歯周病によるペット死亡。火葬現場からの報告

ペット火葬キャッチコピー ペット火葬

歯周病によって死亡したペットの状況を火葬現場からみた報告です。

ペット火葬>ペット火葬でのお役立ち>歯周病

死亡原因別ページ

お役立ちの専門ページ

必ず見て欲しいページ

歯周病が死亡原因のペットちゃんのページです。

歯周病によって死亡したペットちゃんの火葬現場は大変な事が起きています。
火葬現場では一番なってほしくない病気です。歯周病で亡くなったペットちゃんは酷い時には頭のお骨が溶けてしまっています。
お客様は「頭がない。」とビックリする方が多くいらっしゃります。

このページはその歯周病で亡くなったペットちゃんを火葬したお客様のぺーじです。

今日の火葬した犬ちゃん3匹が歯周病でした。恐いですね。

今日の火葬した犬ちゃん3匹が歯周病でした。
歯周病って本当に恐いですね。

一番酷かったのは、2匹目のヨークシャテリアでした。
一番始めに火葬した、コーギーちゃんは火葬した頭の部分のお骨がお鼻より前の部分が無くなっていました。

又、最後に火葬したミニチュアダックスちゃんもお顔の先がなくなっていました。

最初のコーギーちゃんですが、お客様は死亡原因は、老衰と申告してくれました。
火葬中病気の説明中お骨の色や燃え残った燃えカスにより病気が分かるかも知れません。一番恐いのが歯周病です。と話していくと「この子は歯周病でした。」と言われました。
火葬したお骨は、お客様の言うとおりでした。

でも、そんなに重症で無かったので、頭のお骨のお鼻から前の部分が無くなっている程度でいた。

又、最後のミニチュアダックスもお客様の申告は「腎不全、心臓、肝臓、歯周病」といっぱい死亡原因を書いてくれました。

火葬したお骨は、真っ白でとてもきれいでしたが、肺に腫瘍がありました。またお顔の先はお客様の申告通り歯周病でしょう。お顔の先が無くなっていました。

一番酷かった、2匹目のヨークシャテリアちゃんは、死亡原因を腎不全と申告なさいました。「生まれた時から腎臓が小さくて、医者も手術をしない方が良い。」と言われていたそうです。

火葬した時に分かったのですが、肺に腫瘍があり、肝臓と腎臓が固まってしまっていて、肝臓は肝硬変の特徴の豆炭を燃やした後の残りの様な形で残り固い塊になっていました。

特に頭のお骨は、凄くもろくなっていてグズグズで、頭の形をしていませんでした。
これで、頭の形をしていない歯周病のペットは4匹目です。一番酷かったのは、平成24年10月23日に火葬したシーズ犬ちゃんでした。

それまで、歯周病がこんなに恐ろしい病気だとは分かりませんでした。その時、ご主人が「この子は歯周病を患っていて顎のお骨が溶けてなくなっているのです。」と言われました。「もう半年も口を開けたままです。」

ここでやっと頭のお骨がなくなっている訳が分かりました。これまでは、顔の先が崩れてしまっていたペットちゃんはかなりありましたが、こんなに酷く頭のお骨が全くなかったのはいませんでした。この時の火葬でお客様に説明されて初めて歯周病だと知りました。

一番酷かった、2匹目のヨークシャテリアちゃんのお客様も近くの方でした。奥様の犬ですが、「これで諦めがつきました。」と言ってサバサバしていた。

今回みたいに1日に3匹も歯周病の犬が続いたのは初めてです。
最近、富に歯周病のペットちゃんが多いような気がしています。お客様に歯周病のペットの話をすると「家のペットも歯周病かも?」と良く言われます。

