ロシアンブルー猫の火葬はお花に囲まれた当園で心に残るお見送りを。

猫の火葬

ロシアンブルー猫の火葬をお探しの方へ、ロシアンブルー猫の火葬は当園でお花に囲まれたお見送りを。

ぺット火葬 >火葬したペット達>猫の火葬>ロシアンブルー猫の火葬

猫の火葬の知識

火葬したペット達の専門ページ

メインカテゴリー

必ず見て欲しいページ

ロシアンブルー猫の火葬をする方へ

ロシアンブルー猫の火葬をお探しの方は、猫の火葬で好評な当園をご利用ください。ご来園は、ペットの猫と一緒に来ても大丈夫です。

  1. ロシアンブルー猫ちゃんを連れてくる場合は、箱に入れなくて抱っこして連れて来ても大丈夫です。その場合当園で用意してあるベットや籠に入れて礼拝所に安置させていただきます。
  2. 籠や段ボール等の箱に寝かせて連れてくる方は、ロシアンブルー猫ちゃんの右側のほっぺが下になるように寝かせて下さい。当園での火葬炉の関係でこの寝方が一番きれいに火葬できます。
  3. 皆様の服装については、平服で大丈夫です。
  4. 当日、一緒に火葬したいものをお持ちください。食べ物や綿製品なら火葬できます。
  5. 駐車場は、3台分がありますがなるべく乗り合わせてのご来場をお願いします。

ロシアンブルー猫の埋葬をする方へ

火葬して埋葬する方
  1. ロシアンブルー猫ちゃんを共同墓地へ当日埋葬の場合は、埋葬料が特別価格で5,000円になっています。後日埋葬の場合は8,000円です。
  2. 自分達で埋葬する立会埋葬の方は、お骨上げの終了後に骨壷を持ってご希望の墓地へご自分たちで思いを込めて埋葬をしてください。
    又一任埋葬の場合は、スタッフが責任を持って埋葬をしておきます。
  3. 当園の墓地へのお参りはいつでも予約なしでご自分の都合の良いときにおまいりしてください。
  4. 墓地へお供えするご供物は、缶詰だけは大丈夫ですが他のご供物はお断りしています。カラスに食い荒らされてしまいますので。
埋葬だけする方
  1. 当園以外で火葬したロシアンブルー猫は、共同墓地への埋葬は、13,000円になります。当園で火葬したお客様は8,000円になります。
  2. 埋葬するロシアンブルー猫ちゃんの骨壷とお供えするものをお持ちください。
  3. 墓地へお供えするご供物は、缶詰だけは大丈夫ですが他のご供物はお断りしています。カラスに食い荒らされてしまいますので。
  4. お花は、お花入れの一番手前に入れてください。
  5. 思い出の品を置いた場合、当園の都合で古くなったものは片付けさせてもらっています。

お参りはいつでも出来ます。
お線香は共同墓地向かって右側の置き場にグレーのお線香入れがありますので、ご自由にお使いください。
お線香に火をつける時は、一旦3寸の壷のロウソクがありますので、それにチャッカマンで火をつけてからお線香に火をつけてください。風の吹いている時でも大丈夫です。

ロシアンブルー猫の火葬

ロシアンブルー猫の火葬をお探しの方は、猫の火葬で好評な当園をご利用ください。ご来園は、ペットの猫と一緒に来ても大丈夫です。

ロシアンブルー猫の特徴

ロシアンブルーの子猫 生後40日ぐらいです。

短毛種であり、毛の色はブルー(猫の場合、グレーの被毛を指す)によるソリッド・カラー。また尻尾にゴースト・タビーが見られることもある。アイカラーはグリーン、目の形はラウンド型、体形はフォーリン・タイプである。近年、ブラック、ホワイトなどのブルー以外の色、ネベロング(長毛のロシアンブルー)と呼ばれる猫種が登場してきているが、ロシアンブルーという猫種としては認可されていない。

ロシアンブルーは、主人に忠実な性格を持つことによる。ロシアンブルーは飼い主と認めた相手には献身的な愛情を持つが、人見知りが激しくシャイで神経質な面があるため、見知らぬ人間には警戒心を示し、慣れるのに時間がかかる場合がある。
ボイスレスキャットと呼ばれるほど鳴き声を上げることが少なく、性質も大人しいが、ほっそりした短毛種であるため、運動量は多く、遊び好きである。体臭や口臭もほとんどなく、毛並み等のケアにもさほど手がかからない為、飼いやすい猫である。

