八王子で火葬後のペットのお骨上げやその説明のエピソードが載っています。

八王子のペット火葬での一言

八王子下柚木ペット霊園でお骨上げ時のお客様からの一言や遣り取りが掲載してあります。

ペット火葬>八王子のペット火葬>ペット火葬後のお骨上げ

八王子のペット火葬での一言

メインカテゴリー

必ず見て欲しいページ

八王子下柚木ペット霊園での火葬したお客様から頂いた一言です。

八王子下柚木ペット霊園に来園するお客様からいろいろな一言を頂いています。
その一言の中にペット火葬に対する期待と不満、いろいろなご示唆も頂いています。

このページはお骨上げやその説明についてお客様から直接いただいた一言やエピソードを載せてみました。

ペット火葬後のお骨上げについて【お客様からの一言】の記事です。

こうしてもらえると、安心です。チワワのお骨上げ。

チワワの火葬したお客様からの一言です。
お骨上を終わるときに言われました。

小さなチワワちゃんでした。
「この子は、ブリーダーの所から貰って来ました。そこでは、人と会っていないので私が近づくと体を固くして怖がっていました。それが人懐っこくなったのですから。」と。

「老衰だと思うのですが。最近、急に痩せてしまいました。以前は4キロからありましたが今は2キロ位です。」と会話をしながら申し込みが終了しました。

礼拝所でお経を上げてお葬式、火葬炉に載せてお別れをして点火を見届けました。合掌をしながら「この子は亡くなるまで食事もしていました。」と言っていました。

火葬時間は35分で終了しましたが、すぐに目に飛び込んできたのが肺の所の腫瘍らしきものです。お客様の所へ大きなトレーに載せてお運び致しました。

肺に腫瘍がありましたか?「子宮に癌がありましたが。」良く見てみると骨盤の中にも、足の膝の所にもありました。

「子宮にあるのは分かっていたのですが、肺は変な咳をしていましたので、膝は腫れて動けなかったです。」と。

大きい腫瘍が3ヵ所もあるのは見た事がありません。今回が初めてです。「こんなに有るなんて思いもしませんでした。動物って喋らないので。」

仙骨や足の指、喉仏などをご説明してからお骨上げを致しました。
頭のお骨も確りと3.3寸の骨壷に入りました。悪い所も全部この子のものですがら入れてください。

「こんなにお骨が残ってくれて、火葬したままだから病気の事も分かりますね。」
「そのままの姿で目の前に来て、説明してもらえると良く分かっていいです。」「こうして貰えると安心ですね。有難うございました。」と言って骨壷に入ったお骨を受け取りました。

「私の弟も犬ちゃんを飼っています。老犬なので近じかお願いします。」と言って帰られました。非常に感じの良い奥様でした。

チワワの火葬 のぺーじへ。

お骨の説明は、もういいです。

「お骨の説明はもういいです。」とお客様に言われました。

兎ちゃんの火葬してお骨上げの時に言われました。
火葬したお骨は真っ白でとても綺麗でした。そのお骨の色々な部位の説明を致しましたが、その時に「お骨の説明はもういいです。」と。

お客様はきっと耐えられない気持ちだったのかもしれません。
そういえば、火葬炉に兎ちゃんを載せてお別れする時からずっと泣いていました。

お客様の中には、「お骨上げをしたいですが、お骨を見ることができません。」
「辛くて、辛くて。」と言って立会火葬の時に車の中で待っている人もいます。

そういう人もいる事を忘れてはならないと思う一言ではなかったでしょうか。
ペットの火葬に来るときは、一番気持ちがナイーブな状態でしょう。そういう人に対する配慮が無かったと反省しています。

人によっては、大事なペットちゃんだから「その子に関することはみんな知りたい。」と言う人もいますし、逆に大事なペットちゃんだけど「そのお骨などは見ることができない。」と言う人もいます。

私達スタッフはそういうお客様の気持ちをいち早く察して、お客様の良いように対処する必要があります。
そういうことを私達スタッフと今後の当園のお客様に接し方に対する有難い言葉をいただけたと思っています。

今後も、「人の気持ちを大切にしてお客様に愛される霊園運営」に努めてまいりますので、宜しくご指導賜りますようにお願い致します。

ああ、良かった。猫の足を切断しなくて。

昨日のお客様でしたが、真っ白な猫ちゃんの立会火葬の時の話です。

真っ白な猫ちゃんをダンボールの箱に入れて廻り中をお花で一杯に飾って連れて来園いたしました。「この子の足の辺りに癌があります。」

「その癌の為に足を切断した方が良いと1年前に獣医さんから言われました。」「でも可哀そうだから足の切断はしないでそのまま自然に任せていました。」

そんな事をお客様から聞いて火葬を開始いたしました。
火葬終了後に調べても足の辺りには腫瘍らしい塊はありませんが。

足の周りを再度にわたり良く見たのですが、癌の固まりはありません。
足を切るほどの癌ですから1年間で勝手に治っているとも思われませんが。

お医者さんの言っている方が正しいとは思いますが、
チョッとおかしいですね。

でも、足を切らないで老衰で亡くなったので、それは良かったのかもしれません。
火葬しているとお客様とのやり取りで色々と凄い事を聞く時もあります。
今回ももしかするとそうかもしれませんが。