大体は、火葬するとそんなことがなくて綺麗に頭も残っているのですが。
火葬して頭のお骨が無くなってしまうと、お客様の落ち込みが激しくて辛い火葬になります。

普段からの、歯磨きやペットガム、そして歯垢の除去を心掛けて歯周病対策に取り組んでほしいと思っています。

「近くに出来てくれて助かります。」と皆さん言ってくれます。

ヨークシャテリアのお客様が車から降りてきて直ぐに言いました。「以前は、高尾の方の霊園だったけど遠くてお参りに行けませんでした。」「近くに出来て本当に良かったです。」と。

「この近くに出来て本当に良かったです。」は参拝にくる殆どの人が言ってくれます。特に宗教法人が経営していない無宗教の霊園は、望んでいる人達が相当数いるようです。

当園は、あまり埋葬については積極的にPRはしていないのですが、他にない自然埋葬やお花がいっぱいの共同墓地が人気があります。

今回のお客様は、立会火葬でお骨はお持ち帰りのお客様でしたが、近くにペット霊園が出来た事を非常に喜んでいらっしゃいました。

このヨークシャテリアちゃんは、重病な犬ちゃんでした。
火葬したお骨の頭がグズグズで殆ど頭の形をして残っていませんでしたし、肺の辺りにも腫瘍がありました。

頭は、歯周病でしょう。また痩せていましたので肺には悪性の癌でしたでしょう。
でも、飼い主の皆様にとっては大切な家族の一員の犬ちゃんです。

丁寧にお骨上げをして、お骨上げした骨壺の他に持参したカプセルに尻尾や足の指を入れて持帰りました。

お骨の説明やご葬儀のセレモニーが気に入ってくれたのか、お帰りの際は丁寧に頭を下げて「こういう施設がないと困るんですよね。ご近所が大変でしょうが頑張ってください。」「丁寧にしていただき、有難うございました。」と言ってお帰りになりました。

こういう皆様のご期待に答えることが出来るように、地域に必要とされるペット霊園を目指して、こつこつと火葬や埋葬に心を込めて、手を抜かずにやって参りたいと思っています。

 ヨークシャテリアの火葬 のぺーじへ。

ミニチュアダックスちゃんは歯周病と糖尿病でした。

今朝一番の火葬は、羽村市でミニチュアダックスの火葬でした。

朝一番でお宅に伺うと以前火葬したお宅の前の家でした。
表札が塀のところに無かったので、電話して確認してお宅を訪問させていただきました。

火葬炉に載せて、本社から持参したお花を飾ってお別れしてから、お宅の所で火葬で無いので火葬できる所に移動してお客様の到着を待つことに致しました。

丁度そこは南側に運動場があり、北側が森で比較的交通の量が少ない、火葬には適している場所です。お客様が到着するまでの間に準備を完了です。

3.6キロのミニチュアダックすですが、死亡原因が歯周病や糖尿とお客様が書いたので慎重に慎重に火葬しないとお骨をお客様が希望するように残すことが困難な病名です。

お客様が到着して、すぐに火葬炉に点かせて頂きました。
このミニチュアダックスちゃんの火葬は、かなり急激に温度が上がるミニチュアダックスチャンでした。

お別れする時にミニチュアダックスちゃんの体を触って、感触を確認いたしましたが、急激に温度が上がる過燃焼になりやすい体が柔らかいミニチュアダックスチャンでした。

お客様には、次のようにお話させて頂きました

かなり歯周病が進んでしる時は
火葬中から分かりますが、顎のお骨を始め酷い時には頭のお骨の形を保てずにべたっと平面状に潰れて頭のお骨が亡くなった様になってしまいます。
今まで3例ほどありました。

糖尿病の進んでいる時は
火葬終了しても頭のお骨は残っているのですが、お骨自体が脆くてお骨上げの時にそのお骨を持った時にグズッといってしまい頭のお骨が崩れてしまいます。

今回のミニチュアダックスちゃんは、歯周病と糖尿病が重なっていますので、最悪の状態は頭のお骨が火葬終了したときにそのまま潰れてしまっていて、他のお骨も脆い可能性があります。
と説明をさせて貰いました。
火葬中のお客様は、木陰に座って見ていました。
火葬時間は30分

