事故死によるペット死亡。火葬現場からの報告

ペット火葬キャッチコピー ペット火葬

事故死によって死亡したペットちゃんの火葬現場からの状況です。

ペット火葬>ペット火葬でのお役立ち>事故死

死亡原因別ページ

お役立ちの専門ページ

必ず見て欲しいページ

事故死が死亡原因のペットちゃんのページです。

事故によって死亡したペットちゃんの火葬現場からの状況です。今まで元気なペットちゃんが何らかの要因で事故にあってしまい行き成り亡くなってしまいました。事故で亡くなったペットちゃんが載っています。

ロシアンブルー猫ちゃんの死亡原因は、家の中での衝突でした。

本日の夕方の火葬でロシアンブルー猫の火葬を致しました。

今回は、直接お客様に接する担当ではなくて、火葬担当でしたのでお客様の家の前でいつでも猫ちゃんを火葬炉に載せる事が出来る様に火葬炉の準備をしてお客様を待っていました。

お客様のお宅に付いて15分ぐらいして猫ちゃんを抱いたお客様と当社のスタッフが車の所にやってきました。

火葬炉に寝かせた猫ちゃんは、大変大きな猫ちゃんでした。
なんという種類ですか。と聞くとロシアンブルー猫です。

「10歳でしたがチョッと早かったと思います。」
当社で火葬したロシアンブルーのへ平均寿命は、8.9歳と猫ちゃんの中でもスコティッシュフィールド猫の平均寿命8.0歳と方を並べる平均寿命が少ない猫ちゃんですよ。と言うと「そうなんですか。平均寿命を超えているんですね。」

「じゃあ、結構頑張ったんですね。」と言ってホッとしていました。

このロシアンブルーちゃんは、大きい猫ですね。
ロシアンブルーってこんなに大きかったんですかね。と今までの火葬したロシアンブルー猫を思い浮かべてみましたが、この猫ちゃんは特別かも知れません。

チョッと当社で分析したロシアンブルーの分析データを見てみても6.7キロのロシアンブルー猫は特別でした。平均の体重は2.9キロでしたから。

こんな話をしながら火葬炉に載せてお別れをしているときに、お客様から衝撃的な話が出てまいりました。「実は、この猫は家の中で遊んでいて激突して即死だったんです。」と言われました。

3月12日に書いたのですが、ヨークシャテリアがコタツに頭をぶっつけて即死をした事を思い出しました。

犬や猫でも頭をぶっつけて即死することもあるんですね。そういえば以前2メートル位の所から落ちて死んだ猫もいました。

動物でも人間と同じように落っこちてしまったり、自分自身で何かにぶっつかってしまったりして死ぬ動物がいるんですね。今まで動物は反射神経が良くて自分から激突したり変な所から落っこちたりしないものだと思っていたのですが、そうじゃないと初めて思いを新たに致しました。

このロシアンブルーの猫ちゃんはやっぱり太りすぎでした。
火葬していて体から脂が噴出して来るのが見えましたし、マットの上に溜まった脂が凄い勢いテ燃焼しているのも見えました。

そして、火葬したお骨はと言うと3.3寸の骨壷にゆったりと入ってしまいました。
一任火葬でしたので、スタッフがお骨上げを致しましたが、あんなに大きかった猫のお骨とは思えないほど普通の猫のお骨と同じ量だね。

もっとお骨が大きくていっぱいあるかと思いました。と言っていました。

激突しているので、頭のお骨や首のお骨が割れてしまっているかと思いましたが、別段どこもお骨が折れたり、崩れていたりしている所は見当たりませんでした。

即死したことは残念でしたが、せめてもの救いで綺麗なお骨をお客様にお渡しすることが出来たことが幸いだったと思います。

どうぞ、安らかに眠ってください。

ヨークシャテリアの死亡原因は頭をぶつけて即死でした。

ヨークシャテリアの立合火葬でお客様が言っていました。

東久留米から来園した、お客様が申込の時に「うちの子は、元気でした。はしゃいで飛び回っていたのですが、炬燵の中に上から下がっている鉄の部分に頭をぶつけてしまい、アッという間に死んでしまいました。」

家族全員で来たようです。
皆さん「アッという間に。」という言葉を言っていましたので即死だったんでしょう。

火葬する前のお別れでは、銘々が体をさすったり、抱っこしたり、ほおずりしたりして中々火葬炉に載せられませんでした。

余程ショックだったんでしょう。普通にじゃれあったりしていて、行きなり即死ですから。ビックリしたでしょうね。

火葬炉に載せるときにその様子がアリアリと分かります。

火葬時間は35分で終了しました。火葬したお骨は真っ白で綺麗でした。でも肝臓の辺りに青いお薬の色が出ていました。お薬を飲んでいましたか?「飲んでいません。」「お医者さんに見てもらったときに注射をしたじゃない。」「そうそう、注射でも出るの。」

おでこをぶっつけたと言っていましたが、頭全体が脆そうにいっぱいヒビがいっていました。慎重にお骨上げをしていたのですが、チョッと箸が触れた途端に頭のお骨が6つに割れてたのです。

下にあった喉仏が出てきました。
その喉仏の頭の部分が、ヒビがいって下を向いています。これは推測ですがもしかしたら、頭を炬燵に凄い勢いでぶっつけた時にむち打ち見たいに首に衝撃を与えてしまったので喉仏の頭の部分にヒビがいってしまったんでしょうね。

即死の原因はこれかも知れませんね。
喉仏にヒビがいって曲がっているのを見るのは初めてです。恐いですね。

昨日は、1.5メートルの木から落ちて死んでしまったという猫ちゃんを火葬しましたし、今日は頭をぶっつけた犬ちゃんです。

動物は、こう言う死に方はしないと思っていましたが、色々ありますね。
こういうビックリするような事故で死んでしまった、動物の火葬は皆様心の準備が出来ていないので深刻な表情で見えられます。

火葬後は、「死んでしまった。」という現実が直視できるのでしょうか。
帰りは吹っ切れた表情になって帰ります。
私達は、こういうお客様に対して何もする事が出来ません、唯々丁寧にご供養して心のこもった火葬や葬儀を提供するのみです。

お帰りになる時に、皆様が塞いでいた心が吹っ切れて通常の状態に戻れるならばそれが最高なのでしょう。亡くなったペットちゃんのご冥福をお祈りいたします。

 ヨークシャテリアの火葬 のぺーじへ。
東久留米市からのペット火葬

ペット火葬までの知識

ペット火葬価格

予約手続き   電話0120-12-95-12  24時間予約受付
霊園までの地図

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前、丁度二股の所の右側です。

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