ブログに載せたロシアンブルー猫の火葬の記事

アンブルー猫の病名は糖尿病でした。

今日の午後からの気象は、雨が急激に降ってきたりやんだりの繰り返しでした。

その中で、埼玉県飯能市からのロシアンブルー猫の立会火葬のお客様が雨のせいでしょうか、18時30分の予約を大幅に遅れて来園いたしました。

今日は、この火葬が最終ですので他のお客様には迷惑が掛からなかったのですが、この後も火葬があった場合は、こちらも真っ青です。

でも、今日の雨は凄い雨です。
その中を初めての所を女性二人でスマホのナビを手にして来たのですからずいぶん不安いっぱいだったと思います。

木の台の上にロシアンブルーの猫ちゃんは寝かせてありました。
この猫ちゃんは、品がありますよね。

可愛い顔立ちで、短毛のロシアンブルーちゃんのお葬式をお経を読んで行いました。飼い主の皆様は神妙な顔でロシアンブルーちゃんを拝んでいます。

火葬炉に寝かせて、ペット霊園のお花で飾ってお別れです。
火葬炉に点火するときは、煙突を確り見ながら手を会わせてロシアンブルーちゃんの成仏を祈っていました。

火葬時間は35分で終了しました。
火葬したお骨の直腸辺りでしょうか、焦げ茶色の塊があり腫瘍があるのではと推察されました。

この猫ちゃんの脚が長くて骨壷にいぱいでした。

このロシアンブルーちゃんの病気は、糖尿病とお客様が申告していましたので、お骨上げの時に頭のお骨が「グズ。」と壊れてしまうのを心配していましたが、そう言うこともなく骨壷に入れる事が出来良かったです。

でも、頭のお骨は天辺より前の部分が見るからに弱そうでした。
お客様も「ビクビク」しながら頭の強そうな場所を見つけてそこを持って入れました。

いれた後のホッとしたお顔が印象的でした。

埼玉県飯能市から圏央道を通っていらっしゃったと言っていましたが、下の国道16号線を通って来た方が早いですよ
飯能市からのペット火葬

平均寿命の短いロシアンブルー猫の長寿記録更新19歳 凄いです。

本日火葬したロシアンブルー猫のマオちゃんが平均寿命の短いロシアンブルーの長寿記録を大幅に更新いたしました。

当園の長寿記録や寿命のデーターでロシアンブルー猫は平均寿命でも長生きしない猫ちゃんの部類です。

一番長生きの子でも、22年12月10日に火葬した狛江市元和泉のコテツちゃんが15歳でトップでした。平均寿命でも、8.9歳と非常に低い年齢になっています。

ところが、今回多摩市永山からお越しのマオちゃんが4歳も記録を伸ばして今までの長寿記録15歳から19歳に長寿記録の更新をしたのですから凄いです。

予約時間は、こちらの都合で17時30分にして貰っていましたが、移動火葬が早く終わりましたので電話して16時に来てもらいました。

3キロのメスのロシアンブルーの色のとても可愛い猫ちゃんでした。
火葬炉に持参した写真や食べ物を入れ、摘み取っておいた霊園のお花でいっぱいに飾って点火を見届けました。

火葬したお骨は、やっぱり長寿記録を更新した猫ちゃんで肋骨の所にチョッと黒いものがありましたが、殆ど綺麗でした。特に長い足や足の指が真っ白だったのがとても印象的でいた。

今回は、粉骨パウダーのご希望もありましたが喉仏と足の指2本をビニールに入れて持帰り、後は真っ白でとても綺麗な粉骨パウダーになりました。

今回、ロシアンブルー猫の長寿記録を更新したマオちゃんのご冥福をお祈りいたします。

ロシアンブルー猫ちゃんの死亡原因は、家の中での衝突でした。

本日の夕方の火葬でロシアンブルー猫の火葬を致しました。

今回は、直接お客様に接する担当ではなくて、火葬担当でしたのでお客様の家の前でいつでも猫ちゃんを火葬炉に載せる事が出来る様に火葬炉の準備をしてお客様を待っていました。