火葬中にミニチュアダックスちゃんのお顔の前の部分が崩れていくのが見えました。お客様が傍にいたので、それを見て貰いました。

火葬したお骨は真っ白でしたが、火葬中分かっていた通り頭のお鼻の部分が無くなっていました。チョット頭の部分もバラケていて弱そうな感じがしました。

お骨上げは、火葬している場所にお客様が来ているのでその場所で行いました。「中を見ていて分かっていたけどやっぱりお鼻の部分から先は無いわね。」「でも、綺麗に他は残っているよ。」

頭のお骨も横を向いていたのを前に向けてあげて良く見て貰いました。
3.3寸の骨壷に入れる時に頭の少しバラケている部分を割ってしまいましたが、歯周病を糖尿病の病気を持っているミニチュアダックスちゃんとしては綺麗に骨壺に入れることが出来たと思います。

「頭がないのでは。」「お骨が凄く弱いのでは。」と心配させてしまいましたが、何とか原型を留めてお骨上げが出来て喜んでいました。

歯周病があっても、糖尿病があっても今日みたいに原型を留めてお骨上げが出来ればいいのですが。

歯周病や糖尿病は恐ろしい病気ですね。

ミニチュアダックス犬の葬儀と火葬 のぺーじへ。

多くの病気を持っていたチワワちゃんの火葬でした。

火葬してお骨を火葬炉から出した時の状態です。

あれ、頭のお骨がグズグズになっていました。お客様に歯周病がありませんでしたか。と質問させていただきましたら「はい。歯周病がありました。歯周病ってこんなに恐ろしい病気なのなのですか?」とビックリしていました。

申し込みの時に死亡原因に「肝臓、腎臓、心臓が悪い。」と言っていた1.4キロのチワワちゃんの火葬です。
火葬時間は35分でした。

火葬中もチワワは頭のお骨が凄く薄くて弱いので注意して頭に直接火があたらない様に注意して火葬していました。

火葬炉の中を覗いてチワワちゃんの火葬状況を確認していたのですが、火葬後半からいつもの状況と少しずつ変わっていました。

通常は頭の形がはっきりと残っているのですが、このチワワちゃんは段々頭の形がなくなってきています。他のお骨は確りと残っているのですが、頭のお骨がチョッと変です。

火葬中でまだ火葬が終了していないので、なるべく火が当たらないようにしながら火葬をするめていきました。

火葬時間は35分で終了してお客様にトレーに載せた状態でお見せいたしました。
頭のお骨はグズグズで大きく腫れた肝臓が中央部にありました。この肝臓は肝硬変の典型的な火葬後の燃え残りです。

通常の肝臓は綺麗に燃え尽きていきますが、肝硬変になった肝臓は豆炭が燃え尽きたような状態の形で残ります。

また、心臓か肺に腫瘍が見つかりました。
茶黒い塊でこの塊も腫瘍の典型的な燃え残りです。

火葬自体は完璧に終わっているのですが、この様な病気があると確りとその病気の痕がその部分だけ綺麗に残ります。

お客様もビックリしていました。
「こんなにうちのチワワは悪かったんですね。悪いとは思っていましたが歯周病や肺か心臓辺りの腫瘍、肝硬変と病気のオンパレードですね。」と。

「肝硬変の塊は医者に見せに行ってきます。」と言って持ち帰りました。

病気の多いチワワちゃんでしたが,お客様のこのチワワちゃんに賭けた愛情は色々と話や仕草の中でこちらに伝わってきます。

看病して看病して亡くなってチワワちゃんの一生が終焉してしまったわけですが、このチワワちゃんとの思い出を心の中にいつまでも残っている事だろうと感じました。

このチワワちゃんのご冥福とご家族の立直りを祈念して帰途につきました。

チワワの火葬 のぺーじへ。

日高のミニチュアダックスのお客様は口コミでした。

日高市の朝一番のお客様は、口コミのお客様でした。

夕方、ミニチュアダックスが死んでしまったので火葬をしたいとお電話を受けました。丁度火葬中でこの火葬が終ってから行くと19時30分を回ってしまいますし、夜間割り増しが3000円つくので、翌日の朝一番で伺う事になりました。

