腫瘍がありましたが、今回も色は違いますが、固まり方などが同じように感じます。

この癌で可愛らしいスコティッシュフォールドちゃんの命が亡くなってしまったのです。
お客様にお届けするべく、3寸の骨壷に入れましたが、綺麗に入りました。

今回も、癌の色と形を頭の中に入れておこうと思いました。

「やだ知らなかった。そうなんですか」と言われました。

ロシアンブルーの猫ちゃんの火葬をした時の話です。
お客様が申込書に13歳と書きました。 

あれ、ロシアンブルー猫は比較的平均寿命が低いので、チョッと長生きのランクを調べて見ます。と言って私共のブログの中でロシアンブルーの長寿記録を調べました。

そこで、平均寿命は8.9歳で13歳はベスト3に入りますね。
そこで出てきた言葉が「やだ知らなかった。そうなんですか。」と言う言葉です。

13歳では、チョッと死亡年齢としては少ないかな。もう少し生きられたのではないかと思っていたのでしょう。ロシアンブルーの平均寿命が少なかったので「13歳は凄い年齢なんですね。」と思ったら「やだ知らなかった。そうなんですか。」と言う言葉が自然に出てしまったことなんでしょう。

購入した時は、猫の種類によって平均寿命が違うなんて思ってもいなかったんでしょうね。私達も猫の平均寿命の分析をするまで分かりませんでした。

スコティッシュフィールドやロシアンブルーは、非常に寿命が短いのが、分析作業で分かってきました。
うちで火葬したこの種の猫ちゃんの寿命が特別早いのかこれが普通なのかは定かではありませんが、分析状況の結果ではやっぱり平均寿命が低いのがこの種の猫ちゃん達です。

ペットの火葬で「やっぱりありましたか。」とよく言われます。

ペットの火葬を終了して皆様の前に火葬したお骨をトレーに入れてお持ちすると、よく言われる言葉の中で「こんなに小さくなってしまって。」と言う言葉が一番多い言葉です。

続いて多いのが「やっぱりありましたか。」と言う言葉です。

今回もシーズ犬の火葬で死亡原因は「老衰」でしたが、火葬したお骨の肺辺りに腫瘍らしきものがありました。
お客様にその旨伝えると、実は胸の辺りにしこりがありました。「やっぱりありましたか。」
「多分それが腫瘍だったんでしょう。」といわれました。

お客様からの死亡原因で老衰と書かれた中で、1/3は腫瘍があります。

私達は医者ではないので正確には言えないのですが、毎日毎日火葬をしていてお医者様から癌と言われたペットちゃんの火葬後の癌の塊をしょっちゅう見ているので、殆んどそれが腫瘍だろうと分かるようになりました。

今回のシーズちゃんもその典型的な色と形をしています。多分間違いないと思います。

そんな説明をするとお客様の方で、「やっぱりありまいたか。」との返事が殆んど返ってきます。きっと飼い主様も気がついていて、「これは何だろうか。もしかすると。」と思っていたのかと思います。

でも、癌とは思いたくなかったのでしょう。
火葬して、これは腫瘍の塊ですと聞いて「やっぱり。」と思うんでしょうね。

シーズ犬の葬儀と火葬 のぺーじへ。

火葬すると悪いところが分かるんですね。

猫の火葬を行いました。
申し込みの時には「何で死んでしまったのか分かりません。」と言っていました。
火葬してみると他は真っ白なのにどうみてもここが悪かったんじゃないかと思う場所があります。

「火葬すると悪いところが分かるんですね。」とお客様が言っていました。

私たちスタッフは、医者ではありません。
医学の知識もありませんが毎日毎日いくつもの火葬をしていますと、お客様が書く死亡原因と同じ場所が変色していたり、焦げ茶色の塊があったりします。

火葬は確りと出来ていて、他の部分は真っ白なのにその箇所だけが誰がどうみてもここがおかしいと思う箇所があります。

今日のお客様もそんな感じでした。
肺の辺りに焦げ茶色の小さな塊がありました。又腎臓の辺りにも石化した薄い水色の塊がありました。

「これはなんでしょう?」とお客様が言っていましたが、よく腫瘍の場合に見かける塊です。薄い水色の塊はなんでしょうね。

でも断言出来ることはありません。
他のお客様が病院でお医者さんから癌だと診断されたのと同じ見たいですね。とは言えても本当にこれこれですとは言えませんが、悪い所だとは分かります。

お客様も実際にその事実を見ることに寄って、その事を認識して納得しています。

お客様からの「火葬すると悪いところが分かるんですね。」も大事なペットちゃんの最後をみとって納得したから出る一言なのでしょう。

ペット火葬までの知識

予約手続 申込・支払・キャンセル 24時間受付 0120-12-95-12 
霊園までの地図  南大沢駅(16分) 北野駅(7分) 八王子駅(21分)

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前30m、丁度二股の所の右側です。

ペット火葬価格

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