お客様のお宅に付いて15分ぐらいして猫ちゃんを抱いたお客様と当社のスタッフが車の所にやってきました。

火葬炉に寝かせた猫ちゃんは、大変大きな猫ちゃんでした。
なんという種類ですか。と聞くとロシアンブルー猫です。

「10歳でしたがチョッと早かったと思います。」
当社で火葬したロシアンブルーのへ平均寿命は、8.9歳と猫ちゃんの中でもスコティッシュフィールド猫の平均寿命8.0歳と方を並べる平均寿命が少ない猫ちゃんですよ。と言うと「そうなんですか。平均寿命を超えているんですね。」

「じゃあ、結構頑張ったんですね。」と言ってホッとしていました。

このロシアンブルーちゃんは、大きい猫ですね。
ロシアンブルーってこんなに大きかったんですかね。と今までの火葬したロシアンブルー猫を思い浮かべてみましたが、この猫ちゃんは特別かも知れません。

チョッと当社で分析したロシアンブルーの分析データを見てみても6.7キロのロシアンブルー猫は特別でした。平均の体重は2.9キロでしたから。

こんな話をしながら火葬炉に載せてお別れをしているときに、お客様から衝撃的な話が出てまいりました。「実は、この猫は家の中で遊んでいて激突して即死だったんです。」と言われました。

3月12日に書いたのですが、ヨークシャテリアがコタツに頭をぶっつけて即死をした事を思い出しました。

犬や猫でも頭をぶっつけて即死することもあるんですね。そういえば以前2メートル位の所から落ちて死んだ猫もいました。

動物でも人間と同じように落っこちてしまったり、自分自身で何かにぶっつかってしまったりして死ぬ動物がいるんですね。今まで動物は反射神経が良くて自分から激突したり変な所から落っこちたりしないものだと思っていたのですが、そうじゃないと初めて思いを新たに致しました。

このロシアンブルーの猫ちゃんはやっぱり太りすぎでした。
火葬していて体から脂が噴出して来るのが見えましたし、マットの上に溜まった脂が凄い勢いテ燃焼しているのも見えました。

そして、火葬したお骨はと言うと3.3寸の骨壷にゆったりと入ってしまいました。
一任火葬でしたので、スタッフがお骨上げを致しましたが、あんなに大きかった猫のお骨とは思えないほど普通の猫のお骨と同じ量だね。

もっとお骨が大きくていっぱいあるかと思いました。と言っていました。

激突しているので、頭のお骨や首のお骨が割れてしまっているかと思いましたが、別段どこもお骨が折れたり、崩れていたりしている所は見当たりませんでした。

即死したことは残念でしたが、せめてもの救いで綺麗なお骨をお客様にお渡しすることが出来たことが幸いだったと思います。

どうぞ、安らかに眠ってください。

「やだ知らなかった。そうなんですか」と言われました。

ロシアンブルーの猫ちゃんの火葬をした時の話です。
お客様が申込書に13歳と書きました。 

あれ、ロシアンブルー猫は比較的平均寿命が低いので、チョッと長生きのランクを調べて見ます。と言って私共のブログの中でロシアンブルーの長寿記録を調べました。

そこで、平均寿命は8.9歳で13歳はベスト3に入りますね。
そこで出てきた言葉が「やだ知らなかった。そうなんですか。」と言う言葉です。

13歳では、チョッと死亡年齢としては少ないかな。もう少し生きられたのではないかと思っていたのでしょう。ロシアンブルーの平均寿命が少なかったので「13歳は凄い年齢なんですね。」と思ったら「やだ知らなかった。そうなんですか。」と言う言葉が自然に出てしまったことなんでしょう。

購入した時は、猫の種類によって平均寿命が違うなんて思ってもいなかったんでしょうね。私達も猫の平均寿命の分析をするまで分かりませんでした。

スコティッシュフィールドやロシアンブルーは、非常に寿命が短いのが、分析作業で分かってきました。
うちで火葬したこの種の猫ちゃんの寿命が特別早いのかこれが普通なのかは定かではありませんが、分析状況の結果ではやっぱり平均寿命が低いのがこの種の猫ちゃん達です。

ロシアンブルー猫の最高年齢ベスト3

    
当霊園で火葬したロシアンブルー猫ちゃん達
年齢 体重 火葬日 名前 地域
1番 15歳 3.5キロ 22/12/10 コテツ 狛江市和泉
2番 14歳 3.0キロ 23/8/24 メイ 八王子市上柚木
3番 10歳 2.5キロ 22/4/30 ルー 青梅市東青梅

ペット火葬までの知識

ペット火葬価格

予約手続き   電話0120-12-95-12  24時間予約受付
霊園までの地図

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前、丁度二股の所の右側です。

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