日高市の中心部で高麗川駅のすぐ近くのお宅でした。9時8分に到着するとご主人が外で待っててくれて駐車場に案内してくれました。

自宅の前でも大丈夫でしたが、チョッと広い隣の駐車場で火葬させて貰うことに致しました。チョッと太り気味のミニチュアダックスでしたが、お客様が心配している煙や臭いが全くでる心配は要りませんよ。と言っておきました。

居間に上がらせてもらい、段ボールの箱に入っているミニチュアダックスちゃんにお葬式を上げさせて貰いました。お客様の許可を得てお経のサービスもさせて貰いました。

事務処理の最中にお客様から「娘が職場の知り合いから凄く良い所よ。」と紹介を受けて電話したそうです。

その紹介してくれた方も知り合いからの紹介だったそうです。
口コミって凄いですね。

次から次へと口コミの紹介の輪が広がって行きます。これもお客様のご意向に沿った火葬をさせていただき、お客様が満足してくれた結果だと思います。

丁寧な火葬とお客様の立場に立ったお骨の説明やホローがお客様の気に入ってくれたのだと思います。

今回は、移動火葬の一任火葬ですので火葬したお骨はスタッフが拾って骨壺に入ったお骨をお届けするのですが丁寧に説明してあげたいと思っています。

火葬炉に載せてお花で飾って最後のお別れをして点火を見届けて貰いました。暫く火葬車の廻りでに見ていましたが、煙も臭いも全くでないので安心して家の中に入っていきました。

ミニチュアダックスちゃんは、チョッと太り過ぎにでしたので火葬自体は40分ぐらいで終了していますが、火葬炉に落ちて溜まった脂分の火葬が燃え尽きるのに時間が掛かって55分の火葬でした。

火葬したお骨は真っ白でしたが、少し腫瘍の痕もありました。
「歯が歯槽膿漏でした。」と言っていましたが、頭の前が崩れていたので、歯周病だったんだと思います。

お客様も火葬が終ると火葬炉の傍に来て見ていました。
車の脇でお骨の説明をしてやると頷いて感心していました。「これ、喉仏。うん〜。」「これが足の指。可愛いね。」と。

その場でお骨上げをしてお骨をお渡しさせていただきました。
ニッコリと笑顔で「有難うございました。」その時の笑顔が素敵な奥様でした。

ミニチュアダックス犬の葬儀と火葬 のぺーじへ。
日高市からのペット火葬

今日火葬したラブラドールも歯周病でした。-散骨埋葬まで

ラブラドールの21キロの立合火葬をいたしました。最近、お客様方は時間に正確で今回も丁度10分前にキチッと来園していただきました。

ラブラドールちゃんを後ろ座席に段ボールにいれて連れてきました。今回の子はメスですから小振りでしたが、とても家族の皆様から愛されて、可愛がられていたようです。

霊園の仏壇の前に安置してから、飼い主の皆様が代わる代わる頭をナゼナゼした後、銘々が話掛けていました。最後のお別れを惜しむような感じでした。

礼拝所でお経をスタッフが上げてお葬式を行い、塔婆供養もその時行いました。最後に「成仏してください。」というお経を上げてお葬式は終了致しました。

その後、大型の火葬車の火葬炉に載せて自分達で持参したお花や食べ物を入れてペット霊園で咲いているお花で飾って遣ってお別れをして火葬車の出棺を見送りました。

火葬車が火葬をして戻ってくるまで90分ぐらい掛かります。その間霊園でお待ち頂くのも良いですし、何処かに出掛けて戻ってくる時間に帰って来てくれれば。とご案内をさせて頂きました。