この事にはあまり突っ込んでいかない方が良いのでしょうね、

凄い!喉仏がある。-ハムスターの火葬

ゴールデンハムスターの火葬をしました。
火葬が終わりお骨上げをしながらお骨の説明の時に思わず出してしまったスタッフの声です。
お客様はポカンとしていましたが、私自身は大変興奮していました。

いつもここら辺に喉仏があるのですがと見つけるのですが、見つかった事がありません。

その喉仏が確りとあったのです。
ハムスター見たいに小さなペットでは小さ過ぎるのと、火葬がここまで優しく綺麗に出来ることがないからです。

頭蓋骨に背骨がくっついていましたので、このお骨が上手く外れてくれると喉仏が出てくると思っていました。
お客様が無造作に背骨の上の方を持ったときです、首の第一脛骨と第二脛骨が外れてお客様の箸で掴んでる先に喉仏が出てきたのです。

そこで表題のように私自身が叫んでしまいました。
ポカンととしていたお客様にその事を説明すると「そうですか。」とつれない返事でしたが、私は初めての事なので興奮していました。

この喉仏の事をきちっと説明すると、お客様も「確かに小さいし私のハムちゃんの喉仏が分かってよかったです。」「知人や友人に説明してもどの位凄い事か分からないと思いますが。」

「今までなかった事が私の大事なハムスターで見ることが出来て大変嬉しいです。」と段々お客様のボルテージも上がってきました。

帰りにプレゼントしたペチニアの苗とハムスターの骨壷を袋の中に入れて歩いてお帰りになりました。
綺麗な火葬が出来た事と喉仏を確りと残せて火葬出来た事を誇りに思いました。

ペット火葬したお骨は全て持ち帰りたいです。

「ペットの火葬は他で遣りましたが、粉骨パウダーにして下さい。」と粉骨の依頼の電話が入りました。

当日は、朝から非常に込み合っていましたが、リピーターの方からの依頼でしたので快く受諾致しました。

気の早い方で、予約時間の1時間チョッと前に到着致しました。他のお客様が待っていましたがそのお客様にも待っていただく事になりました。

順番が来て受付の時にペットの体重や犬種と持参した骨壷の違いに気がつきましたが、お客様の持参した骨壷を粉骨パウダーにすれば良いのでそれ以上の質問はしませんでした。

粉骨方法のお尋ねをしたときに、骨壷の中に喉仏や犬歯を取っておきそれを別に持ち帰りたいとのご依頼がありました。

テープで貼り付けてある骨壷を開けて中を見てみるとお骨じたいは大型犬のお骨でしたが頭のお骨から各部署のお骨がチョッとずつしか入っていません。

2/3のお骨が何処かにいってしまっています。

お客様にこの骨壷に入るだけでいいですと言ったんですか?と聞くと「何でそんなことを言うのですか。」「私はそんな事を言っていません。」「大切なペットのお骨ですから全部持ち帰れたと思っていました。」

こんな返事が帰って来ました。
余計なことを言わない方が良いか現実をいった方が良いか迷いましたが、お客様の立場に立ったらいった方が良いと思って実は、と切り出しました。

お骨が1/3位しかありません。その事を具体的に説明するとお客様が憤慨してしまいました。

あるだけのお骨をパウダー状態にして持ち帰るとのことをおっしゃっていましたが、お客様のお顔は悔しそうでした。

かなり前の火葬だと言っていましたが、お客様の了解も取らずにお骨を捨ててしまう事って実際にあるんですね。ビックリしました。

粉骨したお骨も火葬の仕方が悪くて色も灰色でした。

この体験を通してお客様の求めている事をしっかりと把握してお客様のご希望を叶えることが大切だと心に戒めてこれからも今以上にお客様の為を貫いて行きたいと思っています。

お骨、もっと少ないかと思った。いっぱいのこるんですねぇ。

立会火葬したお客様から火葬したお骨を見て、「もっと少ないかと思いました。」「以外です。いっぱいお骨って残るんですねぇ。」と良く言われます。

又、「こんなに小さくなっちゃって。」とも言われる言葉です。

大切なペットが死んでしまって、如何しようかと迷った挙句に「そうだ。火葬しなければ。」と思って火葬の予約を当園へ電話をします。

火葬してみて初めて大切なペットちゃんのお骨に会う訳ですから心が動揺したり、こんなになってしまうんだ。という気持ちで素直に火葬したお骨の評価をみなさんするんだと思います。

その時に発せられる言葉が表題のような
「以外にいっぱいお骨って残るんですね。」「もっと少ないかと思いました。」
又「こんなにちいさくなっちゃって。」です。

又「良かった。お骨が真っ白ですね。」
「火葬した形のままで、〇〇ちゃんの姿形がはっきり分かります。」
「お顔が〇〇ちゃんだ。」   とも良く言われます。

私たちは個別立会い火葬の場合、火葬した形のまま霊園の特性のトレーに載せて皆様の前にお持ちする事にしています。

ですから、お客様からの色々な素直な気持ちをその場で表現した貰えると思っています。

これからも、綺麗な火葬を心がけて参ります。

ペット火葬までの知識

予約手続 申込・支払・キャンセル 24時間受付 0120-12-95-12 
霊園までの地図  南大沢駅(16分) 北野駅(7分) 八王子駅(21分)

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前30m、丁度二股の所の右側です。

ペット火葬価格

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