「折角だから、出掛けるのを止めてずっと待っています。」
礼拝所に戻ってもらい、火葬時間の説明や病気の状態の確認、お骨上げの説明、共同墓地への埋葬の説明をさせて頂きました。


火葬時間は55分間でした。
出発して1時間30分で火葬車は戻ってきました。

生憎の雨でしたが、火葬車から大型犬用のトレーに火葬した形の儘移して、礼拝所に
へ。

ラブラドールちゃんのお顔の前の部分がありません。この子はもしかすると歯周病でしたか?と聞くと「はい、そうです。」ヤッパリそうですか。

歯周病のラブラドールちゃんは、頭のお骨も溶けて無くなってしまう場合もあるんですよ!

「そうなの。もっと軽く考えていました。」「恐いですね。」この子はまだ軽い方でしたから、前の部分が溶けて無くなってしまいましたが、ひどい時は、頭全体が溶けて頭の形は分かるのですが、ペタッと下にくっついてしまって普通のような頭の形が無くなってしまいます。

ラブラドールちゃんの後のお骨は、真っ白でとても綺麗に火葬が出来ていました。

お骨上げも終り、これから共同墓地への立合埋葬です。
お骨上げした骨壷と塔婆、お水の入った手桶を銘々が持ち共同墓地へ行きました。

ここで共同墓地でのご利用方法を説明させて頂きました。

お花を持ってきた場合は、お花桶の一番手前に入れてください。
お線香を点けるときは、共同墓地の上においてあるろうそくに点けてから、お線香を点けてください。
食べ物は、缶詰以外は置かないで下さい。
と説明をさせて頂きました。

香炉の前に骨壷をおいて、香炉に塔婆を立て掛けてお線香を上げてからカロートへの散骨です。一人ずつゆっくりと思いを込めてカロートの中に散骨をいたしました。

ラブラドール・レトリバーの火葬 のぺーじへ。

ミニチュアダックスの火葬が3件も続きました。

昨日の忙しさから、通常は次の日は時間が取れるのですが、今日も大忙しです。
ミニチュアダックスの火葬が3件も続きました。

朝一で狭山市のリピータのお客様へ引取りに行ってから、12時に霊園での火葬です。
狭山から八王子の霊園までは約1時間。9時30分に狭山を出発しましたので、10時30分には霊園到着の予定です。

チョッと時間があったので、霊園でお客様に出しているお茶や本日のお弁当を購入して霊園に11時に到着しました。今日は日曜日なので大型の火葬車は霊園の駐車場に入れて置けないので、別の場所に移動してお客様を迎える準備を致しました。

丁度11時30分に12時予約のお客様の第一陣が到着。このお客様は3台の車で別れて来園いたしましたので大型の火葬車を別な場所に移動しておいて正解でした。

このお客様の連れて来た犬が7キロのミニチュアダックスでお腹が大きく張っているミニチュアダックスちゃんでした。やっぱり7キロからあるとチョッと緊張します。今回もこの脂のいっぱい付いているミニチュアダックスの火葬をするにはs火葬で行うことに致しました。

礼拝所で通常はお経を上げてお葬式を行いますが、創価学会の方でしたので「自分で今朝この子の為にお経を上げて来たのですぐに火葬してください。」と言っていました。

火葬炉に載せて火葬を開始して15分位で行き成り、「ボン。」と言う音が火葬炉の中からしました。
それまでお腹がせり出していたミニチュアダックスちゃんでしたが、お腹を確認するとあれだけ大きかったお腹がありません。

せり出したお腹は。今までの半分ぐらいになってしまっています。
今までのあの形はガスが溜まっていたのでしょう。「ボン。」と言う音も大きかったですが、半分位になってしまったお腹にビックリです。

これで、緊張が解けました。
あのお腹で脂肪が燃焼すると、M火葬まで準備をしなければなりません。
当然その準備はしていたのですが、お腹が半分になってしまったのでその必要が無くなりました。

後は通常の火葬に戻りましたが、何と言っても脂が多いミニチュアダックスちゃんでした。その為脂が燃えきるまでの時間が掛かりましたので50分間の火葬になりました。

続いて5.5キロのミニチュアダックスちゃんです。
この子は、歯周病を持っているとお客様が言っていましたので、心配でした。

火葬的にはチョッと肥満だったので、やっぱりS火葬に致しました。
歯周病のペットちゃんは頭のお骨が溶けてしまって頭のお骨が全くなくなってしまう事が過去2回ありました。お客様が「半年ぐらい前から顎のお骨が溶けてしまっていたので、頭の溶けてしまったのでしょう。」と言われました。

その後、歯医者に行った時に歯医者の先生から「歯周病の場合は酷い時にはそうなってしまいます。」と言われやっと納得いたしました。

このような事があるので、歯周病のミニチュアダックスちゃんの火葬も慎重に慎重にです。
先ほどのミニチュアダックスちゃんより今回の方が体重が1.5キロ軽かったので、脂分も少なく40分で脂分が燃え尽き火葬が終了いたしました。

でも、やっぱり歯周病のミニチュアダックスちゃんです。
上顎がお鼻から前の方が、下顎のお骨は殆ど溶けてなくなっていました。

今回のミニチュアダックスちゃんの歯周病は酷いものではなかったので顎のお骨以外の頭のお骨は残りましたのでホッと致しました。

そして最後が4.8キロのミニュチュアダックスでした。
この子の火葬時間が45分でした。

続くときは続くものですね。
ミニチュアダクスは、当園で3本の指に入るほど火葬の多い犬ですが、この様に3件も続くのは初めてのことでした。

ミニチュアダックス犬の葬儀と火葬 のぺーじへ。

お骨まで蝕む歯周病って恐ろしいですね。

ペットの火葬で頭のお骨がグズグズの火葬がありました。
火葬の終盤になるまでは通常の火葬でした。終盤になり火葬しているスタッフからあれ頭のお骨が崩れている。と言う声を聞きました。

火葬炉の蓋をあけると、本当に頭がありません。
背骨の位置は確りと分かるのですが、その上に続く頭の所が燃えカスみたいになっていてお骨の痕がありません。

お客様の前にそのままの姿で出して、お見せいたしました。
背骨と骨盤、足の骨が分かるのですが、背骨の上に続く頭の辺りがお肉の燃えカスみたいな感じでした。

頭の所を良く見てみると犬歯が一本燃えかすの先端に埋もれてありました。犬歯があると云うことはここが顎の先ですね。

シーズ犬などの小型犬は頭の天辺のお骨が凄く薄くて割れてしまう場合も多々ありますが、顎のお骨は強いのでここがこの様にあとかたもなく無くなってしまう事はないのですがね。

と言うとご主人が「この子は歯周病を患っていて顎のお骨が溶けてなくなっているのです。」と言われました。「もう半年も口を開けたままです。」
ここでやっと頭のお骨がなくなっている訳が分かりました。

歯周病です。
恐ろしき歯周病によって顎のお骨だけでなく、それより上のお顔や頭のお骨までやられてしまったのでしょう。

お客様も納得した様子でお骨上げを始めましたが何か悲しそうでした。

「こう言う事ってありました。」と聞かれましたが、今まで火葬してこの様に頭がスッカリ燃えてなくなってしまうのは初めてです。

もう5000回も火葬していますが、初めての出来事です。もう
びっくりです。

こんな事ってあるのですね。

ペット火葬までの知識

ペット火葬価格

予約手続き   電話0120-12-95-12  24時間予約受付
霊園までの地図

■navi「下柚木1876-2」を入力。霊園を少し通り越します。
ペット霊園は手前、丁度二股の所の右側です。

このページのトップ

選ばれる訳

ナビ

ペット火葬のお得情報

ナビ

皆様のページ